大家さんと秋の空

0

    門司港歩きが楽しかったので、またフラフラと博多・須崎町辺りを歩きました。

     

    以前も、似たような建物を近くで見たことがあります。こういうのが流行ったのでしょうか?

    一番上のガラリが特徴的。

     

    須崎にはワタシの好きな、素敵な素敵なピンクビルがあります。(これは以前写したもの)

    ちゃんと無事に建ってました。うんうん、やっぱり可愛い!

    ムフフ〜

     

    嬉しくて、テクテク。

     

    え?

     

    駐車場に鳥居?

    黄色い線引いてあるよ?

    え?

     

    もともとお宮が先にあったものなんだろうけど・・・一台分にコンパクトにまとまってました。

     

     

    須崎や古門戸は、マンション、アパート、会社、商店がほどほどに混じった、普段はとても静かな町。

    (山笠の時期はものすごく賑わいます)

    木枠の窓に猫がよく似合う。

    かっこよさそうな美容室(←お洒落なところは眩しくて入れない体質)を横目に、

    ミニ屋台みたいなコーヒースタンドでコーヒーを買ってみたり。

    (可愛いな、土日だけベラミに出張してくれないだろうか)

     

    北欧のアンティーク家具のお店に入り込み、椅子に座りまくり悦に入ったり(← ちょっ! 営業妨害はやめろ)。

    もうひとつ、滅多に開いてないアンティークショップもあるのですが、やっぱりお休みだったり。

    Hくん、今いずこ。

     

    大通りを渡って下呉服町、これまた古い町並み。

     

    民家の玄関に石の鳥?

    と思ったら、電信柱に「博多で一番古い石屋さん」との説明が・・・

     

    なんかすごいな、博多。

    自分の町大好きだよね。

     

    歩き疲れてきたころ、すごく長く連なった古びた屋根が見えたので近寄ってみると

    すごく懐かしいような雰囲気・・・

     

    新しいマンションがガンガン建ってる場所なのに、まだこんな取り残されたような場所があるんだなぁ。

    でも、いつのまにか壊されてることも本当に多いんです。

     

    先日も、千代町の銭湯だった古い建物(裏から見るとちらりと煙突が見えて嬉しかったのに)が壊されてました。

     

    だから、せめて写真や記憶に残しておきたい。

    そのくらいしかできない。

     

    そんなことを想いながら、テクテク歩く、今日この頃のワタシでありました。


    大家さんと秋の空

    0

      秋になったようです。

      暑かったり、寒かったり、よくわからないうちに秋になったようです。

      もう、年取るばっかり・・・

       

      そんなネガティブシンキングをお供に、ぶらぶらと町歩き。

       

      まずは門司港。

      何度か歩いてますが、最近は山の方の路地がたまりませんね。

      車どころか、人ひとり分のくねくね昇る坂道。

      狭いほうに歩いて歩いて、行き止まり。

       

      「あ〜あ、ここまでか。戻ろうっと」と振り返ると、目に飛び込む海。

       

      古びたレンガの壁

       

       

      艶めいた路地

       

      風化した壁の光と黒。

       

      ここに家を建てた人たち、暮らしてきた生活の気配が、曲がり角ごとに漂ってる。

      朝に昼に夜に響く、男と女と子どもの足音、ざわざわ、ざわざわ。

      たまりませんね。

       

      路地裏マーケットがあっていたので、ちょっとだけのつもりでお邪魔しました。

      古い空き家を公開してくれていて、二階の開け放した窓からの風景が気持ち良かった・・・

       

      久し振りに古家に呼ばれたみたいで、クラクラしました。

       

       

      偶然お友達に会って、ワイワイ話し込んで、なぜかマジンガーZのポスターを買ったり。

      同じ会場にいた方がワタシと同じところで楽しそうに写真を撮ってたので、なんとなくピンと来て

      「ぜひベラミ山荘にも遊びに来て下さい、きっと好きですよ」と宣伝してみたり。

       

      楽しかった・・・

       

      でもね、ワタシ門司港に来たのは、もうひとつ理由があったのです。

      取り壊しの決まっている、旧門司文化服装学校に会いに来ました。

       

      とてもかわいい、風と光の似合う、人の大好きな建物。

      訪れた人を魅了してきた、心地良い佇まい。

      たくさんの人がここを残したいと動いていたのを知っています。

      ワタシは何も力になれませんでした、ごめんなさい。

       

      でも旧門司文化服装学校は、とても幸せそうでした。

      にこにこと笑いながら、「みんながいてくれたから嬉しいよ」と囁いているようでした。

       

      たくさんの人に愛された古家は本当に優しい・・・

       

      ワタシは思います。

      どんないい家だって、人が暮らしてなければ寂しい。

      「この家でずっと暮らしたい」と、掃除して補修して大事にする、そしたら家が暮らす人を守ってくれる。

       

      そして悲しいけど、「今までありがとう」と、お別れをいう時がいつか来ます。

      その時、家は人を恨んだりしないんです。

      受け入れるだけです。

       

       

      だから、ワタシは今自分にできることをやろう、と思います。

       

       

      まだ町歩きの博多編があるのですが、長くなったのでそれはまた次のお楽しみに。


      若松散歩〜狛犬さんを見てみよう〜

      0

        最近、夏の疲れが溜まってたのか、テンションが低めに停滞。

         

        「そうだ・・・そんな時こそ、町を歩こう! なにか面白くって、心がときめくものを見つけよう!」

                ↑

            47歳パート主婦の心の叫び

         

        衝動的に、近くのコンビニにふら〜っと車を止めました。

         

        コンビニっていいよね、トイレもあるし、郊外は駐車場も広いし。

        誰が来ても怪しまれない・・・・(←そういう視点こそ怪しいと思う)

        ちゃんと買い物をして(←そういうところは真面目)、なんとなくこっちかな〜と思ったほうへ、テクテク歩き出します。

         

        古い商店をチラチラ見ながら、坂道が気になり、とりあえずは山の方へ。

         

        坂の途中の古家

        素敵な門の小学校

         

        ああ、いいなぁ〜と下り道。

         

        ふと見つけた神社に寄り道して手を合わせてると、一見普通の狛犬さまに違和感が。

         

         

        ん?

         

        んんん?

         

        ・・・・ついてる・・・

         

         

        しかも、どう見ても後からつけた手作りな感じ!

        いたずら???

         

        しかし、真面目な狛犬さまに、子だくさんなご利益がありそうなナイスユーモア!

        大人のエロ部門(←なんの部門ですか)、今年一番のヒット作品です。

         

        たまたまだけど見れてよかった、眼福ぅ〜〜!

         

         

        もう嬉しくておかしくて、笑いが止まらない、若松の町歩きでありました。

         

        *****************************

         

        追伸:狛犬さんも好きなので、今までもいろいろとチェックしております。

         

        同じ若松の金毘羅神社の狛犬、兜かぶったような狛犬さま。

         

        田川の足載せがやっつけの鉄棒で、不安そうな狛犬さまとか。

         

        八女の、頭と体のバランスどうなのよ、と心配になる狛犬さま。

         

        秋月の割れ行く狛犬さま。

         

        また面白い狛犬さまを見つけたら報告しますね・・・・(なに? 必要ない? なんで??)


        コツコツ歩いてます〜田川〜

        0
          お正月、時間があったので、いろんなイベントだの再生プロジェクトだの調べて見てました。

          ついついよそはよく見えてしまって
          「ああ、ワタシみたいなやり方じゃダメなんじゃないか・・・」と考えてしまいました。

          自分のできることから、コツコツやろうと決めたはずなのに
          ネガティブの波がドブン〜ドブン〜

          いや、そんなことじゃいかん。

          全く反応がない訳ではないのだし、ベラミのことはじわじわと知られている気もする(根拠はないけど)
          入居者さん、来てくれるお客さん、関わってくれる人たち、協力してくれる人を大事にしていこう。
          1人じゃないんだから。

          心の中でそんなことをブツブツ考えながら、町歩きしてました。

          田川市。



          高やんの片付けに来ていた頃も歩いたけど、田川は変わらないなぁ。

          風治八幡宮にもお参り。
          裏の丸い倉庫がかわいい・・・




          団地の一角にあるコーヒー屋さんに寄って、石炭記念公園から伊田駅を見下ろしてひと休み。


          冬を越したら、春がやってくる・・・

          これからも、たくさんの古家に、路地に、ブロックに看板に壁に鉄格子に会えるはず。
          そして
          たくさんの人に出会えるはず。

          さあ、今年も歩いていきましょう。

          冬の手前の散歩

          0
            ベラミ市が終ると、少しだけ気持ちに余裕が出たので、散歩に行きました。

            若戸大橋の手前、戸畑区幸町。
            以前から見かけて気になってた煉瓦・・・

            近づいてみると・・・や、や、

            屋根がありませんでした。
            なんて斬新。
             
            でもなんともかわいいなぁ。



            その向こうに、最近切り取られた長屋の残り一戸が頼りなさそうに建ってる・・・


            近所のちんまりした倉庫?


            消防関係でしょうか・・・?
             
            近くの古びた長屋(ここ、いくつかお洒落そうなお店が入ってた)の鉄格子も素敵〜


            戸畑、もっとじっくり歩きたい。
            やっぱり散歩は楽しい〜


            さて、赤い橋を渡りまして、若松のベラミ山荘。
            もう枯れております・・・




            今度ピアノの部屋を短期で貸すことになりました。
            絵の展示で使われるそうです。
             
            初めてでどうしていいかわからないけど、とにかく、ごちゃごちゃ置いてたものを片付けて掃除、掃除。

            中庭で焼き芋も作れますよ。(←なんじゃそれ)


            一通り準備が終って、ねこのじカフェで休憩〜
            若松は海があって、山があって、なんだか風景がギュッと濃縮されてるみたい。
            何度も見てるのに不思議な町。

            海の近くは観光地っぽいのに、地元の生活の匂いがしっかりする。
            海沿いの風に吹かれながら、渡船を降りて歩いてる学生さん、おじさん、散歩の人。
            通り過ぎる船。
            そして、熱々のミルクティーなんぞ飲みながら、ワタシは二年前には思いもしなかった場所にいる。

            面白いもんだなぁ。

            まだまだ北九州を歩かなくっちゃ。

            煉瓦と路地〜門司散歩〜

            0
              一年間、子ども関係の役員や町内会の仕事が重なって土日が忙しかったため、町歩きも自粛しておりました。

              不思議なものです。
              やる気がないと、面白いものを見つけても反応が鈍くなりました。
              「こんなのどこでもあるかもしれない」
              「たいして珍しくもないかもしれない」
              そう思うと、なにもかもがぼんやりしたものに見えてきます。

              なんということでしょう、古家好きにあるまじきスランプです、こんなことではいけません。
               
              リハビリしなくちゃー!!

              という訳で、北九州市門司区にやってまいりました・・・・

              以前建築関係のツアーで訪れた門司赤煉瓦プレイス(写真は2010年10月のもの)


              いつ見てもかっこいいぜ!
              庶民派としては嫉妬の炎がメラメラ燃えるほど、相変わらずの存在感です。
              ましてや、煉瓦を彩るきれいなバラが満開・・・なんて爽やか・・・・

               なに? ここ? どこ?日本なの?
               天使とか姫とかいるの?
               お城? ロマン? ゴシック?
               キラキラしすぎやろ、ヒーエー
               
              と、アラフォー女が1人苦虫をかみ潰したようなドロドロした心で歩いておりました(←人間として最低)

              もう帰ろうと思ったら、先日一緒にペンキ塗りした女子(近く門司の古い市場の中で古本屋をやるそうな、やるじゃん)が話しかけてくれて、ほっこり・・・

              そうだ、ワタシはリハビリをしにきたのだ。
              ドロドロしている場合ではない!
              歩かねば、何も見つからない!


              煉瓦を見つけてテクテク・・・

              お、波打つような猿田彦さま

              お花がきれいな路地

              激シブ・・・クラクラ


              お約束の手書きの看板


              皆さん、マーナを守りましょう!

              門司散歩

              0
                下関を出て、門司港に向かいました。
                 
                お次は、東門司のTunnelへ。
                築65年の元遊郭を今からゲストハウスにしようとしているそうです。
                これまた、建物を公開して、片付けで出てきたものをガレージセールされてました。
                 
                ここ、壁面の渋いトタンにだまされてはいけませんよ。


                中身、すごいきれいです・・・

                はぁぁああ、

                うっとり〜

                (わざと一部しか載せません、だって改装してゲストハウスになったときに実際に泊まりにいってほしいから!!)

                全体が明るいのです。
                きちんと手入れをされてきた建物だなと思いました。
                傷みがある部分もたしかにありますが、魅力の方が勝ります。
                ・・・・ワタシ、水色の壁の部屋に泊まりたいな。
                 
                改装のため不足してる資金の支援を募集されてますので、興味のある方はぜひ。
                https://readyfor.jp/projects/TunneL
                 
                看板も出してないのに、お客さんがたくさん訪れてました。
                人と人のつながり、情報の伝え方、チャンスを探し当てる力を持つ人たち。
                すごいですね、なんだか、ワタシも元気をもらいました。
                そして、フラフラと門司の町を散歩しにいきました・・・

                中央市場では、古本屋さんと一時間くらいおしゃべりしてしまいました。

                どこの角を曲がっても、いい古家に出会います。


                港もいいけど、坂道の風景もいい・・・(風が寒くて鼻水拭きながらニヤニヤ笑う、45歳)


                門司にも面白い人がたくさんいますね。
                (でも若松のベラミ山荘も負けてませんよ、えへへ)
                また遊びにこようっと。

                下関散歩

                0
                  下関市のつる八さんに行ってきました。
                   
                  雪がちらついても、関門海峡越えるとも、ワタシの運転が危なくとも、行きたかったのです。
                  約150年の歴史のある、元遊郭「丸長」の名残のある旅館「つる八」を改装するにあたって、ガレージセールをして内部を公開します・・・っていうんだもの。
                  なんか、親近感湧くじゃありませんか!
                  (先月似たようなことしてたし)
                  なにか買って協力してあげたいし、なにより見に行ってみたいじゃありませんか!
                   
                  張り切りすぎて、すごく早い時間についてしまい(←途中いろんな車に迷惑をかけました、申し訳ありません)
                  仕方なく周辺をブラブラと散歩しました(←嘘やろ、早くついて散歩する気満々やろ)


                  古びても飾りの素敵な建具がちらほら見られます。

                  そして入り組んだ路地。

                  路地。路地。路地。
                  こちらは飲み屋さんかな〜

                  なんだか時間がちぐはぐに重なってるみたいな町並み、ああ、面白い。

                  あちこちに残るタイル。



                  気がつくと、つる八さんのガレージセールが始まっていて、あわてて戻りました。
                  テレビにも取り上げられてたみたいで、朝早くから途切れず人が訪れていました。
                  旅館の元女将さんのやさしい笑顔が印象的でした。
                   
                  これからデイサービス施設にリニューアルされるそうですが、たくさんの人が訪れるようになるんでしょう。
                  立て替えて新しくするのでなく、歴史も受け継ぎながら使っていく。
                  姿を変えても時代に合わせて建物を使うって、どうしたらうまくいくんだろう・・・そんなことを考えていました。


                  とか
                   
                  なんとか
                   
                  いいながら、
                  また道を間違え(←どうしてナビがついてるのに迷うんですか?
                  ふと通りすがりの銭湯に萌え・・・



                  もしかして、ワタシ単なるタイル愛好家なのかもしれません・・・
                  そして、お次は門司港へ向かいました(続く)

                  田主丸散歩

                  0
                    ベラミのことばっかり書いてて、すみません。
                    たまには、町歩きにも行きましょうかね〜
                     
                    朝蔵のいっぽの入居募集のために久留米に行ってきて、ぶらりと田主丸に寄りました。

                    ここにも素敵な古家があったのですが、残念ながら更地になっていました。
                    ・・・買ってあげられなくて、ごめんね・・・

                    とてもいい家でした。
                    追悼のため、在りし日の姿を載せておきます。

                    古家の大家をしてると、「家を所有してるとお金がかかる」とか「古家の価値は低い」とか「人に貸すと責任が重い」と実感します。
                    裏返すと、「売ったほうがお金になる」とか「新築アパートでも建てた方がお金が入ってくる」とか「貸すのは面倒だから空き家でもいいや」となるのもよくわかります。

                    それでも古家を選んでるのは、ワタシの趣味というか嗜好というかひねくれというか、
                    「古家の方が好きなんだから、やりたいことをやってみてもいいじゃん」
                    と単純にそれだけです。
                    そして、昔の家は懐が深くて人間味があるような気がして、飽きないんです。


                    おっと、脱線しました。

                    田主丸はいわずと知れたかっぱの町。

                    あちこちにあります。


                    お尻がキュートです・・・
                     

                    音楽の流れる商店街を歩くと、小学生に時間を聞かれました。
                    お礼を言われて、なんか爽やかな気持ちになります(普段、腹黒なんで)


                    おおっ、いかにも銀行跡〜


                    おつぎは華麗な装飾!!
                    「K.KOGA」・・・古賀商会かな?

                    ぶらぶら歩くと


                    防火水槽と瓦の模様がコラボ〜

                    神社に寄ると、なんか違和感が・・・

                    ん〜?

                    んん??



                    狛犬の角が緑色!
                     
                    しかも、なんか寄進した人の名前みたいなのが彫ってある。

                    おお・・・
                    こういう寄進もあるんですな。

                    そんなこんなで、田主丸散歩、かっぱだけじゃなく楽しめました。
                    それではまた。

                    警固散歩

                    0
                      久しぶりに、天神に行きました。
                      用事が済んで、いい天気。つい、フラフラ歩き出しました。

                      あれっ、徘徊堂さんが・・・ナイッ!
                      ガーーーン(後で見たら、とっくに別府に移転してたらしい)

                      仕方ない、黒猫堂のパンで、心の傷を癒そう。
                      たしかサニーの近くだったはず・・・アッタ!

                      アンパンとくるみの入ったパン(なんとなく、くるみ好き)買って嬉しくて
                      ふと見たら

                      うわぁ、かっこいいねぇ〜〜〜
                      古家アンテナがピコンと立ちました。

                      あとはもう、アンテナの反応するほうへ行ってみましょう。

                      外配管に、ちょっと萌え・・・

                      タイル好きにはパラダイスなアパートのエントランス発見。

                      そろそろ、道に迷ってきました。
                      ここはどこだろう・・・?
                      警固って、こんなに道が細くて入り組んでると思わなかったなぁ〜ワクワク(←全然困ってない

                      あ、この窓は見覚えがあるぞ。
                      わかった、あの道に行ける!
                      地名よりも
                      ナビよりも
                      各地の古家が道の目印という、変な人間です。
                      おかげで、無事桜坂にたどり着きました。
                       
                      友達のお店に寄って、お茶をもらい、椅子に座ってパンを食べました(←そこまで甘えると営業妨害やろ)

                      楽しいのんきな土曜日の散歩となりました。


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      secom

                      kagi

                      yosou

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • フリスタ☆撮影会の出店募集
                        古家
                      • フリスタ☆撮影会の出店募集
                        あおき
                      • たまには長文。
                        古家
                      • たまには長文。
                        るんるん
                      • 池の話
                        古家
                      • 池の話
                        あおき
                      • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                        古家
                      • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                        あおき
                      • ベラミは招く
                        古家
                      • ベラミは招く
                        あおき

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode