スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.08 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    池の話

    0

      <北九州市・ベラミ>

       

      寒いですが、ちまちまと、ベラミ山荘動き出しております。

       

      まずは片付け。

      売れるものは売り、引き取ってもらえるものはできるだけ持っていきます。

      大変ですが、少しずつでもやるしかありません。

      みんなに協力してもらいながら、梱包したり分別して処分したりしています。

       

      そして一階の痛みの激しい部分の補修を、いろいろな人の知恵を借りながら取りかかろうと思います。

      一階は湿気が多く、せっかくの部屋も活用できていません。

      もったいない。

       

      周りが山で、水気があるのは仕方ないです。自然と近いというのはこういうこと。

      けんかにならないようお互いに譲る、そういう道を探していきましょう。

       

      そんなベラミ山荘のゆったりした動きの中に、また一人の男性が加わりました。

      キャバレーベラミの時代を知っている、70代のSさん。

      テレビを見て懐かしくて訪ねてこられ、昔キャバレーベラミの関係者の方にお世話になったと、いろいろな話を聞かせてくれました。

       

      今のベラミ山荘を見て、このブログも全部(!)読んでくれたそうで、「自分にできることがあったらやりたい」とも言って下さいました。

      とはいえ、そう簡単にご厚意に甘えるようなことはできません。

      なにもお返しできるようなことはないし、年齢的に怪我でもしてしまったらと心配が先にありました。

       

      でも池の汚れが気になっていたSさんは、素人ながらいろいろと調べてくれました。

      そして何度もベラミに足を運び、ベラミのみんなの話にも耳を傾け、用意できる道具を集め、具体的にどうしたらできるかを考えてくれました。

      そして「もし大家さんが許してくれるなら、池の水を一度抜いて、掃除をしたい」と言ってくれました。

       

      ワタシ、それほどに真剣に、そしてベラミ山荘らしさを考えながら丁寧に、かつ自分らしく取り組もうとしているSさんが、すごいと思いました。

      何かに取り組もうとする時、年齢とか経験とか知識とかは最初は関係ないんですよね。

      「やろう! さぁ、そのためにどうしたらいい?」って楽しむ気持ちなのだと思います。

       

      それに、自分の気持ちで動くだけでなく、少し引いて周囲の気持ちも同じくらい汲み取ることができるSさんなら、池と鯉を任せてもいいと思いました。

      もちろん、無理のない範囲で、怪我には十分注意してもらって、力仕事はベラミの皆で協力していきます。

       

      「この庭はよく考えて作られてるよ! 排水の流れをずっと調べてたけど、楽しくてねぇ。こんな素人にチャンスをくれてありがとう!」

      「Sさん、楽しみすぎて、やりすぎないでね。ベラミのジャングルのような庭が好きな人もいっぱいいるから」

      「わかります。きれいになりすぎないよう気を付けます」

             ↑

          ベラミあるある

             ↑

           世間と逆

       

      以前、キャバレーで踊っていたKさんのことも書きましたが、人は年齢や肩書ではないな・・・と本当に思います。

      むしろ、年齢を重ねたほうが深く物事を見ることができるのかもしれません。

      ワタシも頑張ろう、好奇心を持ち続けられるネガティブばあちゃん目指して!

               ↑

          あ、ネガティブは忘れないのね・・・

       

       

      そして、池の掃除(第一回)が行われました。

      みんなでワイワイとポンプのエンジンをかけて、池の水を汲みだしていきます。

       

      池の鯉たちも別の池にしばらくお引越し。

       

      底に溜まった泥をしばらく天日で干して・・・とかSさんと話してたら、雨が。

       

      うーーーーん。

      山の水がどんどん池に流れ込んできてます。

       

      せっかく出したのにぃ・・・

       

       

      まぁ、仕方ありません。

      思った通りにはいかないけど、のんびりといきましょう。

      池の掃除はまだまだ続きそうです。

       

       

      という訳で、一緒に池の掃除をしてみたい人募集します。

       

      問い合わせ先 furuyanokobito@yahoo.co.jp まで。

       

       

       

           そんな人いるかなぁ・・・

       

       

      ちなみに、ベラミには池が他にもあります。

       

      お楽しみはこれからだぜ! ← 強がり


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.08 Thursday
        • -
        • 21:00
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        蛇が苦手なので出てこない時期だけお手伝いできます。
        たいしてお役に立ちませんけど・・・。
        「べラミあるある」には笑った。
        • あおき
        • 2017/01/31 11:48 PM
        ありがとうございます〜!

        今度する時は声かけさせていただきますね。
        蛇はあんまり見ませんけど、もぐらや蜘蛛はいっぱいいます。

        ワハハ
        • 古家
        • 2017/02/01 7:31 AM
        コメントする








           

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << April 2018 >>

        secom

        kagi

        yosou

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • こぶのいち終わりました。
          古家
        • こぶのいち終わりました。
          ちょるちょる
        • 8/27はベラミで撮影会
          jyosui
        • フリスタ☆撮影会の出店募集
          古家
        • フリスタ☆撮影会の出店募集
          あおき
        • たまには長文。
          古家
        • たまには長文。
          るんるん
        • 池の話
          古家
        • 池の話
          あおき
        • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
          古家

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR