「FLAT HOUSE Style vol.4」出てますよ。

0
    5/16.17に行われた護国神社蚤の市に遊びに行くとき、最近出た「FLAT HOUSE Style vol.4」を腕に抱えて持っていきました。

    会場に行くと、すでに販売してるお店があったので、「お客さんのくせにお店の商売の邪魔したらいかんもんなぁ・・・」と気後れしてました。
    が、優しいnibblesさんにこっそり売りつけました(←数冊預けてますので、欲しい方はnibblesへ)

     
    「FLAT HOUSE Style」、実は大家業でも本当に助けられてます。
    なんか気があいそうだな〜と思う人に会うと、自分のやりたいことを言葉ではうまく伝えられないので「この雑誌おもしろいから」とワタシの名刺がわりに渡してました。
    最近は渡そうとすると、「持ってますよ、え、あのコラムの大家さんなんですか?」と逆に言われることも数回。
    イメージとかなり違ってるみたいでごめんなさい。。。
    実物は生活に疲れた主婦です、めっちゃ普通です。
     
    ワタシの変なコラムは4号で終わりなのですが、「FLAT HOUSE Style」はまだまだ続きます。
    楽しみです。

    1号は出た頃は何年前でしたっけ?
    すごく面白くて「この本をたくさんの人に読んでもらって、福岡に、いや九州に古家好きを広げよう」と企み、数少ない友人に配りまくり、近所の家鴨軒やハチミツボタンの本棚にそっと置いてもらったのを思い出します。
    数年前の護国神社蚤の市でも、たろうのおでかけブースに置いてもらって、「なんでこんなのに(雨が降ってたので大きなタッパーに入れてきてた)入れてくる?」とつっこまれたのもいい思い出。

    護国神社蚤の市も、あれからどんどんお店もお客さんも増えました。
    これだけの規模で続けていくのは大変だと思うのに、それを支えるスタッフのみんなの頑張りと笑顔を知ると、それは自分のことではないのに、なんだか嬉しい(←ああ、なんかやたら年寄り臭いわい)

    ワタシもここでたくさん友達ができました。
    そして、変なコレクションも増えました・・・ニヤリ

    蚤の市の次には大好きな箱崎に遊びに行き、ハコイチの会場の町屋についつい引き寄せられ、柱や素敵なドアをなでなでして、古家を楽しげにいじってる若者たちに元気をもらいました、えへへ。

    焦らない焦らない。
    各地の素敵なイベントを見てるとうらやましくなったり、ベラミどうしよう、自分に何ができるんだろうと思ったりするけど、比べても仕方ないじゃないか。
    頑張ってる友人たちや何かを始めていこうとしている人たちと会って話すと、ひとりで考え込んで動けないってもったいない!と背筋が伸びる気がします。

    さて、ワタシもベラミ山荘の募集、頑張りますね。
    とりあえずチラシつくってみようか、はぁ〜ドキドキ。

    蚤の市に行こう

    0
      蚤の市や骨董市、大好きです。


      ごちゃごちゃ並んでるのも好き
      すっきり並べてるのも好き 


      なんじゃこりゃ?と思ったり
      えー高そうーと思ったり


      いいなと思ってたら売れてたり
      売れそうと思ったら残ってたり


      嬉しそうに「安かった〜」と買っていくお客さんもいるし
      お店の人と常連さんが挨拶してたりするし


      この雑多な感じが大好き。



      明日6/23は筥崎宮蚤の市をぶらぶらしようと思います。


      そこに出店してるnibblesさんのスペースに、

      flat house style vol.2〜3 を少しだけ置いてます。
      (nibblesさん、置かせてくれてありがとう!)

      よかったら、手にとってご覧ください。
      (コラムで心晴のことを少し書いています)







      ま、ま、万が一、億が一、募集中の物件について聞きたいことがあれば

      当日は蚤の市をうろついてますので、遠慮なく連絡ください。


         090-8355-3953(古家)



           メガネのおばちゃんが走ってきます・・・




      友、東より来たる

      0
        実のところ、ワタシ米軍ハウスに入ったことがないのです。

        米軍ハウスをカフェにしたという店も知ってるのですが、行く度お休みなので、本当に入ったことがないのです。

        外から見て、「ここがそうなのかなぁ〜」と思ってる家はあったのですが、最近悲しいことに解体されてしまいました。



        そんなワタシに、ある日東京のお友達からメッセージが入りました。

        「今度九州行くから、福岡の米軍ハウスを案内して」


          ・・・

          ・・・なんですと。

          詳しい人なら別にいるでしょ〜よ〜
          ワタシゃただの古家好きで、専門家じゃないんだからぁ

          ん?
          待てよ。

          一緒に探しに行けば、別の詳しい人もいるから、ハウスの中が見られるかもしれないぞ!
          チャンスかも・・・・へっへっへ(←心底、腹黒



        せっかく東京から来てくれる以上、できるかぎりは見せてあげたいと調べてみました。
        そしたら、いい資料が見つかりました。


        友達が来た日、その資料をもとに春日市と東区西戸崎をウロウロしました。


        「ここらへんにあるはず!」と叫ぶワタシ。

        「これ?これ?」と住宅地をゆっくり走る怪しげなレンタカー。

        カメラを持って走り出す flat house 愛好家たち。

        終いには、ご近所の方に聞き込み開始。


        楽しい!

        なぜなら、好きなものが一緒だから!!


        そして、ついに空き家になってるハウスの中に入らせてもらいました。
        侵入したとかじゃなく、きちんと手順踏んで見せてもらいました。

        (ご迷惑かけたらいけないと思い、一切写真は撮っていません)


          ああ、こうなのかぁ・・・

          古いな、独特だな、やっぱり、やっぱり・・・

         面白いなぁ!はぁ〜



        夕方になり、飛行機で帰る友達と別れました。

        濃厚な一日。
        疲れました、きっとお友達の方もヘトヘトだったでしょう。


        楽しい一日をありがとう、また会おうね〜。

        業務連絡

        0
          時々、flat house style vol.01 で検索して、古家商ブログを訪問してくれる方がいらっしゃるようです。

          ありがとうございます。


          1号は在庫が少なくなってるのかな?

          残念ながらワタシ余剰在庫は持ってませんが、1号の中身をご覧になりたい方は、福岡県糟屋郡志免町の家鴨軒に置いてます。(販売はしてません)

          トイレに行くフリをして、本棚を探してみましょう。(←なんでフリしなくちゃならないんだね??)

          他にもお友達のお店に置かせてもらった気がするけど・・・

          え〜〜と、はっきり覚えてないという(←いかなる時もいきあたりばったり)


          以上、flat house style に興味のある方への業務連絡でした。


                                古家しょう子

          お詫びと情報

          0
            お詫び

            先月の護国神社蚤の市でFLAT HOUSE style をお買い上げの方、
            3号のページに汚れがあり、葉書がはさまってませんでしたでしょうか?
            申し訳ありません、よけておこうとしたのに間違って販売してしまいました。

            きれいなものと交換しますので、お手数ですが、古家宛にメッセージ下さいませんでしょうか。
            よろしくお願いします。ペコペコ


            さて、FLAT HOUSE という雑誌と自分のかかわりについての話も少ししときます。
            (FLAT HOUSE自体については興味がある人は自分で調べてチョ←そんな性格)



            ワタシは大家業ですので、以前から大家としての日記をmixiに書き込んでました。
            そこで平屋の本を書いたクールハンドと友達になりました。

            クールハンドさんは面白い人で、今度は平屋の雑誌を自分たちで作るというのです。
            自費出版で!しかもワンコイン価格!!
            (しかしその後、さすがにそれでは無理だということで値上げ、三号は現在800円なり)

            読んでみて
            「こりゃ、みんなに勧めなきゃ」
            と志免町の家鴨軒、ハチミツボタン(ともにカフェ、いつもお世話になっております)に配本しました。


            ある日「雑誌のページ増やすから、長屋の話載せませんか」 とお誘いがかかりました。

            なにをおっしゃるウサギさん

            ですが、日記に書いたことをそのまま載せれば良いんだからいいか〜、と安易に引き受けて現在に至る訳であります。


            別に営業ノルマがある訳でもないし、自分が載ってるから見て欲しいという訳でもなく
            「こんな雑誌も面白いよ〜、見てみて〜」というだけのことであります。


            そして、まだ自分では気付いてない、

            隠れた古家好きがまだまだいるはず

            ですので
            、どんどこ掘り起こすのです。。。。イッヒッヒッヒ



            そんなワタシにまんまとひっかかってしまい、「うちの店に置いてもいいですよ」と言ってくれる、物好きなやさしい人が現れました。

            時々コメントしてくれてるariさん、古物雑貨屋a.n.tの店主です。
            http://ameblo.jp/kobutu-zakka-ant/


            といっても、今ある在庫を店頭のみで販売してます。
            まかり間違って売り切れたらお終いです。


            情報として・・・
            最初にマーブルトロンから出版された FLAT HOUSE LIFE は書店で売っています。ネットでも買えます。 

            その後に自費出版の雑誌 FLAT HOUSE style vol.01〜03が作られました。今後も続きます。
            この雑誌は直接取扱をしてくれる店で販売するスタイルです。

            大型書店には並んでないかもしれませんが、めったに手に入らないという訳ではありません。
            ネット販売してるお店もあります。
            取扱店はどんどん増えてるようです。

            ネットで調べると、なぜか中古本として定価以上の値がついてるものがありますが、
            取扱店では定価で販売してますよ。


            以上、お詫びと情報でした。    古家しょう子

            1

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << April 2017 >>

            secom

            kagi

            yosou

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • たまには長文。
              古家
            • たまには長文。
              るんるん
            • 池の話
              古家
            • 池の話
              あおき
            • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
              古家
            • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
              あおき
            • ベラミは招く
              古家
            • ベラミは招く
              あおき
            • こぶのいち駐車場と若松周辺情報
              古家
            • こぶのいち駐車場と若松周辺情報
              ちびねこ☆

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode