アフターから行きますよ。庭編

0
    ビフォーアフター・心晴さん。
    庭編で終了です。

     
    <庭編>
    現在の庭


    さて、ここから時間を戻していきます・・・

    池を壊そうとしたものの、石を入れても雨水がたまって困ったこと。


    塀の向こうが近所の通路になっているので、なんとか目隠しを立てたところ。(実際は高さが足りず、ちょっと中途半端・・・)

    足場板が手に入ったので、ウッドデッキみたいにしたらいいかも・・・と妄想していた頃。

    庭の柿の木を切ってもらったところ。

    壊す前の池。


    目隠し代わりのボロボロの窓わく。

    わんさか茂ってた木や草。
    大きくなってた山椒の木の棘がすごく尖ってて、片付けで何度指に刺さったことか!!


    もちろん、その前もすごかった・・・





    ・・・見たい?

    見たいよね。
     
    さあ、見よ!

     
    この森(??)を切り開く姿を!
    (背を向けてるのはダンナさん、麦藁帽子はうちのおばあちゃんです)
    ワタシだって草をとり、枝を切り払い、細い木をのこぎりで切って伐採しました。エヘン。


    これがワタシの見た最初の庭。

     
    ジャングルでした・・・
     
    (写真は枝と葉を払ったところ)
    草むらに蜂の巣もあり。
    もう緑・緑・緑。

    でもね、どんなに古くても草茫々でも
    ワタシはこの家も庭も、一番最初に見たときから好きです。
    今までもずっと好きです。

    なぜかはわからない。

    きっと、誰も住まずにほっておいたら、この庭はもとのジャングルに戻っていくのでしょうね。

    でも

    ここから見上げる空は


    人間がいてもいなくても同じ・・・
     

    アフターから行きますよ。天井編

    0
      ビフォーアフター・心晴さん。
      天井は触らなきゃよかった部分のナンバーワンです(汗)
       
      <室内・天井編>

      貼るのは二人掛かりで、首が痛くなりました。
      合わせ目がうまくあわず、少しすきまが残ってる部分があります・・・すみませぬ・・・

      貼ってるところ。


      以前の白い汚れたベニアをはがした時


      ついでに
      部屋の間にあった鴨居の上の土壁部分もいきましょう。

      現在の姿。

      土壁を剥いだところ


      ほこりまみれの現場。
      土壁にはおそらく50年前の土と竹と縄が使われてました。

      そしてこれが一番最初。

      ちなみに、家の構造としては壁があったほうが強くなってよいのですが、採光を考えて壁を取りました。
      専門家のアドバイスを参考にしてます。

      安易に柱を切るようなことはしておりません(怖いので・・・)


      さて、お次は庭です。

      アフターから行きますよ。床編

      0
        ビフォーアフター・心晴さん。
        ビフォーから始まるのが常識ですが、ひねくれものなので、現在から遡りたいと思います。
         
        <室内・床編>

        床を張るところ

        その床を一枚一枚塗ったところ

        その下の断熱材張ったところ
        その下の根太を補強したところ

        最初に「やったるでー」と床を剥いだところ


        ・・・実は、その前もあるのね。
        これが以前の入居者さんが住んでいた頃。

         
        すべて壁がきれいにプリント合板で覆われてますが、以前ワタシは壁を漆喰で塗る気だったのです。
        キラキラしたじゅらく壁を剥いで下準備してました。

        その様子がこちら
         
        すごく地味にガリガリやってましたが、入居者さんの意向ですべてきれいに覆われました・・・

        そして一番最初の状態。
        懐かしいわ〜〜〜
        んふふふ、床がブカブカ・ギシギシいってたのと、昼でも暗い室内だったのを思い出します。


        次は、天井編です、お楽しみに〜

        DIY(22)〜一区切り〜

        0
          <宇美町・心晴>
           
          2013年4月からDIYを始めた心晴。
           
          途中、糸島市のなつこさんの片付けもあったので時間がかかりましたが、DIYの作業は先日区切りをつけました。
          (本当は多分まだまだやることはあると思うのですが、きりがありませんので)
           
