妄想劇場〜貸し本屋のA〜

0
    オレは九州のK市に住んでる、A(面倒イヤなんで仮名)。
    今、変な貸し本屋の店長してる。
    店長っていっても店員一人だし、夕方5時くらいからぼちぼち準備して、お客さん来たら相手するくらい。
    そんなに客も来ないし、その間マンガ読み放題。
    本が好きなんで、たいした給料じゃないけど続いてる。

    店は薄汚れたトタン貼り、置いてる本は古本。
    変な店だ。
    オーナーの趣味で古道具やら変な工具やら謎の人形が置いてあるし、やたら暗い。
    雨の日なんか本の背表紙が読めないくらいだ。
    オレ目が悪いんで、おそるおそる「暗すぎますよ」とオーナーに文句言ったら、
    「アンタ、若いくせに爺さんみたいやん」と笑われた。
     
    オーナーは年齢不詳のおばさんだ。
    いつもメガネがずり落ちてて、どこか挙動不審。

    オレがK市の中古本屋で日野ひでしを立ち読みしてたら、いつのまにか後ろに立ってて
    「アンタ、古い本好きなん?バイトしない?」と声を掛けてきたのだ。
    名刺だけもらって、そのときは逃げたけど、ふと興味が湧いて店に行ってみたら
    駐車場で草取りしてるおばさんに見つかって、ニコニコと迎えられた。
    うっかり中に入ったのが間違いだった。

    置いてある本が好きな本ばっかりで、テンション上がって読ましてもらってたら、
    スッとコーヒーが出てきて
    「好きなだけ読んでいいよ。ワタシ草取りがあるから留守番しといてよ」
    「いいっスよ」
     
    それから店番頼まれるようになり、いつのまにか店長扱い・・・
    オーナーも変だが、お客さんも変だ。
    会員制で、紹介でしか会員になれないから、一般客は来ない。
    看板も出してないくらいだ。
    なのに、いろんなタイプのお客さんが来る。
     
    絶対目をあわせようとしない背の高い天パの男の人は、デザイン関係の雑誌をいつも借りる。
    長いレースのドレスをいつも着てる高齢の女の人は、ハーレクインロマンスを二階に持ち込んで、コーヒーをがぶ飲み。
    いつも指の黒いショートカットの女性は、「新しい本どれ?」と聞く。
    (全部古本なのに新しいのって言われるとヘンなんスけど)
    たまに来るツナギ着た男性は、車雑誌を一冊とってすぐ二階へ。そのまま寝転んで寝てる。
    親子で来るのもいて、一見普通なんだけどエログロな本ばっかり借りていく。
    (教育上、どうなんスかね)
    たてがみみたいな髪の毛の声のでかい男の人は、いつもオレの後ろを見て
    「いいおばあちゃんに守られてんね。腰に気をつけなって言ってくれてるよ」と霊視する。
    (詳しく聞きたいけど聞けないっス、怖いっス)
     
    一番ヘンなのはオーナー。
    いきなり来てはカウンターに駄菓子を置いて、「アンタにじゃない、お客さんにあげて」と偉そうに言う。
    (今時の大人が駄菓子で喜ぶかっての)
    でもメモ紙に新聞チラシの裏が白いのをちまちま切って使うほどケチ。
    二階でブツブツ言いながらネット見て、コーヒー飲んで散らかして、お客さんが来るとそーーっと逃げるように下りてくる。
    そして無言で帰っていく。
    たまに機嫌がいいと
    「今度また新しい会員さん来るけん、よろしく。その人ね、かわいいけど変わってるから、楽しみやね」
    と嬉しそうに話しかけてくる。
    「(言われなくても、みんな変わってるっス)どこでスカウトしたんスか?」
    「米軍ハウス」
    「・・・」
    「じゃねー、あ、草取りしといてよ。アンタ若いんだから」と帰っていく。

    この人には脈絡ないっス。
    この人には説明ないっス。
    なんで草取りしなくちゃならないっスか、オレ腰痛持ちなのに。
    この前なんか、店に荷物が届くというから何かと思ったら、どでかい本棚とソファー。
    すげー重くて死ぬかと思ったっス、腰マジ逝くことだったっス。

    次の日にひょこっと来て、「やっぱりでかいのはいいね〜」とメガネずりあげながら、ソファーにゴロゴロ・・・
    軽く死ねばいいのに。

    あ、お客さん来た。
    時々来る、坊主頭のミリタリー好きの人だ。
    いい人だけど、一度質問したら延々と細部にわたって説明されて困ったっス。

    静かに対応しよう・・・
    カチカチ時計の音。
    好きな本を探すお客さんの気配。
    案外この店嫌いじゃないっス、マジで。

    なんてね・・・
     

    妄想劇場〜赤いフラグ〜

    0
      知ってる町だと思ってた
      ここを曲がり、そことつながる、その途中の町

      歩くと
      ちいさな秘密を見る

      生きながらえた生活の余韻が
      崩れ落ちた破壊の気配が

      漂う


      ふと寄った店先に
      手のひらに納まる静かな器を買う

      そこに真っ直ぐに人を見る、たおやかな生がある

      「小さい船に乗ろう」、その言葉に私はあなたに会いに来た
      あなたは知らないが
      私の心に赤いフラグを立てたのだ


      いつも私は探している
      足元よりもどこか遠くを

      心を飛ばし風に吹かれて
      答えなど欲しくないのに


      港には大きな船に乗り込もうと、たくさんの人が待っている

      構わない

      構わないよ

      だって、いつか誰もが小さな船に乗っていくのだ


      たったひとつの心がさだめる、そのゆきばへ
       

      妄想劇場〜音のない市場〜

      0
        朝もやの中、音の無い市場が立つ

        クルックークルックー
        鳩が鳴く
        羽ばたきの音

        品を広げ
        開く眼(まなこ)

        品定めに
        動く眼(まなこ)

        口元は隠しておけ
        声を出してはならない


        まだ暗く明け切らぬ空

        クルックークルックー
        鳩が鳴く

        どこからきて
        どこにゆくか
        誰も聞いてはならない

        お前はだれか
        相手はだれか
        名乗ってはならない


        時を経てくすんだ地金
        人の手に削がれた木肌
        どこかで見たことのあるなつかしい記憶たち

        美しいものとはなにか
        価値のあるものとはなにか
        それを問うてはならない


        約束だ


        秘密さえ守ればよい


        クルックークルックー



        どこかに音のない市場が立つ
         

        妄想劇場〜コンビニで働くこびと〜

        0
          忘れた頃にやってくる、妄想劇場。うふふん〜


          *****************************

          今回はちょっと田舎のコンビニが舞台。

          この店にはこびとの店員が働いています。あだ名はおじさん


          おじさんはいつのまにかレジ横にあらわれ、お客さんに挨拶したり、はしを袋に入れたり、おつりを渡したりします。

          おじさんは顔はくたびれた70代、声は高くてキーキー声、お腹は出てて、歯磨き粉のキャップの先を帽子のように頭にかぶり、はげかかった頭を必死に隠しています。

          たいして役に立ちませんが、とにかく仕事にプライドを持ってます。


          店長はおじさんのこと、見て見ぬふりをしています。
          でも時々、レジ横にそっと魚肉ソーセージを置いてやります。


          おじさんの敵は、バイトの若い男子大学生。

          大学生はおじさんを踏んづけたり、蹴飛ばしたり、はじき飛ばしたりします。
          うろうろされると、仕事の邪魔だからです。


          するとおじさんは烈火のごとく怒り、

          「今の若いもんは信じられん!」

          と呪いをかけます。


          大学生は黙って、おじさんのキャップの帽子をピンとはね飛ばし、ニヤリと笑います。
          おじさんは慌てて禿頭を隠して、帽子を取りに走ります。


          店長は見ても見ぬふり。
          そっと「チームワークの輪は大切です」と貼り紙をしてみたりします。




          ある日、新しくバイトの女子高校生がやってきました。
          出勤初日、彼女はレジ横のおじさんに気づき、目を丸くしました。

          おじさんは優しく

          「わからないことは、全部聞いて!」

          とウインクしました。

          (その後、大学生に中華まんのケースに閉じこめられましたが、案外おじさんは皮膚が分厚いので大丈夫だったようです)


          女子高校生は最初は怖がってましたが、おじさんと段々仲良くなりました。

          おじさんに小さな制服を手作りしてプレゼントしたり、キャップの帽子にキラキラのデコシールを貼ってやったりしました。



          それを見たお客さんにうけて、おじさんは人気者になりました。

          コンビニも売上げが伸び、店長はレジ横にあらびきウィンナーを置くようになりました。


          しばらくして、女子高校生は大学進学で別の町に引っ越し、バイトを辞めました。


          おじさんは・・・


          いつもどおりに働いてましたが、なんだか小さくなったみたいでした。


          こびとなのにね。



          大学生に帽子を奪われて、少ない髪の毛のバーコードをピッとされて「187円」と表示された時も、おじさんの

          「昔は年配者は敬うもんじゃったというのに!」

          という呪いの言葉も力がありませんでした。


          さすがにやりすぎたかなと思った大学生は、おじさんに話しかけてみました。

          「おじさんさー、本当は名前なんて言う・・・・んですか?」

          「やなぎのしょうじ ウィリアム ひろのすけ ジュニア」

          ・・・・・おじさんは口に絆創膏を貼られました。



          今日もおじさんはコンビニで働いています。

          大学生は時々、「ジュニア、半額のシール貼るの手伝えよ」とか、おじさんに話しかけるようになりました。
          おじさんも「最近、また安い魚肉ソーセージに戻ったんだよな〜」と愚痴ったりします。

          店長は、売上げのグラフを見てため息をついています。


          そんなコンビニ、こびとの働くコンビニ。



          ふふふ・・・

          妄想劇場〜博士と看板〜

          0
            お久しぶりです。妄想劇場です。

            今回の主人公は白髪ふさふさの痩せたおじいさん、裏のあだ名は死神博士。(似てるらしい)

            *********************************

            博士は悠々自適の生活、健康のために毎日公園を歩きます。


            博士、世の中気に入らないことばかり。


            ブツブツ言いながら、常につかめっつらです。



            同居の嫁をしっかり教育してやろうとしたら、今では口も聞かぬ仲に。

            だんだん年を取って尿意をもよおすことが多くて、公園の端で立ち小便してたら、孫娘に見られて「信じられないっっっ!」と非難されるし。

            台風が来るというので庭で飛んでしまいそうなものをヒモでくくってやっていると、ばあさんから「余計なことして怪我しても知らないよ、もう年なんだからね」と怒鳴られるし。


            ふん、バカどもが。

            お前らにワシの考えがわかってたまるか。


            さて、今日も一万歩歩くぞ。


            この公園を歩いて、この看板のところで大体3000歩。

             

            立ち小便なんか、昔はどこでも子どもも大人もしとったんじゃ。
            今じゃ犬の糞まで拾わなきゃならん。

            まったく、孫の小さい頃は「じいじ、散歩いくと」と連れてきたものだったが・・・


            ふん、まったく。


            さて、今日もまだまだ歩くぞ。


            このマンションで大体5000歩。




            この家で7000歩。



            ふう〜

            今日もよく歩いた。もう少しだ。


            ようし、ここで一万歩。

            ただ、この看板には我慢ならん。

            子どもが遊ぶだけなのに、どれだけのルールがいるっていうんだ。

            怪我したら、なめておけ。



            そういえば、孫が怪我した時にそう言うと嫁が口答えしてくるんだ。

            「今は違うんです、お義父さん」


            ふん、まったく。

            今の時代なんか知るものか。




            酒飲むのもいろいろと言われるし。


            ワシなんか好きなことをしてコロリと逝きたいもんだ。


            さあ、今日も一万歩達成だ。

            健康第一!


            **********************************


            公園でシャキシャキ歩く博士とすれ違った人は、みんな振り向きます。

            「今日もお元気ねぇ〜。死神博士」


            チャンチャン。

            妄想劇場〜北九州編〜

            0
              パソコンが不調です。



              いう訳で



              ワタシも不調です。(←関係ないやろ)



              それなのに・・・・・・・・・・妄想劇場、スタート。



              子育てに行き詰まった主婦が一人。
              「どうしてこうなってしまったのかしら・・・」



              潮風に吹かれていい景色なのに、思い出すのはすれ違う家族の顔ばかり。

              アタシだって懸命にしてきたはずなのに、子ども達にはそれは押しつけに映るのかしら。
              「お母さんの言い方がきつすぎる」って・・・そんな・・・


              ああ、ダメだわ。
              こんな時はおいしいモノでも食べよう。


              あ、お店開いてるみたいだわ、行ってみよう。





              か、階段がキツイわ。運動不足ね。
              ふぅ〜



              窓の外を覗いたら・・・きれいな海が・・・



              クラゲやった・・・・
              子どもの頃刺されたのを思い出すわ。嫌ぁね〜


              御飯を食べてコーヒーを飲んでると、ちょっと元気になってきたわ。

              そうだ、久しぶりにおじさんの家に遊びに行こうかしら。
              たしか、この坂道を登って・・・



              さ、坂道がキツイわ。運動不足ね。
              ふぅ〜




              船が見える
              どこに行くのかしら。。。。


              子ども達も大きくなって、いつかは離れていくのね。

              自分だって、そうだったじゃない。
              子ども達は子ども達の未来に向かって精一杯なんだわ。



              あんな思い出も(猿の親父みたいだったわ)

              こんな思い出も


              アタシには宝物だわ。
              それをくれた子ども達に感謝しなきゃ。


              家に帰ったら、笑顔で「おかえり」って言おう。



              あ、だいぶ遅くなっちゃったわ。
              子ども達には書き置きして出てきたけど、見てくれたかしら。








              <その頃、子ども達は>

              「お母さんは?」
              「いないよ」
              「また〜?」
              「おやつは?」
              「また、こんな書き置きして。」
               

              妄想劇場〜志免町編

              0
                とある雨の日、町に骸骨くんがやってきました。

                堅坑を見上げ 

                「なんか僕と似てる。この町なら落ち着いて暮らせるかもしれない・・・」

                骸骨くんは住むところを探しました。
                でもみんな怖がって部屋を貸してくれません。

                猫も怖がって逃げていきました。
                コンクリートに足跡を残して。
                (・・・・いや、多分これ猫じゃないな)


                とても寂しい気分の骸骨くん。
                「疲れたなぁ〜。とりあえず、公園の土管の中で休もう」



                あれ・・・


                狭いですね・・・。


                困った骸骨くんを、子ども達が遠巻きに見ています。

                「骸骨やん」
                「どうする?」
                「死んどうと?」

                骸骨くん、子どもが大好きです。
                思い切って、声を掛けました。

                「一緒にお茶しませんか?」


                子ども達も寄ってきて、仲良くなれました。

                「嬉しいなぁ・・・」



                骸骨くんは嬉しくて嬉しくて

                たぬきになってしまいました。


                「な、なんでじゃ〜〜〜!!!」


                お終い。(たぬきの画像のみ、甘木です)



                注意:この物語はフィクションです。当たり前よ。

                先日行われた志免大道芸フェスティバルの画像を一部使わせていただきました。

                古家さん営業中!+妄想劇場

                0
                  <久留米市・朝蔵>
                  ワタシ、普段、知らない人とは目線合わさない主義ですし、
                  知ってる人がいたら相手に気づかれないようにそ〜っと過ごそうと思っとります。

                  ごめんなさい、嫌いとかじゃなくて、人間より家の方が得意なんよ。


                  でも、もっと朝蔵を知ってもらわないといけないから、勇気出して、
                  (知り合いの数人にしか渡したことのない)古家商の名刺を渡し始めました。

                  名刺渡すなんて、ワタシこんなことしてます、って宣言してるようなもの。



                  あの・・・
                  すごく・・・・

                  な、なんてことを

                  してるんだろう

                  と、自分自身に向かってため息出てしまうんですけど・・・・


                  皆さんやさしく受け取って下さって、なんか、すみません!すみません!
                  すみません!すみません!すみません!すみません!



                  ワタシ変な人間なんです。
                  謙遜とかじゃなく、本当に変態と偏屈とお人好しとおばちゃんを足して4で割った感じです。

                  でも頑張りますから。



                  はぁ〜〜〜〜〜

                  慣れないことをしたので、得意の妄想劇場で自らの心を静めたいと思います。

                  お時間のある方はおつきあい下さい。


                  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

                  昭和30年代、久留米の駅近く、捜査のため現場近くの食堂にいた青年に、いかりや長助に似た刑事が話しかける。

                  「おい、一人か?」


                  警察手帳を見て、黙り込む青年。
                  刑事「最近さ、この町内で泥棒が出没しとるったい。お前も知っとろう」

                  青年の頭に近所の貼り紙が浮かぶ。


                  青年「・・・・・」
                  刑事「ついさっき、近くの路地でっさ、あんたと背格好が似とう男が逃げていったち言う人がおるとよ」
                  青年「知りません、あんな入りくんだところには入ったことありません」
                  刑事「確かに狭かところに家が並んどうけんねぇ。でも、入りくんどうとか、なんで知っとうとや?」



                  青年「いや、あの・・・・・・」

                  たしかに歩いていたが、自分はただ路地が好きなだけで決して泥棒じゃないって、刑事さんにどう言ったらわかってもらえるだろう・・・と青年は困惑していた。
                  刑事と目線を合わせられず、そっと外を見る。



                  向こうの公園から子ども達の遊ぶ声が聞こえてきた。

                  「おれ、さっき泥棒ば見たっつぇ〜」
                  「嘘やけん」
                  「ほんとって〜」



                  「あのさ、ヒトデのすべり台あるやろ、あそこば走っとらしたっさ」
                  「ヒトデ、気持ち悪かぁ〜〜」



                  「なんで泥棒ってわかったと〜」
                  「チロルチョコ箱ごと持っとらしたとっさ」



                  「え〜っ、箱でや」
                  「よかねぇ」
                  「なんばいいようと、悪かとさ」
                  「どげんな人やったと?」
                  「うんとね〜、ヒゲがあってぇ、短い着物着とってぇ、おじさんでぇ、鉢巻きしとった」



                  刑事と青年、しばらく見つめ合う。

                  刑事「・・・え〜、ゴホン!」
                  青年「チロルチョコの泥棒ですか?」
                  刑事「ああ、駄菓子屋のチロルチョコを箱ごと掴んで逃ぐっとたい。今日でもう5回やけど、とにかく足が速かっちゃんね」
                  青年「おれ、確かに路地歩いてましたけど、チロルチョコは盗ってません。ひげもありません」
                  刑事「荷物ば見せんね。う〜〜ん、確かに無かごた。箱全部はすぐは食べれんしな。悪かったね」

                  青年はほっとして、食堂を出た。
                  外は暗くなっていた。






                  終わり。

                  写真は、このフィクションとはまっっっったく関係はございません。
                  心当たりのある方は、笑って許して下さい。

                  ホホホ。

                  1

                  calendar

                  S M T W T F S
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  262728293031 
                  << March 2017 >>

                  secom

                  kagi

                  yosou

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • たまには長文。
                    古家
                  • たまには長文。
                    るんるん
                  • 池の話
                    古家
                  • 池の話
                    あおき
                  • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                    古家
                  • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                    あおき
                  • ベラミは招く
                    古家
                  • ベラミは招く
                    あおき
                  • こぶのいち駐車場と若松周辺情報
                    古家
                  • こぶのいち駐車場と若松周辺情報
                    ちびねこ☆

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode