年老いて、なお

0

    <北九州市・ベラミ>

     

    さすが大工さんです。

    仕事が早くて美しい〜
    よみがえった一階の部屋(予算の関係で三部屋だけですが)をお見せしましょう!
    見て見て!!
    ここは床が抜けて土が見え、壁も一部崩れかけた、ベラミで最悪の状態の部屋でした。
    (以前の写真 ↓)
    誰もが怖がり、暗い雰囲気に包まれた廃墟のような部屋でした。
    でも
    ワタシは約4年にわたる片付け作業の中で、この部屋で暮らしていた女性に不思議な親しみを感じていきました。
    会ったことも無い、その人のために、絶対にここを再生させる決心をしてました。
    ここにまた、人の声と笑いを響かせてあげたい。
    しっかりした綺麗な床です。
    嬉しい。
    その隣の部屋も床がぶかぶかでした。
    一旦剥がして、交換すべきところは交換し、張り替えています。
    そして、床の一部が抜けてボコボコになっていた部屋。
    ここもその部分の畳と床板を撤去して、貼りなおしてもらいました。
    お金はかけてませんので、本当に痛みのひどいところの補修のみです。
    でも
    一階に漂う木の匂い。
    しっかり歩けて安心できる床。
    「うわぁ、綺麗になってる!」と驚く入居者さんたちの声。
    「お金をかけないなりに、こことかあそことか、やっといたからね」と、力を貸してくれた大工のOさん。
    ここまで来れたのは、ワタシだけじゃない、みんなの力や気持ちが支えてくれたおかげです。
    一人だったら絶対に挫けてました。
    まだまだ終わったわけじゃないのはよくわかってますが、
    これからも大変ですが、
    ワタシは嬉しくてたまらないのです。
    もともとは沢山の人がワイワイと暮らしていたこの古い家が
    一度は忘れられ、取り残され、傷みとともに崩れていこうとしたのに
    力を振り絞って頑張ろうとしてる。
    その気配をすごく感じるのです。
    年老いてもなお美しい、なんてしたたかで芯の強い家なんでしょう。
    ベラミは言うのです。
    「ほら、また若い人を連れて来て頂戴。頼んだわよ」
    はい、ワタシも頑張ります・・・

    高塔山あじさい祭り

    0

      <北九州市・ベラミ>

       

      6/16.17は、高塔山公園全体を使って、あじさい祭りが開催されます。

      普段は静かな公園が、たくさんの人で賑わいます。

       

      この二日間にベラミ山荘に来られるお客様への重要なお知らせです。

       

      6/16.17は高塔山公園全体に

       

      通行規制がかかり、マイカーでは入れません。

       

      その代わりに、若松競艇場から無料シャトルバスが出ています。

       

      ぜひ無料シャトルバスをご利用ください。

       

      高塔山公園は地図では駅からも近く感じますが、かなり坂道もきついです。

      シャトルバスを利用して、あじさい祭りをゆっくりとお楽しみください。

      公園ではいろいろな出店やイベントが行われていますよ〜!

       

       

      ベラミ山荘は音楽堂の下にある私有地ですが、駐車場のある門の手前までは高塔山公園の敷地なので、

      ベラミ山荘だけに用がある場合でも、車の通行は規制がかかります。

       

      音楽堂裏もあじさい祭り関係者以外は駐車できませんので、ご注意下さい。

       

      詳しくはこちら → 


      少し先の未来へ

      0

        <北九州市・ベラミ>

         

        ずっと片づけてます。

        もうベラミファンの皆さまには、耳にたこでしょうが、本当に4年ほど片づけ続けています。

        やりたいからやってます、好きでやってます♡

         

        一階の床の抜けた部屋も土が見えました。

        (ここに至るまでにかなりの地層を経ております・・・フッ)

        湿気のある場所、腐ってるところ、シロアリの有無、使える土台・柱。

        自分の目で確認して、これから使いたいところ、直すべき箇所、優先順位を決めました。

         

        とうとう一階の補修に取り掛かります。

         

        ポストカードや冊子、ベラミ市やこぶのいち、ガレージセールで買い物をしてくれた皆さま。

        ベラミ山荘をイベント等で使ってくれた皆さま。

        ワタシは皆さんが使ってくれたお金を貯金しておりました。

         

        お気持ちと一緒にコツコツ貯まり、2017年末までに30万を超えておりました。

        本当にありがとうございます。

        今回の補修に充てさせていただきます!

         

        といっても、母屋全体を綺麗にリノベーションしたら何千万とかかります。

        リノベーションではなく、ただの補修だけでも母屋全体をやろうとしたら何百万とかかります。

        ちまちま貯めてても、全く手が届かない。

         

        事業計画を立てて金融機関に借金を申し込む方法ももちろんあります。

        他の物件で融資してもらった経験があったので、それも真剣に考えました。

        しかし借りたお金は必ず返さなくてはならないし、返せなければワタシはベラミを失います。

         

        確実に返済できると思えなければ、借りない。

        それが数年前にワタシがリノベーションスクールの事業化提案を断った理由です。

         

        借りられると思うと、お金は羽のように軽く感じます。

        リノベーションできたらガラリと印象が変わって、夢のようでしょう。

        すべてがうまく動いていく気がします。

        でも本当は未来の予想も利益を生むのも、現実はそう簡単ではありません。

         

        だから、借金はやめて、貯まったお金の分だけ、少しずつ補修していくことにしました。

        大家がやるのは土台・床・壁などの主要部分だけ。

        各部屋の内部は入居者さんが好きにいじればいい。

         

        今回の補修もできるところまでです。

        安い材料で最低限、元の状態に復元していくだけ。

        多分、大抵の人からしたら「これだけ?」と思うでしょう。

         

        ワタシはそれでいいのです。

        小さい一歩でも前進します。

         

        ワタシは、大工のOさんに電話をかけました。

        「随分と時間がかかりましたが、お金が貯まりましたので、工事お願いします!」

         

        Oさんはテキパキと床を貼ってくれました。

        そうです、何十年前には人が暮らし、そこで寛いだり寝たりおしゃべりしたりした場所が、元に戻るのです。

         

        かつての湿気で床の抜けた部屋の無残な状態。

        廃墟のようで、汚れて痛んだ家具もなにもかも。

        そこにかつて暮らしていた人たちの記憶。

         

        ワタシと、片付けを手伝ってくれたみんなは、かつての生活の残骸の哀しさを見ながらも、それを愛おしむ深い共感がありました。

        時間は戻らず、記憶も薄れていくけれど、片づける中で感じ取ったことは忘れません。

        忘れ去られていくこと、捨てられていくこと。

        一方で形はなくても、心という一人一人の奥底に忘れられない風景が残っていくということ。

         

        この4年の片づけで、ワタシは目に見えぬたくさんの体験を得ました。

        だから今度は、ベラミに恩返しをする番です。

        この古家に明かりとぬくもりと少しだけ先に続く夢を。

         

        昨年キャバレーベラミや古家商の活動を取材してくれた都築さんの文章に、ワタシの好きなフレーズがあります。

         

          (古家さんのやっていることは)つまり特別なノウハウもコネも、特別な資金力すら使っていない。

          その気になれば、だれでもやれることなのだ。でも、だれもやらない。

         

        特別じゃなくても、できることをやればいい、お金が無かったら時間をかけよう。

        ああしろ、こうしろ、そんなんじゃダメとしたり顔で言ってくる人がいたら、構ってる暇はないからすぐ逃げよう。

        ワタシは忙しい。

         

        妄想という名の大きな夢を見て、先の困難が見えると心が折れそうになりながらも、ワタシは進みます。

         

        そして、妄想に向かってチャレンジするもう一人。

        庭の管理人さんもまた、芝生を植えるために働いてくれています。

         

        コツコツと、できることを楽しみながら。

         

        ベラミ山荘はそんな場所でもあります。


        みやこ町へリハビリに。

        0

          ある日、友人のRUKKA(ルッカ)さんから

          「みやこ町にお店OPENしたから、おいでよ」とメッセージが来ました。

           

          ベラミ山荘を買った頃に知り合った、写真家の気さくな彼女と、なにやってるかよくわからないけど物知りの彼氏のカップル。

          ベラミ山荘の片付けや写真撮影会など、いろいろな機会に何度も駆けつけてくれました。

          いつしか二人は結婚し、二人とも別の仕事をしながら、合間にベラミ山荘のがらくた市に毎月RUKKA(ルッカ)の屋号で出店してくれるようになりました。

           

          今時のオシャレ雑貨とは違う、少し前の古道具や雑貨の万事屋(よろずや)さん。

          いろんなものの中から自分だけの宝物を探す楽しみがあります。

           

          「でも、みやこ町遠いし・・・」と最近出不精なワタクシ。

          「面白い物件だよ、もとカメラ屋で下は倉庫になってて、古家さん好きそう」

          「・・・行く」

           

          何より物件好き、不動産好き、中を見せてもらうの大好き。

          ムフフ

          ベラミ山荘以降、新しい物件を探したり買ったりしてないので(当たり前、そんなお金も暇も無い)

          不動産に関する勘のようなものがかなり鈍っているかもしれない・・・

           

          そう!

          これはリハビリの旅〜! ルンルン!!

          みやこ町だって、カーナビがあれば大丈夫〜 ルンルン!!

                   ↑

                 右と左すぐ間違えるくせに・・・

           

          という訳で

          峠も渋滞も乗り越え、やってきました。

          本当にカメラ屋さん。

          てか、カメラ屋さんにしか見えないじゃん。

          しかも看板は準備中!(当分は不定期営業だそうです)

           

          中はちゃんと商品がありますので、掘り出し物を探してみて下さい。

           

          やや奥にはファミコンコーナーがあります。

          かつての少年、今は熟年の心をそそりそうな気がしましたが、ワタシはかつての少女、今は熟女(?)なんで、よくわかりません。

           

          ワタシの心をそそるのは

           

          地下の空間♡

           

          ワクワク♡

           

           

          きっと秘密基地みたいになりそう、いいなぁ〜〜

          ご近所から謎の店として注目されることは間違いない。

          これからどうなっていくか、影から見守ろうと思います、デヘヘ

           

          RUKKA(ルッカ)について問い合わせはこちら → 

          福岡県みやこ町豊津82

          営業日は不定期、駐車場は斜め前にあり。

           

           


          大家さん、影に隠れて通常モード。

          0

            ワタシは考えていました。

             

            もう取材を受けるのはやめよう、と。

            ベラミ山荘の代表みたいな感じで、表に出て話すのはやめます。

            (6月ごろのスターフライヤー機内紙に掲載されるのが最後の取材となります)

             

            ベラミ山荘を買ってもうすぐ4年。

            ここを知ってもらおうと、いろんな人の力を借りて頑張りました。

            ある程度知られるようになってきましたし、これからは入居者さんたち主体で動いていくと思います。

             

            ワタシが語らなくても、入居者さんたちがいます。

            取材が無くなっても、ベラミ山荘は変わりません。

             

            わかりにくく、入りにくい場所。

            ディープで時間が止まってるみたいな場所。

            でもいろんなタイプの入居者さんたちが出会い、語り合い、不思議な化学反応を起こし始めています。

             

             

            どうなっていくのか、予想できないのが面白い。

            それが今からのベラミ山荘です。

             

            ワタシは一階の補修に取り掛かり、もっと活用できる場所を増やしていきます。

            暗く寂しかった場所を少しずつ変えます。

            そして新しい入居者さんを募集します。

             

            やることはたくさんあって、ため息も出ますが、楽しくもあります。

            これからどんな人に会えるのか、どんなことが起こるのか、ワクワクする方向に向かいましょう。

            ひとつひとつ起きることに向き合い、入居者さんたちを巻き込んで笑いとばしましょう。

             

            思えば4年前から

            気持ちは変わらないんです。

             

            大好きなベラミ。

             

            追伸:古家商ブログは、ほとんどベラミ山荘のブログになってましたが、少しずつ大家さんの個人ブログに戻していこうかなと思っています。アクセス数などなんのその、変人・偏屈・意味不明と思われてるくらいが、かえって気が楽かもしれないと思う、今日この頃です。ムフフ

             

             

             

             


            5月のベラミ情報

            0

              <北九州市・ベラミ>

              気が付くとゴールデンウィーク。

              ベラミの桜は散り、もみじの葉があっという間に広がり、藤の花が高いところで揺れています。
              虫も元気に飛び回りはじめたけど、まだ蚊は出ない、いい季節。
              入居者のみんなも忙しく、イベント出店も多いみたいです。
              ベラミ山荘自体が開いてない場合もありますので、遊びに来る予定の方は、お目当てのお店に問い合わせ下さい。
              *************************************************
              ●ローリン

              rollin’の facebook instagramでご確認下さい。

               

              ●lodge 不定期のため、Instagram でご確認下さい。 


              ●カロカロ 不定期のため、問い合わせはこちら → 

               

              ●シェアリエ 

              4/30日(月曜日)は開館しています。
              お昼12時半〜16時半頃まで。
              入館料、利用料は無料です。

               

              問い合わせはこちら → 

               

              ●ベラミの靴職人 

              不定期(お店ではなく、アトリエ&作業場です)

               

              ●5/20 毎月恒例の がらくた市

               

              出店をご希望の方は、トップページの注意事項をお読み頂き、主催のyan gang brocante さんまでご連絡ください。

              https://m.facebook.com/yangangbrocante/

              ご参加、ご来場お待ちしています!

               

              ********************************************

              イベント情報

               

              5/6(日)ベラミ山荘の中庭にて、ケセラセラさんのヨガが行われます。

               

              《春の昼下がりヨガ@ベラミ山荘》
              〇日にち 5月6日(日)
              〇時間  14時〜15時
              〇料金  2000円
              〇定員  10名

               

              ヨガ後はチャイ又は、お菓子をお出しします。
              それを楽しみながら、お庭で思い思いの時間をお過ごしください。


              お友達とのご参加、お一人でのご参加(私的には、こちらの方が楽しめると思います)

              大歓迎です。
              お気軽にお問合せ下さい。


              直接のメッセージ、またはメール(pukkapakka57@yahoo.co.jp)にて申込受付ます。

               

              ********************************************

               

              <ベラミ山荘までの道順>

               

                  詳しくはこちらをどうぞ → 

               

              くれぐれも、忠霊塔参道のところで右に曲がって下さい!

              (ここを見落として、たどり着けない人多数・・・)

               

              もし忠霊塔入り口で右折しそこねた場合は(一方通行なので一周しないと戻れません)、

              高塔山公園の駐車場に車を停めて、野外音楽堂の方へ歩いて下りて来てもいいかもしれません。

               

              面倒をおかけしますが、どうか宜しくお願い致します!

               

               


              3月のベラミ情報

              0

                <北九州市・ベラミ>

                 

                グーグルマップで「ベラミ山荘」と入力すると、なぜか畑の曲がり路の途中で案内が終わって、絶対にたどり着けない・・・という、謎の場所になっているようです、ベラミ山荘。

                なんでそうなるんだろう・・・と嘆いても仕方ありません。

                 

                なんとかたどり着いてもらえるよう、道順を何度もUPしようと思います。

                 

                <ベラミ山荘までの道順>

                 

                    詳しくはこちらをどうぞ → 

                 

                くれぐれも、忠霊塔参道のところで右に曲がって下さい!

                (ここを見落として、たどり着けない人多数・・・)

                 

                もし忠霊塔入り口で右折しそこねた場合は(一方通行なので一周しないと戻れません)、

                高塔山公園の駐車場に車を停めて、野外音楽堂の方へ歩いて下りて来てもいいかもしれません。

                 

                面倒をおかけしますが、どうか宜しくお願い致します!

                 

                さて、三月のベラミ情報です。

                 

                ●ローリン 【3月営業日】

                3(土)、4(日)
                11(日)
                17(土)、18(日)ガラクタ市
                25(日)
                31(土)
                11:00〜17:00

                 

                注意:予定は変わることがあります。rollin’の facebook でご確認下さい。

                 

                ●lodge 不定期のため、Instagram で確認下さい。 


                ●カロカロ 不定期のため、問い合わせはこちら → 

                 

                ●シェアリエ 

                10日(土曜日)、18日(日曜日)、31日(土曜日)。
                お昼12時半〜16時半頃まで。
                入館料、利用料は無料です。

                 

                18日(日曜日)は、コレクションビデオのミニ上映があるそうです。

                メインは、シェアリエ推薦の一押し男泣きバカ笑い作品、内容は当日までヒ・ミ・ツ。
                ハンカチ、ティッシュ各自持参のこと。

                また、今後、毎月一回、シェアリエ推薦、他薦でテーマを決めて、むせび泣き人生に幸あれ上映会&感想懇談会を開催予定。

                入場はもちろん無料。

                問い合わせはこちら → 

                 

                ●ベラミの靴職人 

                不定期(お店ではなく、アトリエ&作業場です)

                 

                ●3/18 毎月恒例の がらくた市

                 

                出店をご希望の方は、トップページの注意事項をお読み頂き、主催のyan gang brocante さんまでご連絡ください。

                https://m.facebook.com/yangangbrocante/

                ご参加、ご来場お待ちしています!

                 

                *****************************************

                 

                そして、東京都新宿区のRed Photo Galleryでの展示もいよいよ近づいてまいりました!

                 

                写真専門のギャラリ−なので、厳選した写真をパネルにして展示してくれるんですよ〜

                 

                おんなのアルバム キャバレーベラミの踊り子たち

                 

                日時:平成30年 3月12日(月)〜 25日(日)

                      12時〜19時

                場所:RED Photo Gallery

                   東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル2F

                 

                そして期間中に、都築響一さんのトークショウ

                「魅惑のベラミワールドへようこそ」

                  3月17日(土)19時〜(1000円)

                 

                も行われます。

                 

                問い合わせは RED Photo Gallery へお願いします。

                 

                 

                福岡は遠すぎると思ってた関東方面の皆さま、ぜひ遊びに来てください。

                きっとすごくお姉さま方がきれいに展示されてると思いますので、じっくりたっぷり舐めるようにご覧ください!

                 

                これだけじゃ足りない、全部見たいと思ったら、展示場にて電子書籍も販売されますよ。

                芸人や踊り子たちのポストカード(福岡でも一部の店舗とベラミ山荘でしか売ってません)も販売いたします。

                お土産にぜひどうぞ〜

                 

                ここだけの話ですが、

                ポストカードを全種類買ってくれたら、その方は相当の昭和のエロ好きに違いないと思いまして、

                「特別特典」をおまけに付けることにしました。

                非常に珍しく、好きな方にはたまらなく面白く、初めて聞いた方にも楽しめるニッチなCDではないかと。

                 

                限定10セットですので、気になった方はぜひ販売スタッフに

                「あの・・・コンプリートセットのおまけって何ですか?」と聞いてみてください。

                (ワタシは展示場にはおりませんので、展示会のスタッフさんが説明してくれると思います ←人任せかよ!)

                 

                そして・・・またベラミワールドに引きずり込まれる方が増えますように・・・・ムフフフ

                 

                 


                居場所のカテゴリー

                0

                  以前、春先に「ここのふきはおいしいのよ」と勝手にベラミの庭に入ってきたおばさまがいました。

                  多分以前から、ここのふきを楽しみにしているのでしょう。

                  今年も来るかしら・・・多分来るでしょう。

                   

                  そういう人は、もらって当たり前、前もしてたから大丈夫、使わなかったら勿体ないと思ってらっしゃる。

                   

                  「それなら、あなたの家の使ってない道具や手入れしてない花を、ワタシが使うからと、勝手に持って行ってもいいんですね」と言ってみたいものです。

                  小心者だから言いませんが、せめて「ふきが好きなので、もし使わないなら少しだけ持って帰ってはだめですか?」

                  とか一言くれたら、角も立ちませんがねぇ・・・

                   

                  そんな春の心配をする季節になりました。

                  確定申告準備で忙しいのに、ブログ書いてます(←現実逃避)。

                   

                   

                  ベラミ山荘ってなんなんですかね。

                  最近よくわかりません。

                   

                  いろいろな人が興味を持ってくれる。

                  それなのに、いつも開いてない、高塔山まで来たけど迷ってたどり着けない、石段の先が怖くて入れない、等々・・・

                  それが実態です。

                  ワタシがお客さんだったら、看板もない、連絡先もわからない、そんなの不親切過ぎると間違いなく腹をたてます。

                   

                  でも待って、ここはそもそも観光地でもないし、公園でもない。ただの風変わりな私有地。

                  普通だったら他人の敷地に約束もないのに入れるとはと思いません。

                  ただ、中のお店が開いてる時だけ、通り道や中庭、ラウンジを解放してるというだけ。

                   

                  そんな適当な解放のやり方なんで、まず入ってくるお客さんが珍しい。

                  ついついお客さんが来ると嬉しくて、ワタシも入居者のみんなも案内しちゃう(←いや、それはそれでいいじゃん)。

                  みんなここが大好きだから、知って欲しくなっちゃうんです。

                  たどり着いてたまたま入れたお客さんは実は非常にラッキー。

                   

                  ベラミ山荘はいつも開いてるとは限らないし、

                  お店も全部開いてる日の方が珍しい。

                  いつも誰かいるとは限りません。

                  公共の場所である高塔山公園内に看板を置いて、市民からクレームが来るのが怖い小心者の大家のおかげで、イベントの時にしか案内看板を置きません。

                  取材したいという話もたまに来ますが、有り難いけど困ってます(対応ができないので)。

                   

                  ベラミ山荘という名前はまるでひとつの名所みたいなイメージなのに、そうじゃない。

                  そもそもなんの施設と言えるのかしら。

                  商業施設ともいえないような・・・レジャー施設・・・私邸???

                   

                  せっかく来てくれるお客様を逃がすなんて勿体ない、とも思うけど

                  そういう心配はお店をしている人が考えることで、

                  大家は別に入園料とる訳でもないので、案内してもしなくてもなんの利益もない。(←オイコラ、身も蓋もないぞ)

                   

                  じゃあ、なんのためにやっているの。

                   

                  ここが好きで、ベラミに集まってくる皆もベラミが好きで

                  ここで時間を忘れてのんびりしてほしい。

                   

                  初めからそれだけ。

                  ただそれだけ。

                   

                  ワタシは好きでベラミ山荘の大家やってるし、入居者のみんなもベラミ山荘が好きで自分がやりたいことをやりたくて入ってきてる。

                  シェアハウスではあるけど、それぞれが独自に動いている。

                  土日になったら、お客さんも遊びに来てくれる(かもしれない)。

                   

                  そんなの成り立たない、とビジネスマンに酷評されそう。

                  内輪受けと思われてるだろうな。

                  うん、その通り。

                   

                  ワタシは入居者のみんながベラミ山荘にいるのが楽しいと思ってくれてたら、それでいい。

                  それがお客さんに伝わったら、それが嬉しい。

                  来た人がただ怖かったとか、珍しいだけとか、よくあるレトロと思われたなら、もう来ないだろうし、それでいいと思います。

                  悔し紛れではなく、正直な気持ちです。

                   

                  最近、「古家さんの人柄だからベラミ山荘を借りた」という意味の言葉を複数の入居者さんに言われました。

                  こんなに偏屈なのに。

                  こんなに自分勝手なのに。

                  独りよがりの大家にそんなこと言ってくれるなんて(涙)・・・


                  ワタシの命も有限だし、この建物の命もまた有限。
                  このままのベラミ山荘が好きで維持を頑張っても、いつか「もう壊すしかないね」という日は必ず来ると、ワタシは思っています。

                   

                  ワタシを動かしてるのは、わずかのお金と古家への愛、好奇心とわくわくする妄想であって、
                  企業のような利益追求でもないし、公共機関のような継続する公平性でもない。

                   

                  ベラミ山荘の底にあるのは

                  古家しょう子と名乗ってから、誰の言うことも聞かず、大きな組織に頼らず、お金もないのに夢を見て、コツコツコツコツやってきた、ワタシ自身のひねくれまくった姿勢。

                   

                  価値がないと言われたって、それを逆手に取って値下げ交渉するくらいの

                  お金がないからなんでも自分で調べてアイデアを出してみるくらいの

                  苦手なことは出来る人を見つけ出して頼みこむくらいの

                  こんなに小心者のはずのワタシの中の逞しい全力。

                   

                  さて、これからどうなるのでしょうね・・・

                   

                  また新たな季節がベラミに訪れようとしています。

                  毎年少しずつ、たくさんの人の協力と理解で、変わりながらも変わらぬベラミ山荘。

                  5度目の春です。


                  キャバレーベラミの踊り子たち、新宿へ旅する。

                  0

                    <北九州市・ベラミ>

                    ベラミ山荘から発掘された、1000枚を超す踊り子や芸人、歌手たちの宣材写真。

                    今までベラミ山荘や、小倉や福岡で展示を行ってきました。

                     

                    初めてギャラリーで展示をさせてもらった、キャバレーベラミの記憶展。

                    前田有楽映画劇場ポスターと同時開催でした。(小倉GALLERY SOAPにて,2016.4/27-5/6)

                    無謀にもワタシとTさんによる、幻のぼそぼそトークも行いましたねぇ(この時参加の皆さま、あれは記憶から抹消していただくようお願いします)。

                     

                     

                    ふとしたご縁で、「都築響一と巡るバスツアー」の行き先に選ばれ、行き当たりばったり的に貼った展示も。(ベラミ山荘にて,2016.10月)

                    このおかげで、都築響一さんとお近づきになることができました。

                     

                    福岡市でもやろうと、元日劇ダンサーの木村夫妻にも協力してもらった「キャバレーベラミの記憶」展示(福岡市GALLERY LUMOにて,2017.5/9-5/21)。

                    ルーモの皆さんの協力と華やかな衣装が加わったおかげで展示会場がパアッと明るくなり、木村夫妻と都築響一さんのキャバレートークが盛り上がりました。

                     

                     

                    そして、西日本新聞北九州支社の協力を得て、再び小倉にて展示が行われました。

                    新聞社ということで、地元の関係のある方やキャバレー文化に興味がある方に足を運んでいただき、逆に貴重な話を聞くこともできました。(小倉 d3ギャラリーにて,2017.9/29-10/1)

                     

                     

                    そして、この展示を見に来てくれた方のご縁で、なんと写真の踊り子さんたちが

                    東京都新宿区のRed Photo Galleryで展示してもらえることになりました!

                     

                    写真専門のギャラリ−なので、厳選した写真を

                    パネルにして展示してくれるんですって〜ムホムホ!!(←鼻息荒すぎ)

                     

                    おんなのアルバム キャバレーベラミの踊り子たち

                     

                    日時:平成30年 3月12日(月)〜 25日(日)

                          12時〜19時

                    場所:RED Photo Gallery

                       東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル2F

                     

                    そして期間中に、都築響一さんのトークショウ

                    「魅惑のベラミワールドへようこそ」

                      3月17日(日)19時〜(1000円)

                     

                    も行われるんですって!(ああ、行きたいけど仕事がぁぁぁぁぁああ!)

                     

                    福岡は遠すぎると思ってた皆さま、ぜひ遊びに来てください。

                    きっとすごくお姉さま方がきれいに展示されてると思いますので、じっくりたっぷり舐めるようにご覧ください!

                    これだけじゃ足りない、全部見たいと思ったら、電子書籍も(多分)販売されると思いますよ。

                     

                    そして・・・またベラミワールドに引きずり込まれる方が増えますように・・・・ムフフフ

                     

                     


                    ご無沙汰しておりました。

                    0

                      2018年に入ってから、体の不調が続き、ものごとに集中しにくい状態が続いておりました。

                      疲れてくるとぼんやりしてしまい、寒さで体も疲れているのか、夕食が終わると寝てばかりでした。

                      もしかして、更年期なのかなぁ・・・と気づいて、薬を飲みながら仕事も少し減らしていこうと思っております。

                       

                      疲れやすくはありますが、町の路地と古家にときめき、妄想は止められずにおりますので、ご心配なく。

                      のんびりペースでブログの記事も復活しますね。

                       

                      ******************************************

                       

                      先日、ベラミ山荘の備品を入れる物置を買いました。

                      組み立てくらい人数がいればきっとできると思い、facebookで呼び掛けてみました。

                       

                      しかし、まず下のブロックを水平にするのに苦戦・・・

                      そして後から、建築用語トンチンカンなワタクシの最終兵器のダンナさん(これってどういう扱いなのか)が年度末の仕事が忙しくて参加できないことが判明。

                       

                      しまった・・・

                       

                      ヤバイかも・・・

                       

                       

                      どうしよう、どうかなるかな・・・

                       

                       

                      ま、なんとかなるでしょう。

                       

                         ↑

                       

                      (だから、どういう根拠???)

                       

                       

                      当日は雪の舞う中、手伝いに集まってくれた皆さま。

                       

                      おかげさまで、なんとか組み立てが進みました。

                      後はパネルを嵌めていけばいいところまで行きました。

                       

                      本当に本当にありがとうございました。

                       

                      今年はこんな感じで(ワタクシの頭は反省とか対策とかそういう単語はどんどん抜けている気がします、アハハ)、なにかと作業の手伝いを呼び掛けて、ベラミ再生を頑張ろうと思っております。

                       

                      やることは山ほどありますから。

                      お楽しみに。

                       

                      ではお久しぶりのブログですので、ちょっと最近の古家写真をサービスしたいと思います。

                       

                      あ、ベラミの立入禁止場所を守るレディーが仲間入りしました。

                       

                      まっとうな人を遠ざけつつ、余計に怪しい物好きを引き寄せしそうな気がしなくもないです。

                       

                      それでは、次回はベラミの踊り子さんたちが東京に進出する話でもしましょうかね。

                       

                      お楽しみに〜



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      secom

                      kagi

                      yosou

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • こぶのいち終わりました。
                        古家
                      • こぶのいち終わりました。
                        ちょるちょる
                      • 8/27はベラミで撮影会
                        jyosui
                      • フリスタ☆撮影会の出店募集
                        古家
                      • フリスタ☆撮影会の出店募集
                        あおき
                      • たまには長文。
                        古家
                      • たまには長文。
                        るんるん
                      • 池の話
                        古家
                      • 池の話
                        あおき
                      • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                        古家

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      PR