          素人のやり方でしたので、本当に見苦しいところもたくさんたくさんあります。
          端から見たら、もう少しここをこうしたらよかったのに・・・と思われることでしょう。

          ワタシのやりたいようにやりました。
          ダンナさんや友達に助けてもらって、なんとかやりました。
          楽しかったですよ。
           
          あとは掃除をして、入居者さんにバトンタッチ。
          暮らしにあわせて、手を入れたり作ったりして楽しんで欲しいな。

          さみしいけど、ほっとしました。
           




          片付けをしてると、近所の奥さんが「いつも頑張ってるわね」と声を掛けてくれました。
          「なんとか終りそうです」と答えてると
          「あなたはよく頑張ったわよ、なかなかできることじゃない」と褒めてくれました。

          嬉しかった。
           

          この家がワタシにくれたもの

          そっと
          幾重にも重なった
          思い出、思い出、思い出

           

          ありがとう心晴

          また新しい家族を守ってあげてね・・・


          (DIY日記はここで一旦終了とします。そのうちビフォーアフター特集でもやりたいと思います、お楽しみに)

          DIY(21)〜古家の庭〜

          0
            <宇美町・心晴>
            この庭、以前は植物が適当に茂るだけで、人の通り道もありませんでした。

             
            入居者さんが庭を使うかどうかわからないけど、せめて使いやすいように高低差を減らして、通り道をつくり、靴が泥だらけにならないように板を敷いてみました。
             
            (途中の様子↓)

            (通り道ができたところ↓)

            (土を均した後、反対側から撮影↓)

            池を壊して出た石も敷きこみ、池はコンクリートで固めたので、少しは草対策になったかも。



            下屋の柱の差し替えも終わり、防腐剤入りペンキも塗りました。
            トタンは以前からのもの、渋い風合いです。
            あと10年もってくれたらいいな・・・
            そう思ってペンキを塗りました。

             この柱を立てたのはいつだったんでしょう。
            前の所有者のおじいちゃんはどんな想いで作ったんでしょう。
            おじいちゃん、池を潰してごめんね、目隠しの工夫もすごくいいと思うよ、でもワタシの庭もいいでしょう?
            明るくて使いやすいでしょう?
            入居者さんも喜んでくれるといいけど。


            心晴のDIYもだんだんとゴールが近づいてきましたよ・・・

            DIY粥舛じけてもいいから〜

            0
              <宇美町・心晴>
              庭の池の水抜き穴を大騒ぎしてあけた後、コンクリートを流し込んで池の底を固めております。
               
              結構、深くて広めの池なので、時間も手間もかかっています。
              コンクリを練っては池に入れて均し、そこに解体で出た石をならべ。
              固まるのを待つ。
              それを繰り返す。

               
              地味です・・・

               
              DIYをやりだして、ホームセンターのいろんな売り場を知りました。
              木材・断熱材・ネジ・塗料・杭・ベニア・柱・電動工具・金具・ドリル・刷毛
              とうとうコンクリか〜。シミジミ
              家ひとつにどれだけの材料と手間と技術があるんでしょう。


               
              最初「まぁ、とにかくやってみようか」と踏み出してから、素人の(恐れを知らない)なんとかなるやろうって気持ちだけで突っ走ってきております。
              細かいことを言えば失敗だらけ。
              段取りでいけばムダばかり。
              力が無くてくじけまくり。

              でも途中であきらめようとは思わなかったし
              次はこれをしようと思うと、面白くてたまらない。

              設計図も図面も進行計画表もなし。
              上司も部下もなし。(監督でもあり、設計者でもあり、下っ端でもあり)
              ついでに給料もなし。(入居してもらうまではゼロどころかマイナス)

              時間から時間で雇われてるときには考えられなかったこと。
              責任は自分のしたことにすべてかかってくること。
              でもすごく楽しいってこと。

              入居したいと言ってくれたふたりの笑顔と
              世界にひとつだけの風変わりな大好きなこの家と
              ダンナさんや友達の支えやあたたかいはげましが
              ワタシにこんな贅沢な経験をさせてくれてるんだ、と思うのです。

              くじけてもいいから
              完璧じゃなくてもいいから

               
              やること、そして続けること。

              そしたら絶対にゴールに近づく。

              DIY魁漸鴫阿涼譴虜垢径悗─

              0
                <宇美町・心晴>
                庭と家の間にある下屋部分。
                以前はこんな。


                雨が降っても大丈夫だし、光も入っていいのですが、老朽化してました。
                どの柱の根元もボロボロです。
                新しい柱に差し替えようと思いますが、一人か二人しかいないので、一度にできません。
                まずはやりやすい一箇所から。

                まずは波板トタン屋根をこの柱で支えて、一番端に仮柱を立て、ボロボロの柱を差し替えます。
                (一応、いろいろな人のアドバイスを聞いて行っています)

                目隠しになっていた建具(ガラスがはめ込まれてるのでそのままだと危ない)を外します。


                湿気でボロボロになってて、危ないのですが、なんとかそろ〜っと外しました。


                あ、やもりくん。
                ここにいると危ないからね、ごめんけど移動願います・・・

                 
                反対の端の部分は、基礎のしっかりした柱がすぐ近くにあるので、上部をつなげます。
                そして根元がボロボロの柱は外しました。
                以前はこれ。

                柱をはずして、すっきり。



                外された、かっこいいブルーの柱。
                今までお疲れ様でした。
                なにかで再利用したいな・・・
                 

                DIY押曾法ご開通〜

                0
                  <宇美町・心晴>
                  雨が降りました。
                   
                  ええ。
                  また雨水が溜まりました・・・シートをかぶせてましたが無駄でした。

                  これでまた、振り出し・・・
                  ああ〜
                  この雨水を抜けるようにしないと!
                  穴だ、下のほうに水抜き穴をあければいいんだ!!

                  のみとハンマーでカーンカーンカーン
                  もうちょっと、もうちょっと、のはず!!
                  カーンカーンカーン
                  次の日も頑張ろう、きっとあく、今日はあく!
                  カーンカーンカーン

                  くじけるな、もうちょっとだ。
                  カーンカーンカーン
                   

                  あかないよ、なんで?

                  なんでよーーーー(泣)


                  もう最終兵器に登場してもらうしかない・・・
                  ダンナさん、頼みます。お願いします。

                  揉み手、すり手、一生のお願い!
                  (↑結局いつもこうなる)


                  現場を見たダンナさん、水の溜まった池を見て
                  「ホースある?」
                  「前、水平をとるのに買ってきた細いやつならあるよ」
                  「水道は?」
                  「水出るよ」
                  ホースに水をためて端を持ってきたダンナさん、池に片方を入れてもう片方を下の排水溝に置きます。


                  池の水がチョロチョロ流れ出しました。
                  「水が流れだしとるね!」
                  「サイフォンと一緒」
                  「へ?」
                  「水道ホースならもっと早く流れるけどね」

                  サイフォン・・・たしかコーヒーでそんなのあったような。
                  (←横で丁寧にダンナさんが説明してるが、奥さんあまり聞いていない)
                   
                  水を出してる間に、ハンマーでカーンカーンカーン
                  持ってきた中古のコンクリートハンマーがうまく使えず、結局ハンマーで叩いていきました。

                  用事があったので作業中断。
                  戻ってみると、池の水がかなり減ってました。

                  いいぞ、サイフォン!
                  これで池の内側からも叩けます。

                  そして

                  水が出てきました



                  あいた!


                  やったーーー


                  やったぞーーーーー!!

                   

                  DIY院漸羌磴ぬれて石とたはむる〜

                  0
                    <宇美町・心晴>
                    以前の庭です。

                    この池を壊して、平らにしようとしております。

                    以前、池のまわりの石まで壊してもらってました。
                    (池の中にとりあえず壊した石やコンクリを放り込む)↓
                    この池、手作りで作られていて、排水する穴はあるけど流れないのです。
                    穴が詰まっているか、最初から失敗してるのか・・・??

                    屋根からの雨水が流れ込むだけの構造になってて、一杯になったらあふれていたのでしょうか??
                    なにか秘密の排水が隠されているのでしょうか??
                     
                    壊すなら、排水をどうするか、考えないといけません。(←こういうの苦手なんやけど)

                    まてよ、底に穴を開けたらよかろう、自然に流れていくはず。
                    簡単じゃん、ふふ


                     ハッ

                    てことは、この石をどけないと。
                    ・・・チクショー、放り込まなきゃよかった・・・

                    石を取り出すのに必死。

                    出してみると、雨水がまた流れ込んでるので、水をかき出す。

                    そして、穴を数箇所あけてみました。
                    (水を溜めるために、しっかりコンクリートを固めてあるので結構大変)


                    ちゃんと水がはけるかな?と少し入れてみると

                    はけない

                    ・・・もう一度時間をおいてみて見よう

                    はけてない




                     み  見なかったことにしよう
                     これは夢かも
                     ねっ・・(布団かぶって寝たい)


                    次の日、見てみたら、水は消えてました。
                    けど、自然蒸発したのかゆっくり穴から染み出したのかは不明。

                    土木学科出身のダンナさんと、ホームセンターのメガネがすごく汚れてる店員さん(←アナタ一体どこを見とるんですか)に相談してみて、出たのが2つの対策案。

                      1.池のコンクリを全部壊してしまう
                      2.池を石とモルタルで固めてしまう

                    1は体力が要りそうなので、2に決定。


                     ハッ


                    てことは、また石を池に戻すのか・・・ナンテコッター

                    どっちにしても体力要るのは変わらず。トホホホホホ
                    (雨が降る前にしないと、また水溜まるし。トホホホホホ)


                    でもやるしかないだろう、始めちゃったんだから!
                    引き返せないんだから!
                    (てな訳で、まだまだ続く・・・)

                    *********************************************

                    ここで終るのもやさしい読者の皆さんに心配かけるので、いいことも書いとこう。

                    庭の端にあった昔の流し台↓


                    中の泥を掘り出して、少し手前に動かしてみたら、いい感じに使えそうです。



                    やったね〜〜〜、嬉しい〜〜〜!


                     

                    DIY亜訴宗

                    0
                      <宇美町・心晴>

                      目隠しの塀を立てました。
                       
                      以前の塀。腰くらいの高さです。痛んでます。
                       

                      180センチの杭を打ち込んで、目隠しの板を貼りました。
                      土にしっかり打ち込んだので、思ってたよりも低くなりました・・・
                      ありゃりゃ

                               ↓

                      そして防腐剤入りのペンキ塗り。
                       

                      途中でウォルナット色のペンキが切れたので、別の色(これも防腐剤入り)にしてみました。
                      なんか床もこんな感じだった(色がバラバラ)から、いいかもしんない。
                       
                      以前からあった低い塀もなんかいいかんじなので、新しく打ち込んだ杭に固定させてまだ使います。
                      蔓性の植物たちが茂ってきたら、いい感じにつながる・・・・はず。
                       
                      なんで縦か横か統一しないの?とか聞いちゃダメよ。


                      庭作業も地味です。
                       
                      コツコツ木の根っこをほじくり返し、地面が高いところはならして、出た土を低いところに運んで足で踏んで。
                      よいしょよいしょ。
                      池を壊して出た石を持ち上げて。
                      よっこいしょー、よっこいしょーーー。

                      きれいになってるのか?
                      進んでるのか?

                      次々に「あれはどうしよう」「これってどうしたらいいと」が出てくる。
                      もう誰か替わってくれんかいなーと弱気になる。
                      毎日、「もうここはこれでいいと!素人やけん仕方ないと」と妥協する。

                       
                      近所の人に「奥さんも頑張るわね」と言われると、ほろりとする。
                      服がペンキだらけになってる。
                      手がゴムくさい。


                      ファイト。
                      ワタシ。


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      secom

                      kagi

                      yosou

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • たまには長文。
                        古家
                      • たまには長文。
                        るんるん
                      • 池の話
                        古家
                      • 池の話
                        あおき
                      • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                        古家
                      • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                        あおき
                      • ベラミは招く
                        古家
                      • ベラミは招く
                        あおき
                      • こぶのいち駐車場と若松周辺情報
                        古家
                      • こぶのいち駐車場と若松周辺情報
                        ちびねこ☆

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode