スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.08 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    6/17.18あじさい祭り、がらくた市は6/18のみ。

    0

      <北九州市・ベラミ>

       

      6/17.18は、高塔山公園全体を使って、あじさい祭りが開催されます。

      普段は静かな公園が、たくさんの人で賑わいます。

       

      この二日間にベラミ山荘に来られるお客様への重要なお知らせです。

       

      6/17.18は高塔山公園全体に

       

      通行規制がかかり、マイカーでは入れません。

       

      その代わりに、若松競艇場から無料シャトルバスが出ています。

       

      また、若松渡船場や若松市民会館前(JR若松駅前)などからも、

      無料シャトルバスが出ています。

      (9時30分から約20分間隔で運行しているようです)

       

      ぜひ無料シャトルバスをご利用ください。

       

      高塔山公園は地図では駅からも近く感じますが、かなり坂道もきついので、シャトルバスを利用して、あじさい祭りをゆっくりとお楽しみください。

      公園全体を歩きながら、あじさいを楽しむことができますし、いろいろと出店やイベントが行われていますよ〜!

       

      (写真が縦だか横だか微妙なのは目をつぶって欲しい・・・)

       

      ベラミ山荘は音楽堂の下にある私有地ですが、駐車場のある門の手前までは高塔山公園の敷地なので、ベラミ山荘だけに用がある場合でも、車の通行は規制がかかります。

      音楽堂裏もあじさい祭り関係者以外は駐車できませんので、ご注意下さい。

       

       

      6/18(日)にベラミ山荘で行われる、

       

      がらくた市のお客様へ。

       

      6/17土曜日はがらくた市はやっていません、間違えないでね!

       

      しつこいようですが、マイカーでは高塔山公園へ入れません。

      ぜひ無料シャトルバスを利用して、あじさい祭りを楽しみながらおいで下さい。

       

      がらくた市のためにマイカーで来たい方は、高塔山公園を大きく迂回する道もあります。

      これは、かなり裏側をくねくねと進む道ですので、十分気を付けておいで下さい。
      https://www.facebook.com/yangangbrocante/photos/gm.1370058329748095/1444924505570167/?type=3&theater
      ただし、ベラミ山荘の駐車場が満車の場合は入れませんので、その場合はどうかどうかご容赦下さい。
      近所への路上駐車(する人はいらっしゃらないとは思いますが)は周辺に迷惑をかけ、今後のベラミ山荘のイベントへの悪影響もありますので、絶対にやめて下さい。

       

       

      初めて行われる、ベラミ山荘でのがらくた市。

      主催のイエンカンさんはもちろん、様々なお店や個人の方が出店してくれるそうです。

       

      ベラミ山荘のお店も、がらくた市のお客様が喜ぶような商品を用意していますので、ぜひ覗いてみてくださいね。

       

      ワタシも、ベラミ山荘に残された着物をこっそり販売しようかと思っています。

      けして高価なものではありませんが、かつてキャバレーベラミの従業員さんたちがみんなで着ていたと思われる、お揃いの着物(浴衣)がたくさんあります。

       

       

      ワタシは残念ながら仕事でおりません(販売は誰かにお願いしときます)が、

      ぜひ遊びに、お買い物に、あじさいの道の散策に、高塔山公園においで下さいませ。

       

      お待ちしております。。。。

       


      6月のベラミ情報

      0

        <北九州市・ベラミ>

         

        6月に入りました。

        高塔山公園は段々と紫陽花が咲きはじめます。

        この美しい風景は、あじさい祭り関係者の皆さんやボランティアさん達が愛情込めて手入れされているからです。

        先日のこぶのいちにも、関係者の方が遊びに来て下さいました。

        若松の話やキャバレーベラミの思い出話、紫陽花の手入れの話など、いろいろとお話しするのも毎年恒例になりつつあります。

         

        6/17、18は高塔山公園であじさい祭りも開催されます。

        この二日間はいろいろなイベントもあり、高塔山全体に交通規制も行われますので、

        ベラミ山荘に6/17.18に遊びに来られる予定の方は注意が必要です。

         

        詳しくは、若松あじさい祭りパンフレットをご覧ください。
        *********************************
        さて、ベラミのイベント情報です。
         

        ●ローリン 【6月営業日】
        6/10(土)、11日(日)
        6/17日(土)
        6/18日(日)ベラミ山荘でがらくた市
        6/25日(日)

         

        ●lodge 不定期のため、Instgramで確認下さい。 


        ●カロカロ 不定期のため、facebookへ直接問い合わせ下さい。

        ●シェアリエ

        6/10日、11日、17日、18日、24日、25日

        開館・利用時間 12時〜17時 入館料・利用料は無料です。

        事前にメールで予約いただけましたら、平日利用も可能です。

         

        シェアリエでは、6月は沖雅也コレクション展が行われます。

        沖雅也ファンの方も、沖雅也を知らない方も、一度ご覧になってみてください。

         

        ●レミントン商店 6/11(日)珈琲の無料試飲サービス

         

        ここで、お客さんには残念なお知らせです。

         

        ツキイチで珈琲の試飲サービスをしてくれていたレミントン商店。

        3ヶ月、ベラミ山荘のお客さんとの経験を重ねて勉強してきましたが、

        6/11のサービスをもって、一旦終了となります。

         

        ベラミ山荘のカウンターで珈琲を入れたいとやって来てくれたレミントンさん。

        いつしか、お客さんたちとも仲良くなって、いつまでもいてくれるように錯覚してしまっていたけど、

        ベラミ山荘で本格的な珈琲を楽しめるのは本当に本当に有り難かったけれど、

        自分の店をいつか出したいのであれば、いつまでも彼の時間や手間、材料、心意気を、無料サービスさせていてはいけないと思いました。

        ワタシとレミントンさんで話し合い、次の段階へ進む意味で、ベラミでの珈琲試飲サービスは終了させていただきます。

        どうか、ご了承下さい!

         

         

        ●そして6月から第三日曜日にがらくた市が始まります。

        今後も定期的に行っていく予定です。

        興味のある方は、主催のイエンカンさんのfacebookをご覧ください。

         

        ↓ 以下一部抜粋です。

        **************************************************

        【ガラクタ市が変わります☆】
        これまでゲリラ的に開催してましたガラクタ市ですが、駐車場問題や日程などを含め、お客様により楽しんで頂くため(もちろん自分も楽しむため💕)会場を変更して開催する事になりました。

         

        ◎会場/若松区ベラミ山荘
        ◎日時/毎月第3日曜日(雨天決行)
        第1回目は6/18sun
        11時〜日没くらいまで

         

        ベラミ山荘が分かりにくかったり、ディープスポット感が高かったりするし、

        始めのウチは集客はそんなに期待出来ないので(すみません)、

        ベラミで日曜日の一日を楽しく過ごせたらいいな☆くらいの感じでのスタートです。

         

        **************************************************

         

         

          

         

        さて、ここまで読んでいただいたベラミファンの皆様にお知らせです。

             ↑

        (長文だと、最後まで読む人はほとんどいないと思っているネガティブ大家)

         

        なんと、7月から二階の最後の和室に入居者が決まりました。

        これで今募集中の部屋は怪しい搭だけとなりました(笑)

         

        でも、ワタシ、それで満足していません。
        ベラミ山荘にはまだまだ可能性があります。
        そして新しい仲間がもっと必要です。

         

        なので

        いよいよ手付かずの一階の補修を本格的に始めて、また一階の部屋の入居募集していこうと思います。

         

        こういうのをなんて言うか。

         

          お、お尻に火がつく…🔥

         

        大がかりな補修のお金がないとか

        片付けする暇がないとか

        言い訳ばかりして、三年ほど先延ばししておりましたが(← コラッ!)

         

        とうとう、やらねばならない時が来ました。

         

        なんとかしなくては。

         

        リノベ好きな皆様には申し訳ないですが、ベラミ山荘にリノベーションは要りません。

        リノベーションしたかったら入居者さんが自分でできることをやればいい。(←それは自由です。大家がする気はないだけなので)

         

        ワタシとしては、一階全体の傷みを補修し、湿気をできるだけ抑えること。

        それも、現状のイメージを大きく変えないで行く方針です。

         

        いろいろな経験者に相談したり、力仕事・体力仕事は協力者を募る形で、進めていきます。

        (借りるとしたら銀行に事業計画持ち込みしますので、クラウドファンディングする気はありません)

         

         

        ワタシの中で、ベラミ山荘のストーリー、新しい章に入っていく気持ちです。

         

        ワタシも含め、ベラミ山荘が好きで集まってくれるたくさんの仲間は、過去ばかりにとらわれるのではなく、

        過去から続く今、そして今から続く、その先になにがあるかワクワクしながら進んでいくんだと思います。

         

        だから頑張るしかありません。

         

        これからも見守って、時に励ましてくださると嬉しいです。

         

                 古家商 古家しょう子


        こぶのいち、終了しました。

        0

          <北九州市・ベラミ>

           

          2017年5月28日、晴天の中、こぶのいち終了しました。

           

          この日はあちこちで運動会が行われていたので、せっかく晴れたけどお客様も少ないかなぁ。。。と心配してました。

           

          のんびりペースで始まり、もうすぐお昼という頃には、いつの間にか公園の駐車場も一杯になっていたようです。

          お客様が道を間違えないように、他の公園のお客様にご迷惑をかけないようにと、暑い中、駐車場係が頑張ってくれました。

           

          回数を重ねるごとに、お客様にも道を覚えていただけたようで、大きな混乱は無かったようです、本当にありがとうございました。

           

           

          いつもは静かな庭が、お客様や出店の皆さんの笑い声やざわめきに満たされていました。

           

          初めてでびっくりしたようなお客様、ゆっくり会場でくつろぐお客様、他のお店を覗いてる店主さんたち(←ん?)、ポストカード販売場所に全くおらずに、なぜかあちこちで話し込んでるワタシ(←なんしとん)。

           

          こぶのいちは蚤の市なんですが、なんだかざわざわしている中でも、のんびりできる不思議な雰囲気があります。

           

          設備はそんなにきれいじゃないし、庭は鬱蒼としてるし、通路は狭いし、坂道ばかり。

          でも、古物を愛しむ店主さんたちのセンスと、食べ物はどれを買っても間違いない。

           

          そして・・・今回はサプライズで仮面ライダーが遊びに来てくれました。

           

           

          本当の仮面ライダーです。

           

          だって、すごくかっこよかったもん。

           

          あっという間に囲まれて撮影されまくる姿。

          ヒーローだからね。

           

          ワタシとしては、次回ぜひ店主さんたちに悪の軍団を演じてもらって(nibblesさんはボスの魔女ね)、謎の塔のところでヒーローと戦って欲しい・・・(←それ、蚤の市じゃねーし!)

           

          あ、いや待てよ、Kさん呼んで金粉ショーとか・・・

          金色の店主たちが塔から何人も降りてくる・・・

           

          面白すぎるやん!ワハハハ!!

          ベラミでしかできないショーだよね!!ヒャハハハ!!

           

              ↑

           

          だから、それ

           

          蚤の市じゃねーし!

           

           

          妄想が暴走して、笑いが止まりませんでした。

           

          あ、

          スミマセン、もちろん本気じゃないですから!

          店主さんたち、怒らないでぇー

           

          こぶのいちは終わりましたが、またお店にもベラミ山荘にも遊びに来て下さいね。

           

          そしてまた、ベラミ山荘は静寂に包まれます・・・・(土日は多分開いてますけど)

           

           

           

           

           


          キャバレーベラミの記憶展、5/21まで。

          0

            ギャラリールーモでの「キャバレーベラミの記憶展」、とうとう5/21(日曜日)までになりました。

             

            すでにご来場いただいた皆様、5/13に行われたトークイベントに参加いただいた皆様、ありがとうございました。

             

            会場の隅に置かれたノートに、お客様が「面白かったです」と書いてくれているのを見て

            なんかじーーーんとしている、昭和生まれのワタシであります。

             

            5/13のトークイベントは、大勢のお客様がいらしてくれて、ワタシは自分のことでもないのに始まる前からどぎまぎしてました。

             

            キャバレーの舞台で踊っていた「ザ・インパルス」の木村夫妻。

            ベラミ山荘を訪ねて来てくれた最初の時から、何度となく話を聞いていたものの、

            写真や映像を見ながらじっくり話しを聞くと、お二人の歴史とその当時の華やかな世界とその背景を支えていた道具や技術、様々に事情を抱えて踊っていたダンサーたちの姿が浮かんできました。

             

            キャバレーという、もうほとんど失われたショーの世界。

            どこかに消えていった、たくさんの女性(と男性)たち。

            木村夫婦にとって、当時は当たり前にあった世界。

             

             

            知らない人にとっては、遠くかけ離れた世界のような気がしますが、訥々した司会のTさんと軽妙な木村さんのトークで、どんどん昭和の時代が引き寄せられていくようでした。

             

            楽しい時間があっと言う間に過ぎ、駆けつけてくれた都築響一さんも一緒に話してもらったのですが

            「こんな貴重なキャバレーの話をリアルに聞くことができるのは、今しかないかもしれません。

            私たちは、今滅ぼうとしていく昭和キャバレー文化を目にしています。

            さ、もっとキャバレーに行きましょう」

            との言葉に、笑いながらも、ぐっ・・・ときました。

             

            「滅ぶ」って、さみしい響きです。

            でも、身の回りでもいろいろなものが失われて消えていくのです。

             

            ワタシの好きな古家もいつの間にか解体され、いなくなります。

            気づかなければ、記録に残さなければ、本当に忘れてしまう。

             

            ベラミ山荘にたまたま残されていた写真を、面白いといって公開してみたら、たまたま訪れた人が目にとめて・・・

            取材されて、それをたまたま見た人が訪ねて来て・・・

            ベラミ山荘をたまたま気に留めてくれた人が、都築さんと回るバスツアーの企画に関わっていて・・・

            ギャラリールーモさんが会場を貸してくれて・・・

             

            そして今。

            いろいろな人たちと昭和キャバレーの世界をひととき味わい、楽しんでいる。

             

            なんてたくさんの幸運や巡り合いや繋がりが、消えようとしてるものを一瞬繋ぎとめてるのでしょうか。

            でも

            細く頼りなくても繋ぐことができるのも事実。

             

             

            興味がある方は、是非。

             

            **********************************

            キャバレーベラミの記憶 展
             5月9日(火)〜5月21日(日)
              open 12:00-20:00
             

             問い合わせはギャラリールーモへお願いします。

             https://www.gallery-lumo.com/

             

            **********************************

             

             


            昭和キャバレーの世界

            0

              <北九州市・ベラミ>

              ギャラリールーモでの「キャバレーベラミの記憶展」始まりました。

               

              (写真はセッティング途中の様子↓ 実際はルーモさんがもっと素敵な展示に仕上げてくれています)

               

              一年前に小倉のギャラリーソープで行った展示とは、また違った構成になっています。

              ダンサーたちの写真は相変わらずの面白さですが、それに「ザ・インパルス」の木村さんの衣装や資料が加わりました。

              華やかさがボリュームアップ!

              前回見て下さった方にも、また改めて楽しんでいただけると思います。

               

              皆さん、「キャバレー」ってお酒飲んでホステスさんと遊ぶところと思ってるでしょ。

              昭和30年代に栄えたキャバレーって、想像してたものと違いますよ!

              なんといったらいいか、娯楽施設ですよ!

              ワタシも木村さんの話や華々しい衣装や写真を見て、びっくりしました。

               

              ちょっとだけ昭和のキャバレーの世界にタイムスリップしに来ませんか。

              (詳細はギャラリールーモさんへ問い合わせ下さい https://www.gallery-lumo.com/)

               

              5/13の木村さんのトークイベントの予約状況を聞いたら、残りわずかだそうです。

              もし締め切られていたらすみません。

               

              **********************************

              キャバレーベラミの記憶 展
               5月9日(火)〜5月21日(日)
                open 12:00-20:00
               ※5/13(土)はトークショー開催の為18:30で展示終了いたします。
               ※5/15(月)は定休日となります。

               

              昭和40年代に全盛を誇った北九州市・若松のキャバレー、ベラミ。高塔山に現存する旧従業員寮跡が、近年『ベラミ山荘』として復活、そこから発掘された貴重な資料や1,000枚以上に及ぶ出演者の写真を一挙大公開!失われた昭和のショービジネスの世界とキャバレー文化を回顧する貴重な展示です。どうぞこの機会をお見逃しなく!

              期間中、トークイベントを開催!

               

              ●5月13日(土) 19:00〜
              「私が見たキャバレーと昭和のショービジネスの世界」

              出 演 | 木村 勝見 氏 (元・日劇ダンシングチーム〜ザ・インパルス)
              参加料 | 1,500円 「ザ・インパルスの見た昭和キャバレーの世界」小冊子付き
              定 員 | 30名(先着順)
              申 込 はギャラリールーモへお願いします。https://www.gallery-lumo.com/

               

              ****************************************

               

              この展示会のために、いつもお世話になってるTさんやギャラリールーモさんが中心となって、冊子を作ってくれました。

               

               

              なんと32ページもある!

              しかも内容が面白い、木村夫妻がカッコイイ!

              ただの説明書きのまとめ位に思ってたワタシ、読んで口がポカンと開いてしまいました。

               

              ちょっとTさん、あなた一体何者・・・(あ、いや、本業でちゃんとしてる人なのは知ってたけど)

              とても嬉野秘宝館のてれっとしたTシャツ着て笑ってる人と同一人物には見えないよ〜

              尊敬しちゃおうかな〜と思ってたら

               

              冊子の最後のページ。

               

              ・・・

               

              ちょっとまて。

               

              なんかいね、ベラミ山荘ムック,辰董

              また出す前提??

               

              木村さんの冊子やろ、ベラミ山荘のことはちょこっと入れてくれただけで有難いのに・・・

               

              Tさん、

               

              ベラミ山荘で思いっきり楽しんどるやろ!

               

               

              木村夫婦も「冊子を売ってベラミの補修費に充てて。こんな出会いやきっかけを作ってくれたのもベラミだから」とニコニコ優しく笑ってくれてる・・・

              ギャラリールーモの店主さんたちは、顔ハメ写真パネルまで作ってくれてる。

              なんだろう、キラキラしてる、皆すごいメンバーだ。

               

              ワタシなんて、写真だけ貼ったら、後は木村さんのトークイベントをのほほんと後ろから見てようと思ってたのに。

              Tさんが「古家さん、今回は気抜いてますよね。トークしなくていいと思ってるからでしょ」と、言うので

              「だって、木村さんが主役じゃん!」と答えたら

              「ダンサー写真はベラミ山荘あってこそ!しっかりアピールしましょう!都築さんが電子書籍も出してくれるんだし」

               

              そうでした。

               

              ベラミ山荘をツアーで訪れた都築響一さんが、ベラミから出て来たダンサーたちの写真に惚れこんで、すべての写真を見れる電子書籍にして販売することになったのです。

              今回の展示会に合わせて、USB版を会場で販売致します。

               

              興味のある方、これですべてのダンサーがあなたのもの♡(←慣れないながらも、一応営業トーク)

               

              *****************************************

               

              ROADSIDE LIBRARY vol.03
              おんなのアルバム キャバレー・ベラミの踊り子たち

              都築響一・編 協力:古家しょう子、寺井到(RKB毎日放送)

              特製USBメモリ版 3,500円(税別)

               

              『秘宝館』『LOVE HOTEL』に続く電子書籍シリーズ「ROADSIDE LIBRARY」第3弾が、ついにリリース。

              題して『おんなのアルバム キャバレー・ベラミの踊り子たち』。そう、2017年2月8日号で特集、予想をはるかに上回る反響を呼んだ北九州市若松のグランドキャバレー・ベラミの歴史と、そのステージを飾った踊り子や芸人たちの写真コレクションである。記事でも200点近い宣伝用写真(ブロマイド)をお見せしたが、今回は発掘されたプリントすべて、数にして約1400枚をすべて高解像度スキャンして掲載、前の2冊を超えて2ギガバイト!というメガ・ボリュームのUSB版デジタル写真集としてお届け!

              (ダウンロード版もあり、詳しくは http://www.roadsiders.com/shop/ )

               

              *********************************************************

               

              どうせなので、グッズ販売もしております。

               

              ベラミのうちわ 100円 とか

              ベラミの手ぬぐい 500円 とか

              ポスタカード5枚セット 500円 とか

               

              入場無料で展示をお楽しみいただいた後は、是非お土産を買っていきましょう。

              うちわや手ぬぐいは汚れもありますが、当時ものなので在庫限りです。

               

              宜しくお願い致します。。。。


              ベラミ山荘への道順

              0

                <北九州市・ベラミ>

                 

                ベラミ山荘の場所は非常にわかりにくいので、5/7は撮影会参加のお客様が迷わないように

                 

                途中途中で貼り紙をしますが、わからなくなったら地図や動画を参考にされて下さい。

                 

                 

                 

                ふもとのセブンイレブン白山店からの道順(動画)

                https://www.facebook.com/ROLLIN-1472725196379286/?fref=ts

                 

                長文ですが、こちらも詳しく説明しています。 ⇒  (一部、写真が古いところがあります)


                広がる世界と閉じる世界

                0

                  <北九州市・ベラミ>

                   

                  ワタシ自身は写真にあんまり興味がないのですが、

                  ベラミ山荘は写真撮る人にはいい場所なんじゃないかなぁ〜と思ってました。

                   

                  以前テレビの取材中で、ベラミで秘密結写のメンバーがあちこちで楽し気に撮影してるのを見て

                  「やっぱり楽しんでくれるんだ〜、撮影の申込が来るかなぁ♡ 人気が出たらどうしよう〜エヘヘ」

                  と思ってました。

                   

                  が・・・

                   

                   

                   

                  静かに時は流れていきました。。。

                   

                    いい子にしてたらいいことある とか

                    果報は寝て待て とか

                    棚からぼたもち とか

                   

                  ただ待ってても、何も起きないんですよ!!(← 今頃気づくんかい!)

                   

                   

                  心も視野も狭くて、妄想だけ逞しい大家がやっと現実に気付いた頃。

                   

                  狭くてディープで、時代の隙間にそっと残されたベラミ山荘の閉じられた世界が

                  ぽつぽつと世間に知られるにつれて、

                  お客さんや入居者さん、いろいろな形で関わってくれる人も増えてきました。

                   

                  ベラミ山荘に集まってくる人たちは

                  実にさりげなく新しいものや違うものを受け入れたり、

                  自分の気持ちを芯にして、惜しげもなく動く人が多いと思うのです。

                   

                  いつのまにか、使えなかったものが、直してくれて使えるようになってたり

                  ワタシには思いつかないことを教えてくれたり、

                  実に楽しそうにいろんな企画を実現してくれたり

                  ベラミが好きそうな人を連れて来てくれたり、紹介してくれたり

                  初めて会ったお客さん同士でも交流が始まってたり

                  入居者さんたちがベラミという場所で経験を重ねて、次第に表情が馴染んでいく。

                   

                  ベラミという閉じられた世界の中なのに

                  ゆっくりだけど確実に、なにか変わりつつあるのを感じます。

                  うまく言えないけど、ワクワクします。

                   

                  あんなに寂しくて、暗闇に眠っているようだった場所が

                  いろんな人を引き寄せていく。

                  それを傍で見ていられるなんて、なんて面白いんでしょう。

                   

                  いつか形のあるものは傷み、壊れ、崩れ、失われていきます。

                  でも大切なものは形を超えたところにあるから、変化を恐れてはいけないと最近自分に言い聞かせています。

                   

                   

                  ワタシは膨大な緑や荷物に埋め尽くされた最初の頃のベラミも大好きでした。

                  誰も借りてくれなかったら、静かに崩れていくのを見届けてもいいやと覚悟してました。

                   

                  でもベラミ山荘として再生の道を進んでいく以上、今後ベラミ山荘で過ごす人たちのために、

                  一部を壊したり片づけたり、手を入れて新しくしていくことも必要になるでしょう。

                  (ワタシのことですから、リノベーションみたいに全体のイメージを変えるようなことは絶対しませんが)

                   

                  そういう時期にさしかかった気がします。

                   

                  頭でわかってても、なんだか寂しくて、段々と変わるベラミの姿を忘れたくないのも本音です。

                  だから、写真はいいなぁ・・・と思いました。

                   

                   

                  ワタシは写真はうまく撮れないけど

                  ベラミ山荘という素材を使って、なにかの作品にできる人がきっといると思いました。

                  そしたら変わっていくベラミの欠片がどこかに残っていくかもしれない・・・

                   

                  だから、時々片付けを手伝ってくれるカメラマンの友達に頼みました。

                   

                  「今のベラミを、ここの雰囲気が好きな人に撮ってほしいから、撮影会しよう!」

                  「うん、やろう! だって絶対ここ楽しいもん」

                  「・・・お客さんあんまり来ないかもしれないけど、いいかな?」

                  「お客さん来なかったら、好きな場所で好きなだけ撮ってるから心配ないよ。だってベラミって、撮るとこいっぱいあるもん」

                   

                  一回目の撮影会は確かにお客さんは少なかったけど、撮影をみんなが楽しんでくれました。

                  「またやろう」「次も参加したい」と言ってもらえて、いい気になり、二回目の開催となりました。

                   

                  何ごとも、ホントにやりたいことは(儲からなくても)続けることが大事。

                  そんなに宣伝もしてない(口コミとブログとfacebookぐらい)けど、

                  続けていって、興味のある人が段々来てくれたら嬉しいな〜と思います。

                   

                  中庭は草花があちこちに伸びて、ほんわり。

                   

                  お天気も良さそうですし、レミントン商会の珈琲サービスもありますし、ベラミのお店も開いておりますので、気軽に遊びに来て下さい。

                   

                  「第2回 ベラミ✖︎フリスタ☆撮影会&写真教室」

                   

                   開催日:5月7日(日曜日)
                   場所:ベラミ山荘
                   時間:10:00〜15:00(途中参加OK、当日参加OK)
                   参加費:一人1000円

                   

                  当日はカメラ(一眼カメラ、コンデジ、スマホなんでも可)を持参してください。
                  ベラミ山荘を自由に撮影できます。

                  普段は立入禁止の場所も撮影可能ですので(詳しくは受付で説明します)、

                  茂みや埃の多いところに入りたい場合は、長袖(虫もだいぶ出てきました)や動きやすい靴、汚れていい恰好をお勧めします。

                   

                   

                   

                  ************************************

                   

                  ちなみに、5/7に出店募集してみましたが、今のところ雑貨屋さん一軒とワタシの母の手作り品販売の予定です。

                  どうせなら、たくさん売れ残ってる着物(高価なものではないですが)でも出しましょうかね〜

                   

                  ベラミへの道順は、また改めてお知らせします。

                   


                  フリスタ☆撮影会の出店募集

                  0

                    <北九州市・ベラミ>

                     

                    「第2回 ベラミ✖︎フリスタ☆撮影会&写真教室」いよいよ近づいてまいりました。

                     

                     開催日:5月7日(日曜日)
                     場所:ベラミ山荘
                     時間:10:00〜15:00(途中参加OK、当日参加OK)
                     参加費:一人1000円

                     

                    当日はカメラ(一眼カメラ、コンデジ、スマホなんでも可)を持参してください。
                    ベラミ山荘を自由に撮影できます。

                    普段は立入禁止の場所も撮影可能ですので(詳しくは受付で説明します)、

                    茂みや埃の多いところに入りたい場合は、長袖(虫もだいぶ出てきました)や動きやすい靴、汚れていい恰好をお勧めします。

                     

                     

                    また、この日はレミントン商会さんの珈琲試飲サービスもあります。

                    レミントン商会さんは AM11:00くらいから17:00 まで。

                    ベラミ山荘の母屋バーカウンターにて提供されます。

                     

                    写真撮影したい方も、そうじゃない方もベラミ山荘でのんびり楽しんで下さいね。

                    お待ちしております。

                     

                    前回、ベラミ山荘に残されていたモーニングとドレスを参加者さんに着てもらって撮影しました。

                    今どきのコスプレとは違いますが、昭和の雰囲気らしくてベラミに似合うな〜と思い、

                    探してみたら、ベラミの従業員さんのジャケットがありました。

                     

                    だいぶ傷みがありますが、着たい方はどうぞ〜

                     

                    < 募 集 >

                    久し振りのイベントなので、駐車場や中庭の空いたスペースで誰か気軽に出店しませんか。

                    (場所の提供のみ、料金は無料です)

                    思いつきのお試し企画なので、特にジャンルは問いません。

                     

                    出店希望の方は、出店者の名前・連絡先・やりたい内容を

                    三日前までにベラミ山荘のfacebookページにメッセージしていただくか、古家のメールアドレスへ連絡下さい。

                     

                    問い合わせ先 furuyanokobito@yahoo.co.jp(古家)

                    出店についての連絡先は Free Style Photohgraph ではありませんので注意!!

                     

                    2日以内に折り返し返信致します。

                     

                    ちなみに、ベラミ山荘の周りには飲食店がほとんどないので、参加者でお昼にお弁当を希望する方は、

                    前日までにお知らせいただければ、ワタシかダンナさんが地元のお店で買ってこようかな〜と思ってます(弁当代は実費)。

                     

                    今回はどんな方にお会いできるかな〜

                    楽しみにしています。


                    シェアリエ登場、4月のベラミ情報

                    0

                      <北九州市・ベラミ>

                       

                      春が来ましたね〜

                      ベラミ山荘として三度目の春。

                       

                      段々とディープスポットとして認知されてきてる今日この頃。

                      これでいいのか、どうなのか、最近よくわからなくなって来ましたが、このままじりじりじりじりと進もうと思います。

                       

                      だって、また面白い入居者さんが入ったからね〜ムホホ

                       

                       

                      新しく和室に入居した「シェアリエ」

                      奥は、昭和40年代〜のヒーローたちの展示で、かつてテレビに夢中だった大人たちはワクワクしたり、懐かしくてたまらないコーナーです。

                      が、実はレトロギャラリー(展示品は売り物ではありませんのでお間違え無く)だけではありません。

                       

                      「シェアリエ」はフリースペース。

                      主催のIさんは、ここで誰かと一緒に夢を実現していくきっかけをつくることをめざしています。

                      年齢、経験も不問。
                      不登校、パワハラなどでひきこもりがちのかた歓迎します。

                       

                      フリースペースで一緒になにか作るもよし。

                      プラモ、絵画、イラスト、漫画、粘土彫刻、自主映画製作などなど、やりたいことを相談してみて下さい。

                      利用料は無料です。開いているのは、土日祝日の12時〜17時。

                       

                      Iさんは以前から「シェアリエ」をやりたくて場所を探していたところを、ベラミ山荘の入居募集を見て、古家商のブログも読み、「ベラミ山荘の古家さんって人を見る目があるに違いない」と思い込んだらしいです。

                              ↑

                           ちょっと待て、一体全体どうしてそうなった・・・???

                       

                      初めて会った時に、すごく緊張して赤い車から降りて来たIさんを見た途端、ワタシはピーンと「あ、面白いことがはじまりそう!」と思ったのでした。

                       

                      ワタシに人を見る目があるかは大いに謎ですが、勇気を絞り出して自分らしく進んでいく人は姿や話し方にちゃんと現れます。

                      ベラミ山荘は他にも個性豊かで頼もしいメンバーが揃ってます。

                      そしてやってくるお客さんも様々。

                      これから、「シェアリエ」のストーリーにどんなことが起きて来るのか、予想もつかない。

                      でもそれだから、楽しみです。

                       

                       

                      皆さん、ベラミに遊びに来たら、「シェアリエ」も覗いてみて下さいね。

                      待っています〜

                       

                       

                      **********************************

                       

                      さて、四月のベラミ情報です。(←あのね、もっと早く出さないといかんやろ!)

                       

                      ROLLIN’ 営業日 9(日)、15(土)、16(日)、29(土)、30(日)

                         *23(日)パン博に出店のため、ベラミ山荘の店舗はお休み

                        詳細・問い合わせ⇒ https://www.facebook.com/ROLLIN-1472725196379286/?fref=ts

                       

                      calocalo 営業日 ショールームにて、4/15、16、22、23日イベント予定

                        詳細・問い合わせ⇒ https://www.facebook.com/calocalo-282865775148602/?fref=ts

                      THE LODGE 不定期
                        詳細・問い合わせ⇒ Instagram 「Lodgeusedclothing」にて検索
                         *23(日)パン博に出店のため、ベラミ山荘の店舗はお休み
                      シェアリエ 営業日 15,16日、22,23日、29,30日
                        詳細・問い合わせ⇒ https://www.facebook.com/kotare.v3/?fref=ts
                      レミントン商店 珈琲の無料試飲会 16日(日) 
                        詳細・問い合わせ⇒ https://www.facebook.com/remintonshop/?fref=ts  
                      注意:予定は変更になることもありますので、各店舗のお知らせ等でご確認下さいませ。
                      ***************************
                      また、今のところの5月の予定は、
                      5/ 7(日) ベラミ×フリスタ写真撮影会(二回目)開催
                      5/28(日) こぶのいち
                      また、福岡市内のギャラリールーモにて、「キャバレーベラミの記憶」を5/9−21に開催いたします。
                      詳しくは後日お知らせする予定です、お楽しみに!
                      展示・イベント・撮影・演奏・レンタルスペースなど、興味のある方は気軽に問合わせ下さい。
                       
                        
                      問い合わせ先 furuyanokobito@yahoo.co.jp(古家)

                      残しておいてね

                      0

                        <北九州市・ベラミ>

                         

                        やっぱり、ワタシ自分は変な大家だと思うのです。

                         

                        古家が好きで

                        入居して欲しくて

                        そのために、ブログやら内覧会やらするわけなんですが

                         

                        たくさんの入居希望が無くても

                        きれいじゃなくても

                        一般的に価値がないと思われても

                        別に構わないのですよ。

                         

                        住みたいと思わなかったらそれでいいし

                        リノベーションして沢山の人が「おお〜っ」と見に来るより

                        一人でいいから「ここが好きだから」ってずっと楽しく住んでくれればいいのです。

                         

                        あ、もちろん家賃はきちんといただきますが。

                         

                        先日、庭の管理人のSさん改め、カウじい(←カウボーイハットがトレードマークだから)と話していて

                        中庭の鯉の池や、藤棚のまわりをああしようこうしたいと話しているとき

                         

                        ワタシ、「ザリガニ池の周りは、そのままがいい。きれいにしなくていいの」と

                        我儘を言いました。

                         

                        ここ最近、お客さんが通るところや中庭は、カウじいの絶大なる協力によりサッパリしてきました。

                        鯉も池がきれいになって、嬉しそうに泳いでいます。

                        ツタに隠れたタヌキのカップルまで発掘されました(←見るとびっくりするレベル!)。

                         

                        ワタシではとてもここまでできませんでした。

                        もちろん、プロの庭師に頼んだらやりすぎるのがわかりきってるので頼めません。

                        コツコツ楽しみながら、ワタシの意向も受け止めてくれるカウじいのおかげです。

                         

                        お客さんのこと、これからのベラミのために、庭の印象は大切。

                        実は建物と同じくらい重大な要素なのです。

                        綺麗に明るくしたらいい・・・と普通は思うでしょう。

                         

                        お客さんの通らないザリガニ池の周りは木々は伸び放題、ツタも伸び放題。

                        ザリガニ池も汚いし、ジャングル状態。

                        足元も危ないので、通常は立入禁止です。

                        DSC_0454.JPG

                        もともとは立派な日本庭園でしたから、綺麗にしたら絶対いい庭になる。

                        わかってます。

                        本当はその方がいいのでしょう。

                         

                        DSC_0949.JPG

                         

                        でも

                        今のまま残しておいてほしかったのです。

                         

                        一番最初にベラミを見た時の、あの怖いような、ここ大丈夫かな・・・とドキドキした気持ちで入ってきた気持ち。

                        探検していくようなワクワクした気持ち。

                        その濃い緑の中からぬっと現れる塔。

                        あの時にワタシはベラミに憑りつかれたのです。

                         

                        長く放っておいておかれたおかげで、植物たちはギリギリまで枝を伸ばし葉を伸ばし

                        埋もれた石段や小道の間に時間が作った秘密の気配。

                         

                        DSC_0258.JPG

                        本当に怖いほどに美しいと思いました。

                        命に溢れていました。

                         

                        草が茂っても葉が積もっていても

                        生き残る植物たちはしたたかにバランスを保ち

                        朽ちて倒れた枝にも菌が繁殖し、別の生き物の温床となり自然に帰ってく。

                        DSC_0953.JPG

                        2015012502_n.jpg

                        (今はもう少し歩きやすくなってます)

                         

                        これからベラミを訪れる人で、興味がある人にはあの気持ちを体験してほしい。

                        それができる場所も残しておきたいのです。

                        全部を綺麗に整えてしまったら、もう二度とあの気配は感じられません。

                         

                        これから入居者さんたちによってベラミは変わっていくと思うし、それがいいと思います。

                        明るく開いた場所になっていくかもしれない。

                        大家さんは家賃をもらえれば口出ししない方がいいのかもしれない。

                         

                         

                        でも!

                        我儘でもいい。

                         

                        ベラミは狭くてわかりにくくてディープ、だからこそ、そこに足を踏み入れる人にドキドキしながら楽しんでほしい。

                        テレビやネット情報だけでは伝わらない部分、それを大切にしたい。

                        一般受けとか、ワタシ実はよくわからないんです。
                         

                        ただ、自分がいいと思ったものを、それを探してる人に伝えたり渡していくと

                        いつか自分に別の形で返ってくる気がするのです。

                         

                         

                        やっぱり変ですよね。

                         

                        ま、そういう大家が残っていくというのも、面白いではありませんか。

                        アッハッハ!

                         

                            ↑

                          (エッ、残れると思っとんかい!)



                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        2930     
                        << April 2018 >>

                        secom

                        kagi

                        yosou

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • こぶのいち終わりました。
                          古家
                        • こぶのいち終わりました。
                          ちょるちょる
                        • 8/27はベラミで撮影会
                          jyosui
                        • フリスタ☆撮影会の出店募集
                          古家
                        • フリスタ☆撮影会の出店募集
                          あおき
                        • たまには長文。
                          古家
                        • たまには長文。
                          るんるん
                        • 池の話
                          古家
                        • 池の話
                          あおき
                        • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                          古家

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR