時間と知恵と経験

0

    <北九州市・ベラミ>

     

    まだ片づけています。

    もう何年目?  三年目・・・えへ。

     

    しかし、ただ処分場に持っていくというレベルではございません。

    ベラミメンバー全員で、着々と知恵と情報を集め、経験を積んでおります。

     

    壊せる家具は壊し、分解できるものは分解、とにかくとにかく分別。

    品物を引き取ってくれそうな人がいたら声をかけ、引き取り又は買ってくれるところを探します。

    時間も手間もかかるけど、それは無駄にはなりません。

     

    先日、そうやってためにためた金属類を友人に手伝ってもらって売りに行きました。

    もう何回目でしょうか。

     

    どうしようもないほどたくさんあった食器も買ってくれるところが見つかりました。

    処分したらどれだけお金がかかったかわかりません。

    有り難い、有り難い。

     

    時間はかかるし、分別中保管しておくのに場所もとるけど、ベラミは着々と片付いています。

     

    きっとほとんどの人はお金を出して、さっさと回収してもらう方がいいと思うでしょう。

    時間も手間もかけずに効率よくやる方がいいと思うでしょう。

    そうはしませんでした。

     

    なんといっても、大家さん、のつくケチですからね〜

     

    そして

     

    「ここの苔と草はそのままでいいから! いい味出してるから!」と訳の分からんこと言い出す大家に

     

    「うん、わかる。でもこの枯れ葉は汚いからいらないよね!溝は出しとこ」

     

    と、綺麗になりすぎない微妙なラインを探してくれるメンバー。

     

     

    ほら、ここの苔。

    ここまで来るのに時間かかってるでしょ。一度剝がしたら、後で再生したくてもなかなか作れないんだよ!

          ↑

       ・・・・ホントにめんどくせぇ・・・

     

    片付けの途中で、ふとSさんが着々と掃除してくれている池を見たら、底が明らかにきれいになってました。
    一度茂りすぎた植物を整理し、元の状態を探ってくれています。
    山からの水がサラサラと流れて来るのがわかり、もともと配置された石が見えて、気持ちよく感じられました。
    庭ってすごいですねぇ。
    時間をかけて自然がつくりあげるものと、人の手と知恵で人工的に作りあげるもの。
    それぞれにせめぎあい、調和しあいます。
    過去の作り手の想いと時間の重みが交じり合うようです。
    きちんと整えられた庭には作れないこの雰囲気・・・ベラミ山荘の持つ魅力のひとつ。
    頼まなくても、気が付いた時に(やりすぎず)掃除してくれる、入居者さんたち。
    ベラミ山荘を大切に思ってくれる友人の皆さん。
    応援してくれるたくさんの人たち。
    お陰様で少しずつ少しずつ、光と影のバランスをとりながらも気持ちよい場所になっていきます。
    これからも変わり続けますよ。
    やがて来る、3回目の春が楽しみです。

    ポストカード第六弾、その他いろいろお知らせ。

    0

      <北九州市・ベラミ>

       

      先日、福岡市内のギャラリールーモに遊びに行きました。

       

      2/7から2/19まで(13日は休み)、有楽映画劇場の秘蔵ポスター展が行われています。

      以前小倉のギャラリーソープさんでポスターを見たことはあったのですが、今回初めて見るものもたくさんありました。

       

      ギャラリールーモさんは、今どきのフラットでお洒落な古書店のイメージだったのですが、

      その奥のギャラリーで、こんな昭和というか、映画というか、エネルギーと情念の詰まった独特の空気の展示を持ってくるとは・・・いいんでしょうか、店主さん、なかなかの度胸(← どういう誉め言葉)。

       

       

      福岡市で入場無料でゆっくりピンクな世界に浸れるのもそんなに無いと思います。

      面白いものが好きな方はぜひ。

       

        ギャラリールーモ

        〒810-0023 福岡市中央区警固1-12-5-201
        Tel/Fax092-215-0115
        営業時間:12:00-20:00 月曜定休

        http://www.gallery-lumo.com/

       

       

      そして隣の書店も覗いてください。

      現物のポスターが売られています・・・復刻じゃないんです、現物。いいの?いいの?

       

      そしてなぜか、その隣にキャバレーベラミの出演者名鑑ポストカードもそっと売られております。

      申し遅れましたが、第六弾も出来上がりました。

      2017年2月現在、30種類となっております。

       

      ポストカードとは関係ないのですが(← もっとポストカード宣伝しろよ!!)

      書店の中を上から下まで見てると、なつかしい題名がありました。

      フーコーの「性の歴史」シリーズ。

       

      かれこれ30年以上前、図書室の本をどんどこどんどこ読んでた女子高校生時代。

      そんなに本が好きなら、と司書の先生が新しく図書室に購入する本の一部をワタシに選ばせてくれたことがありました。

      もう嬉しくて、こんな本があったら絶対面白いと選んだのが「性の歴史」(あ、もちろん他にも普通の本も選んだけどね)。

       

      もちろん学校側からこれはダメと言われ、男性教諭からニヤニヤ笑いながら「お前、こんなの興味あるのか」と言われて、悔しいやら恥ずかしいやら。

       

      でも今考えても、なかなかのセレクトではなかったかと思うのです。

      言っときますが、「性の歴史」はものすごく真面目な研究書なんですよ。

      あははは!

       

      *******************************

       

      <その他のお知らせ>

       

      5月あたりに、ギャラリールーモでキャバレーベラミの写真展示を予定しています。

      福岡市でも展示ができたらいいな、と思っていたら、いろいろとご縁が繋がりました。

       

      また詳しい日時・内容が決まりましたらお知らせします。

      楽しみにお待ちください。

       

       

      また、先月ベラミ山荘にテレビ取材が入りました。

      他にもあちこち取材しているらしいので、どれだけベラミ山荘が映るかわからないのですが(もしかして30秒くらいかもしれません)、良かったら見てみてください。

       

        ●「空から日本を見てみよう+」BSジャパン(テレビ東京のBSチャンネル)

        ● 放送予定日 :2017年3月21日(火)、28日(火)

        ● 放送予定時間 :20:00〜20:55

       

       


      池の話

      0

        <北九州市・ベラミ>

         

        寒いですが、ちまちまと、ベラミ山荘動き出しております。

         

        まずは片付け。

        売れるものは売り、引き取ってもらえるものはできるだけ持っていきます。

        大変ですが、少しずつでもやるしかありません。

        みんなに協力してもらいながら、梱包したり分別して処分したりしています。

         

        そして一階の痛みの激しい部分の補修を、いろいろな人の知恵を借りながら取りかかろうと思います。

        一階は湿気が多く、せっかくの部屋も活用できていません。

        もったいない。

         

        周りが山で、水気があるのは仕方ないです。自然と近いというのはこういうこと。

        けんかにならないようお互いに譲る、そういう道を探していきましょう。

         

        そんなベラミ山荘のゆったりした動きの中に、また一人の男性が加わりました。

        キャバレーベラミの時代を知っている、70代のSさん。

        テレビを見て懐かしくて訪ねてこられ、昔キャバレーベラミの関係者の方にお世話になったと、いろいろな話を聞かせてくれました。

         

        今のベラミ山荘を見て、このブログも全部(!)読んでくれたそうで、「自分にできることがあったらやりたい」とも言って下さいました。

        とはいえ、そう簡単にご厚意に甘えるようなことはできません。

        なにもお返しできるようなことはないし、年齢的に怪我でもしてしまったらと心配が先にありました。

         

        でも池の汚れが気になっていたSさんは、素人ながらいろいろと調べてくれました。

        そして何度もベラミに足を運び、ベラミのみんなの話にも耳を傾け、用意できる道具を集め、具体的にどうしたらできるかを考えてくれました。

        そして「もし大家さんが許してくれるなら、池の水を一度抜いて、掃除をしたい」と言ってくれました。

         

        ワタシ、それほどに真剣に、そしてベラミ山荘らしさを考えながら丁寧に、かつ自分らしく取り組もうとしているSさんが、すごいと思いました。

        何かに取り組もうとする時、年齢とか経験とか知識とかは最初は関係ないんですよね。

        「やろう! さぁ、そのためにどうしたらいい?」って楽しむ気持ちなのだと思います。

         

        それに、自分の気持ちで動くだけでなく、少し引いて周囲の気持ちも同じくらい汲み取ることができるSさんなら、池と鯉を任せてもいいと思いました。

        もちろん、無理のない範囲で、怪我には十分注意してもらって、力仕事はベラミの皆で協力していきます。

         

        「この庭はよく考えて作られてるよ! 排水の流れをずっと調べてたけど、楽しくてねぇ。こんな素人にチャンスをくれてありがとう!」

        「Sさん、楽しみすぎて、やりすぎないでね。ベラミのジャングルのような庭が好きな人もいっぱいいるから」

        「わかります。きれいになりすぎないよう気を付けます」

               ↑

            ベラミあるある

               ↑

             世間と逆

         

        以前、キャバレーで踊っていたKさんのことも書きましたが、人は年齢や肩書ではないな・・・と本当に思います。

        むしろ、年齢を重ねたほうが深く物事を見ることができるのかもしれません。

        ワタシも頑張ろう、好奇心を持ち続けられるネガティブばあちゃん目指して!

                 ↑

            あ、ネガティブは忘れないのね・・・

         

         

        そして、池の掃除(第一回)が行われました。

        みんなでワイワイとポンプのエンジンをかけて、池の水を汲みだしていきます。

         

        池の鯉たちも別の池にしばらくお引越し。

         

        底に溜まった泥をしばらく天日で干して・・・とかSさんと話してたら、雨が。

         

        うーーーーん。

        山の水がどんどん池に流れ込んできてます。

         

        せっかく出したのにぃ・・・

         

         

        まぁ、仕方ありません。

        思った通りにはいかないけど、のんびりといきましょう。

        池の掃除はまだまだ続きそうです。

         

         

        という訳で、一緒に池の掃除をしてみたい人募集します。

         

        問い合わせ先 furuyanokobito@yahoo.co.jp まで。

         

         

         

             そんな人いるかなぁ・・・

         

         

        ちなみに、ベラミには池が他にもあります。

         

        お楽しみはこれからだぜ! ← 強がり


        ベラミ山荘情報まとめ

        0

          <北九州市・ベラミ>

           

          ベラミ山荘の情報をおおまかにまとめてみました。

          道順について ⇒ (一部、写真が古いところがあります)

          地図も貼っておきます。

           

           

          見学について ⇒

           

          入居者募集について(福岡R不動産) ⇒ 

           

          短期利用料金について ⇒

           

           

          普段は門に鍵がかかってますので入れませんが、店舗の営業日には門が開いております。

          どの店舗も営業日・時間が不定期ですので、事前に問い合わせいただきますよう、どうぞよろしくお願い致します。

           

          ・ガレージ calocalo(カロカロ) アンティーク家具販売・修理

           

          ・母屋 二階 中庭側 ROLLIN’(ローリン) アメリカンヴィンテージ雑貨・家具

           

          ・母屋 二階 奥  THE LODGE(ザロッジ) 古着

           

          ・母屋 カウンター furuyanokobito@yahoo.co.jp  キャバレーベラミ出演者名鑑ポストカード販売

           

           

          ****************************************

           

          12/30のガレージセール、無事になんとか終えられて、ほっとしております。

           

          お忙しい中、来場いただいたお客様、本当にありがとうございました。

           

          前回のベラミ市も来られていた方や、お友達を連れて来て下さった方、豆ごはんを見てポストカードを買いに来られた方もたくさんいらっしゃいました。

          少しの時間でもお話しできたり、ベラミ山荘を楽しんでいただいたり、食器など持ち帰っていただき、嬉しかったです。

           

           

          今回は最終処分でしたので、儲けは度外視でした。

          中庭にずらりと並べた食器は、すべて無料で持ち帰り自由。

          人手も足りないので、かごや新聞紙を庭に置いて、お客様で包装してもらいました。

           

          10時過ぎてしばらくたった頃だったでしょうか。

          お客様がちらほらとやって来てそれぞれ好きなものを選んでるのを見ながら、

          「ふぅー、なんとか準備間に合った・・・」と一息ついて、友人たちと話している時、

          小さなこどもが庭の池のそばのカッパに近寄っていくのが見えました。

           

           

          ハッ!

           

          しまった!!

           

          カッパは売る気ないのに、何もせずに置いたままにしてた!

           

          一瞬で頭を駆け巡る妄想。

            「ママ〜、これ欲しい〜」

            「あら〜、このカッパ可愛い♡ うちの庭に飾る? ここのものは無料で持ち帰りOKだって〜」

           

            「ち、ち、違います、お客様!

            それはベラミのアイドルなんです!

            売ることはできません!」

           

            「え? だって、庭のものって全部無料って書いてあるじゃないですかぁ〜」

           

            「そ、それは・・・」

           

            「じゃ、持って帰ろうね」「やったーママ、カッパだ〜」

           

            「待って、待ってください、

             あぁ、お、お客様ぁあああ! 」(←ここまでが妄想です)

           

          いきなりマジックと養生テープを掴むと、庭に飛び出すワタシ。

          あっけにとられて見守る友人たち。

          とことことカッパに近づく子ども。

           

          お母さんは・・・まだカッパに気付いてない。
          よっしゃ、間に合ぇぇええーーー
          ガーッと駆け寄って、「非売品」と書きなぐったテープをデカデカと頭の皿に貼りつけ
          いたいけな子どもを驚かせないよう、古家はそっとカッパから離れました。
             
          背中に聞こえて来たのは
          「これ、カッパ?」
          「あ、このカッパ非売品だって〜」
          「ふ〜ん、そっか」
            
          よし、これで大丈夫・・(フッ)
                ↑
             なんかさ、力入れるところを根本的に間違ってね?

           

          午後からは出店してくれたRUKKAさんがチェーンソーを持って来てくれたので、ずっと開拓しようと思っていた駐車スペースの上を少し伐採しました。

           

           

          そこは昔バンドの演奏場所になってたところで、傾斜がゆるやかに広がり、木の隙間から海が少しだけ見渡せる場所でした。

          ここもなんとかきれいにして、ゆっくり眺めを楽しんだりできたらいいな〜と思っています。

          タイニーハウスとかツリーハウスとか建てられたら素敵だなぁ、ムフフフ〜( ←本当に妄想だけは一人前)

           

           

          余談ですが、ガレージセールのことを聞いたワタシの実母が「たくさん作ったから、これも売りなさい」と持たせてくれた、手作りパッチワークの小物やバッグも隅っこで売ってました。

          販売価格がよくわからず3つまとめて格安で売ろうとしてたら、お客さんから「あの・・・本当にこの値段でいいの?」と聞かれ、友人たちからは「安すぎる、いくらなんでもひどい」と言われ。

           

          途中から値段を上げましたが、それでも喜んで買っていただきました。

          実母はこのブログの存在を知らないのでバレてませんが、「どげんね、いくらで売れたね?」と聞かれたらと思うとドキドキします・・・あぁ、ごめんなさい。

           

           

          最後に、こんなワタシにつきあって、一緒にガレージセールを盛り上げて下さった出店の皆様、

          ご理解・ご協力下さった近隣の皆様、

          宣伝して下さった友人の皆様、ベラミファンの皆様、

          そしていつも手伝ってくれる家族、入居者のみんな。

           

          ほんとにほんとに、皆さまのおかげで助かりました。

           

           

          またこれからも頑張ります。

          重ね重ね、ありがとうございました。

           

           

                    古家しょう子

           

           


          ガレージセール終了しました。

          0

            <北九州市・ベラミ>

             

            2016年、12/30

             

            ベラミ山荘ガレージセールは無事に終了致しました。

             

            いきなり開催を決めたので準備時間も人手も足りず、品物もあまり無いからと遠慮して、

            ほとんどfacebookとブログだけの宣伝しかしていませんでした。

            年末だし、お客さんは少ないだろうし、こじんまりしたガレージセールでいいやと思っていました。

             

            しかし、12/28のRKBの「豆ごはん」のディープスポット対決コーナーにベラミ山荘を取り上げていただき、

            その反響でポストカードを買いに来てくれた新規のお客様もいらっしゃって、お客様が途切れることがありませんでした。

             

            そして、たくさんの品物がまた新しい持ち主さんへ引き継がれていきました。

             

            本当にありがとうございました。

             

            一緒に出店してくれて、会場を盛り上げてくれた店主の皆様

            Rukkaさま、yan gang brocanteさま、rollin’さま、お疲れさまでした。
            ただ、開催時間が伝わっていなかったり、案内が少ないために道が分からず、かなり迷ってしまったお客様もおられたようです。

            申し訳ありませんでした。

             

            ベラミ山荘の片付け目的のガレージセールは今回で終了しますが、

            また来年も楽しいイベントを考えていきますので、ぜひまた遊びに来て下さい。

             

            では、

             

            体力のないワタシはもう限界。。。。前日からの準備で、気持ちよく疲れ果てました。

            寝ます。。。。

             

             


            ガレージセール会場と駐車場

            0

              <ガレージセールに車で来られるお客様へ>

               

              12/30のベラミ山荘ガレージセールの駐車場は、できるかぎり

               

              高塔山公園の駐車場 にお願いします。

               

              (ベラミ山荘の駐車場と、音楽堂裏は台数が少ないため、

               

              すぐに満車になる可能性が高く、

               

              足の不自由な方や大きいものを買われた方を

               

              優先とさせていただきますので、

               

              ご協力をお願いいたします。)

               

               

              google map で大体の「ベラミ山荘」の場所は見ることができますが、正確な位置ではありません。

              ナビでは山ノ堂町側の狭い急な坂道の途中を案内してしまうようです。

              今回はお客様が多いと予想されますので、混乱を避けるため

               

              必ずナビでは(ベラミ山荘ではなく)、

              「高塔山公園」を目指してください!



              当日は人手が足りず、公園内の要所要所に看板や貼り紙を設置します。

               

              高塔山公園の眺めを楽しみながら、のんびり歩いておいで下さい。

               



              <ベラミ山荘への道順 銑>

              まずは「北九州市若松区 高塔山公園」を目指してください。

               
              ー禪預膓兇鯏呂辰討る場合
              右側車線に入っておきましょう。


              下りてきたら、右折車線へ。


              右折の赤い矢印信号で右へ曲がってください。


              曲がったら、すぐ左車線へ(そのまま直進します)

               

              ★まっすぐ行くと高塔山公園へ登る坂道です。

               

              ヘアピンカーブの途中から右回りの一方通行になります。


              ◎そのまま道なりに上って下さい。

              展望台と駐車場があります。車は公園の駐車場に停めて下さい。



              そこから徒歩で音楽堂へ降りていきます。



              さらに右の方に下りていくと、ベラミ山荘の門があります。

               


              199号線(二島方面)からくる場合

              若松駅西の信号を左折します。

              (もし通り過ぎてしまっても、若戸大橋口の信号で左折して直進してもOKです)
               

              それから、セブンイレブン若松白山店のところで左折します。

               

              あとはまっすぐ高塔山公園に上っていき、,琉篤發痢マークからは一緒です。


               

              ※帰り道は逆に、

               

              セブンイレブン若松白山店前で必ず左折しましょう。


              直進すると若戸大橋口信号は右折できないので

               

              若戸大橋を渡ることになります。

               

              注意して下さい!

               

               


              山の堂町16-5側にきた場合

              山の堂町側の畑の方の道に来てしまった場合、

              山の堂町16-5は、ベラミとは関係のないお宅です!

               

               

              畑の間の道は、近隣の方に

               

              迷惑をかけるので絶対に入らないで下さい!!

               

              ()


              公園のほうへ回ってもらって、高塔山公園へ向かって下さい。



              突き当たるまで直進し、右折して下さい。(一方通行で右にしか行けません)

               

              あとはまっすぐ高塔山公園に上っていき、,琉篤發痢マークからは一緒です。

               

               


              12/28は「豆ごはん」に注目〜!

              0

                <北九州市・ベラミ>

                 

                以前、ベラミ山荘はテレビ取材を受けたことがあります。

                 

                2016年8月17日のRKB「豆ごはん」で、北九州のディープスポットとして登場させていただきました。

                知らなかった、見たかった〜という方はこちらをこっそりとご覧下さい ⇒ 

                 

                そして4か月がすぎ・・・

                 

                2016年12月28日、18時30分からの

                 

                 

                「豆ごはん」に再びベラミ山荘が映ります。えへへへ。

                 

                 

                でも、今回の主役はベラミ山荘ではなく、前回の放送を見てベラミ山荘を訪れて来た一人の男性。

                彼は一体何者?・・・ムホホ

                 

                取材風景をこそこそ隠れて見てましたが、ほほぉ〜と感心したり、笑いすぎて頭が割れそうになりました。

                こんなことがあると、「ベラミ山荘買って良かったな、なんかワタシいいことしたのかも〜」といい気になりそうになります。

                 

                年末も皆様お忙しいかとは思いますが、ひととき、昭和のキャバレーで輝いていた人たちがいたことを知っていただけたら・・・と思います。

                 

                 

                よろしくお願いいたします。

                 

                 

                 

                あ、豆ごはんの情報はこちらです。 ⇒  


                年末のガレージセールのお知らせ

                0

                  <北九州市・ベラミ>

                   

                  今年もいろいろあったなぁ・・・と振り返る暇もない毎日です。

                  でも、ベラミの片付けが進んでません。

                  借りたいと言ってくれる人がぽつぽつと出てきてくれてるのに、こんなことでは使える部屋が足りません。

                  補修するのに時間がない、お金がかかるとか、そんなこと言ってちゃいけませんね。

                   

                  いきなりですが

                   

                  ワタシ、もう一度、処分セールをしようと思います。

                   

                   

                  2016年も残りわずかの

                   

                  12/30、ベラミ山荘にて、ガレージセール

                   

                  を行います。

                   

                  以前のベラミ市にきたことのある方はご存知かと思いますが、

                  とにかく片付け目的なので、がっつり発掘スタイルでお越しください。

                  きれいなものばかりではありません。

                  汚れますので軍手・袋持参していただくと助かります。

                  (新聞紙などは用意しますが、包むのは購入者でお願いします)

                  大きいものを買っていただいたら荷下ろしは手伝いますが、基本持ち帰りをお願いいたします。
                  予約は受け付けません。現地で買う方優先です。

                   

                  値段はつけますが、値段交渉OK。

                  無料コーナーも大量につくる予定です。


                  駐車場はありますが、満車になってたら高塔山公園の駐車場にとめて降りてきてください。

                  こぶのいちとは違い、人手もありません。

                  お客様にはほとんどセルフでやっていただきますが、ご了承下さい。

                   

                   

                  せっかくなんで、一緒になにか売りたいという方は、ご連絡下さい。

                    問合せは  furuyanokobito@yahoo.co.jp  古家まで

                   


                  では商品の紹介です。

                   

                  また詳しいことは、近くなったらお知らせします。


                  ベラミは招く

                  0

                    <北九州市・ベラミ>

                     

                    時々、ベラミ山荘には不思議な力があるんじゃないかと思います。

                    今まで全然関係のなかった人が、ぐいっと引っ張られるようにベラミにやって来て、その人にとって思いがけない転機になることがあるのです。

                     

                    ローリンの昔からの友達で、たまたま久しぶりに会いに来ただけだったのに、ふらっとベラミの一室を借りることになって、いつのまにか管理人になっていたヒデちゃん。

                    高塔山を散歩中にベラミの存在に気付いて門をくぐってから、いつのまにか展示会をやることになった、きのこ姉さん。

                    そういえば、北九州に縁もゆかりもなかったワタシこそ、ベラミに引き寄せられた最初の一人でした。

                     

                    他にもたくさんの、たくさんの人たち・・・

                    ベラミに来てくれた時には「お久しぶり〜」って嬉しくなる顔、顔、顔。

                    ワタシや入居者さんたちとの繋がりはもちろんのこと、ブログやFACEBOOK、テレビ放送、展示や口コミ、地元の方からもベラミを知って来てくれる人たちが増えてきました。

                     

                    今回は、その中でも「キャバレーベラミ」に惹かれてやってきたKさんの話です。

                     

                    **************************************

                     

                    先日の「こぶのいち」で、古家ブースでポストカード販売をしました。

                     

                    ここに売り子として立ってくれたのが、Kさん。

                    御年71歳、しかしとにかく若く明るく面白いのです。

                     

                    なんと若い頃「ザ・インパルス」というチームで、キャバレーやホテルでダンサーとして踊っていた経歴の持ち主。

                    当時の衣装をわざわざ自宅から持ってきてくれて、お客さんの記念撮影用にと気前よく貸してくれました。

                    キャバレー時代の話でお客さんを楽しませ、ポストカードもしっかり宣伝してくれました。

                     

                    なにかお礼をしたくても、

                    「どうせ暇だったし、自分も楽しかったからいいの、いいの。ベラミの補修費用稼がないとね」

                    と、笑って帰っていく、ピンと伸びた背中。

                     

                    出会いのきっかけは先日の豆ごはんの放送でした。

                    キャバレーベラミの話や、キャバレーでのショー出演者の写真をテレビで紹介したところ、

                    それをたまたま見て、若い頃を思い出して懐かしくてたまらず、ベラミを訪ねて来たのだそうです。

                    ダンサー時代の話をするだけでなく、ベラミ山荘の雰囲気をすごく気に入って何度も遊びに来てくれました。

                     

                    Kさんのことを豆ごはんの取材でお世話になったディレクターさんに伝えると

                    そこからまた話が広がり、Kさんへのインタビュー撮影が10月中旬にベラミ山荘で行われました。

                     

                    それは、年末の12月28日(水)の豆ごはんで放送されます。

                    楽しみです!

                    (なんと、金粉ショーも見れますよ、フフフフフフ)

                     

                     

                    少しだけ昔なんだけど、全然知らないキャバレーの世界。

                    片付けで出て来た、たくさんの封筒の中の写真たちが繋げる不思議な出会い。

                    もしかしたら、この先も面白いことが起きていくかもしれません。

                     

                    この家を買ってから、自分ではたいしたことをしようとは全然思ってないのに、周りの状況に流されて、慣れないことをやってばかりです。

                    またそれが次につながっていき、面白いことばかり起きるので、やめるタイミングがありません。

                     

                    「ワタシには無理だよ〜、誰かほかの人がやった方が絶対いいのに〜、ワタシは大家なのに」と泣き言をいう度に

                    友人たちは口をそろえて言うのです。

                    「古家さんがベラミを買ってくれて良かった」

                     

                    「そういう物件買っちゃったんだから、仕方ないでしょ!」

                     

                    「あきらめなさい!!」

                     

                    なんだよぉ、もう・・・(涙)

                     

                     

                    カサカサと紅葉の葉を落としながら、ベラミが色っぽく笑ってます。

                    「そうそう。大丈夫よ、またいい人呼んであげるから・・・」

                     

                     

                     


                    11/20こぶのいち終了しました。

                    0

                      三回目の「こぶのいち」、ほどよい曇り(?)の中、無事に終了致しました。

                       

                       

                      展望台からてくてく歩いてきて下さったお客様、

                      前日から準備を頑張ってくれた運営メンバーの皆様、

                      会場を盛り上げて下さった出店の皆様、

                      手伝いに駆けつけてくれたベラミファンの皆様、

                       

                      ありきたりの言葉ではありますが

                       

                      「こぶのいち」に来て楽しんで下さって

                       

                      ありがとうございました!

                       

                       

                      今回は高塔山公園の音楽堂をお借りして、会場を広げました。

                      バナナの叩き売りなどのパフォーマンスやギターの弾き語り、若松のお店と共同での「若松をめぐろう」企画もありました。

                       

                      こぶのいちスタッフにとっても初めての試みで、不慣れな面もいろいろあったかと思いますが、

                      出演者の笑顔とお客様たちの協力のおかげで、楽しく終えることができました。

                       

                      また、公園に遊びに来ていた方も「なんのイベントしてるの?」と遊びに来て下さって、

                      「若松に住んでるけど、こんなところがあるなんて知らなかった」

                      「今度はいつあるの?」

                      と嬉しい言葉をいただきました。

                       

                      お昼過ぎには、赤ちゃんも年配の方も、若松の方も若松じゃない方も、それぞれにゆったりと過ごされていました。

                       

                      もっと写真を撮ればよかったのですが

                      相変わらずバタバタと会場を歩き回っておりました。

                      お手伝いしてるように見せて、実はたくさんのお客さんに舞い上がって落ち着きのないだけだったような・・・

                       

                      天使さんのコーヒー、おいしい弁当にお菓子はしっかりいただきました!

                      でも買いそびれたものもたくさん・・・(涙)

                       

                       

                      カロカロさん周辺は森の中のカフェのようでした。

                      素敵でお洒落なお店が並んだ、緑に包まれた優しい空間・・・おお〜

                       

                      ブルーシートを置いてた頃は産業廃棄物の作業場と誤解され、散歩の人に恐れられていた門(←実話)がすごくカッコよく見える!

                       

                      誰か週末だけでいいから、カロカロの横でカフェしませんかね?

                      現状では必要な設備はないのですが、移動販売みたいなことはできないのかなぁ〜

                      やる気のある人がいたら、ワタシ真剣に相談に乗りますよ。

                       

                      そして、こぶのいちでOPENした、「THE LODGE」。

                       

                      ベラミ入居者はみんな、別に仕事をしていて、その休みに自分のお店を開いたり、活動するスタイルなのですが、

                      「THE LODGE」の店主のK君も同じ。

                      限られた時間でのはじめての店づくり作業に、間に合うのかと心配してましたが、

                      きっちりやってくれました。

                       

                      まだこれからどんどん自分の味を付け加えて進化していくと思います。

                      (写真は撮るのを忘れてたので、ごめんなさい)

                      今後とも、よろしくお願いいたします。

                       

                       

                       

                      こぶのいちが終わって、またベラミ山荘は静かな時間へと戻りました。

                       

                      季節が過ぎるごとに

                      変わらないようで、少しずつ変わっていくベラミ山荘。

                       

                      ぜひこれからも楽しんで下さい。

                      ワタシも楽しんでます。

                       

                       

                      追伸:どこからともなく「古家さんがトイレットペーパー持って歩いてた」とか

                      「古家さんが下着のエプロン着けて笑っとった」とか、

                      変な噂が流れてるようですが。。。。

                      真偽のほどは、来た人だけの秘密ということで。。。



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      secom

                      kagi

                      yosou

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • フリスタ☆撮影会の出店募集
                        古家
                      • フリスタ☆撮影会の出店募集
                        あおき
                      • たまには長文。
                        古家
                      • たまには長文。
                        るんるん
                      • 池の話
                        古家
                      • 池の話
                        あおき
                      • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                        古家
                      • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                        あおき
                      • ベラミは招く
                        古家
                      • ベラミは招く
                        あおき

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode