11月のベラミ情報

0

    <北九州市・ベラミ>

     

    11月から職場が変わりました。

    人見知りにはしばらく試練の日々が続きます。

    新しい職場では変な人と思われないよう、普通のおばさんと思われるよう、精神をピリピリ研ぎ澄ませています。

           ↑

         え? なんかおかしいデスか? そういうもんでしょ?

     

    さて、11月のベラミ情報ですが

     

    11/5 (土)9:00から 朝ヨガatベラミ山荘vol.4 が行われ・・・てしまいました。

          告知が間に合わず、申し訳ありません!

     

    次回はもっと温かくなってから開催されるようです。

     

    もっと告知頑張ったら、朝高塔山公園に散歩してる人とか気軽に参加してくれるかもなぁ〜と思ってるのですが、なかなか入りにくい雰囲気なのかもしれません。

     

    まぁね、これだもんなぁ〜

    「皆さん誰でもオッケーウェルカム!」まではいかないにしても(それはどんなテンションじゃい)

    せめて入ろうと思ったら、入れるくらいの雰囲気にあげていかないといけないんじゃなかろうか。

            ↑

        そこに気づくのに何年かかっとるんじゃ!

     

     

     

    そして、

     

    そうです、ベラミ山荘でのイベント。

     

    11/20(日) こぶのいち

     

    三回目になりまして、少し出店も増えています。

    蚤の市と飲食に加えて、LIVEやパフォーマンス(バナナの叩き売りなど)も行われます。

    親子でも楽しんでもらえそうです!

     

     

    今回は、音楽堂を休憩や案内所、パフォーマンス会場としてお借りすることができました。

    (詳細はまた近くなってからお知らせします。)

     

    それにともない、前回と駐車場が変わります。

     

    こぶのいち当日は、駐車場は高塔山公園駐車場です。

     

    (当日は、ベラミ山荘の駐車場・音楽堂裏は関係者の車両しか入れません、ご注意を!)

     

    公園の風景を楽しみながら、ぜひ遊びに来て下さいね。

     

     

    ********************************************

     

    緑だった葉が色づき、空が高く感じるこの季節。

    異彩放つ山荘に、古物好きが集まります。

     

    こぶのいち

     

    ■開催日/2016年11月20日(日) 9:00〜15:00
     雨天決行・雨の場合はできる限り長靴でお越し下さい
    ■会場/ベラミ山荘(若松区高塔山公園音楽堂下)

    ●協力/ベラミ山荘・古家商・calocalo・Rollin・Gantsu Craft

     

    【古道具・アンティーク】 
    るごろ
    あいろく
    青空人間
    MilkHall
    ReallyRosie
    Rollin’
    Calocalo
    yan gang brocante
    nibbles
    Annabelle
    Botanical clover
    CELESTE
    Marinford

    【古着とストーブ】
    TheLodge+nibbles

    【古本】
    古本や檸檬

    【飲食】
    天使珈琲豆店(コーヒー)
    Cicomi(お弁当・お菓子)
    水玉食堂(お弁当)

    Baum(パン)
    日々く(滋養菓子・パン)
    kurumu(焼き菓子)
    café à table (季節のジャムとお菓子・ドリンク)
    Solacafe(カレー)

    【パフォーマンス】

    びっくりばこ(バナナの叩き売り他)


    ●主催&お問い合せ/nibbles 福岡県田川市上本町5-37
    090-5285-2313 徳丸
    http://nibbles240.jugem.jp/

     

    最新情報はfacebook「こぶのいち」で更新しています。

    https://www.facebook.com/%E3%81%93%E3%81%B6%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%A1-984307544956003/?fref=ts

     

     


    祝・マイルストーン開店

    0

      <久留米市・朝蔵>

      お久し振りです、久留米市の朝蔵。

      朝蔵の四室のうち、ミカヅキ印器製作工房さんが奥の作業場に入居されてますが、

      二階(現在募集停止中)と道路沿いの店舗はずーっと、ずーっと、ずーーーーっと空いてました。

       

      本当にずーーーーっと空いてました(涙)

       

      しかし、ついに!

       

      この度「アンティーク マイルストーン」さんが入居されました!

       

      めでたい! パチパチパチ〜!!

       

       

      長い道のりでした。

      今まで入居が決まりそうになったこともあったんですが、その度になぜか立ち消えに・・・

      オープンルームまでしてみたけど、ダメでした。

       

      くじけて、もう「どうせ誰も入んないのさ」と不貞腐れた日々。

      いつかカッコイイお店が入ったら使ってもらおうと買ったガラスケースも、

      以前来た内見の人が「これは使いません」と言われたのを聞いた途端、ワタシ、奥に隠してしまっていました。

           ↑

        (というか、メンタル弱すぎなんだよ! 少女かよ!)

       

       

      だけど

       

      ついにこのガラスケースを使う入居者さんが来てくれたのです・・・待ってた甲斐があったよ!

       

      マイルストーンさんは、朝蔵のすぐ近所の「マミーズ蚤の市」や久留米の「クルメンクール」、筥崎の「筥崎宮蚤の市」、「護国神社蚤の市」等々、精力的にイベントに出店されてます。

      そんな中、久留米で実店舗を出したいと場所を探していたそうです。

      友人の紹介で朝蔵を見て気に入って下さり、ついに8月から入居決定。

       

      ワタシは嬉しくて、「駐車場も出入りしやすいように、ブロックもう少し壊しときますね」と約束しました。

       

      ドンドンガンガン

       

      頑張るダンナさん!

       

      ほーら、車の出入り口が広くなったでしょ〜

      (実際は段差があるのでガクンとなってしまうけど)

       

      そして、10月15日に開店。

      アンティークなアクセサリー、時計、レコードありますので、OPENの札がかかってたら、ドアを開けてみてください。

       

      森山さんの笑顔に会えますよ〜

       

      アンティーク マイルストーン

      福岡県 久留米市御井朝妻1丁目2-15

      (久留米大学前駅の裏手、コロッケ俱楽部の斜め、朝妻信号角)

      090-3732-1452

      駐車場あり

      不定休

       

      イベント出店によるお休みの場合があるので、開いているかFacebookで確認したほうが確実です。

      https://www.facebook.com/antique.milestone/?fref=ts

       

      久留米近辺の皆様、どうか宜しくお願い致します!

       


      大家さんと秋の空

      0

        門司港歩きが楽しかったので、またフラフラと博多・須崎町辺りを歩きました。

         

        以前も、似たような建物を近くで見たことがあります。こういうのが流行ったのでしょうか?

        一番上のガラリが特徴的。

         

        須崎にはワタシの好きな、素敵な素敵なピンクビルがあります。(これは以前写したもの)

        ちゃんと無事に建ってました。うんうん、やっぱり可愛い!

        ムフフ〜

         

        嬉しくて、テクテク。

         

        え?

         

        駐車場に鳥居?

        黄色い線引いてあるよ?

        え?

         

        もともとお宮が先にあったものなんだろうけど・・・一台分にコンパクトにまとまってました。

         

         

        須崎や古門戸は、マンション、アパート、会社、商店がほどほどに混じった、普段はとても静かな町。

        (山笠の時期はものすごく賑わいます)

        木枠の窓に猫がよく似合う。

        かっこよさそうな美容室(←お洒落なところは眩しくて入れない体質)を横目に、

        ミニ屋台みたいなコーヒースタンドでコーヒーを買ってみたり。

        (可愛いな、土日だけベラミに出張してくれないだろうか)

         

        北欧のアンティーク家具のお店に入り込み、椅子に座りまくり悦に入ったり(← ちょっ! 営業妨害はやめろ)。

        もうひとつ、滅多に開いてないアンティークショップもあるのですが、やっぱりお休みだったり。

        Hくん、今いずこ。

         

        大通りを渡って下呉服町、これまた古い町並み。

         

        民家の玄関に石の鳥?

        と思ったら、電信柱に「博多で一番古い石屋さん」との説明が・・・

         

        なんかすごいな、博多。

        自分の町大好きだよね。

         

        歩き疲れてきたころ、すごく長く連なった古びた屋根が見えたので近寄ってみると

        すごく懐かしいような雰囲気・・・

         

        新しいマンションがガンガン建ってる場所なのに、まだこんな取り残されたような場所があるんだなぁ。

        でも、いつのまにか壊されてることも本当に多いんです。

         

        先日も、千代町の銭湯だった古い建物(裏から見るとちらりと煙突が見えて嬉しかったのに)が壊されてました。

         

        だから、せめて写真や記憶に残しておきたい。

        そのくらいしかできない。

         

        そんなことを想いながら、テクテク歩く、今日この頃のワタシでありました。


        大家さんと秋の空

        0

          秋になったようです。

          暑かったり、寒かったり、よくわからないうちに秋になったようです。

          もう、年取るばっかり・・・

           

          そんなネガティブシンキングをお供に、ぶらぶらと町歩き。

           

          まずは門司港。

          何度か歩いてますが、最近は山の方の路地がたまりませんね。

          車どころか、人ひとり分のくねくね昇る坂道。

          狭いほうに歩いて歩いて、行き止まり。

           

          「あ〜あ、ここまでか。戻ろうっと」と振り返ると、目に飛び込む海。

           

          古びたレンガの壁

           

           

          艶めいた路地

           

          風化した壁の光と黒。

           

          ここに家を建てた人たち、暮らしてきた生活の気配が、曲がり角ごとに漂ってる。

          朝に昼に夜に響く、男と女と子どもの足音、ざわざわ、ざわざわ。

          たまりませんね。

           

          路地裏マーケットがあっていたので、ちょっとだけのつもりでお邪魔しました。

          古い空き家を公開してくれていて、二階の開け放した窓からの風景が気持ち良かった・・・

           

          久し振りに古家に呼ばれたみたいで、クラクラしました。

           

           

          偶然お友達に会って、ワイワイ話し込んで、なぜかマジンガーZのポスターを買ったり。

          同じ会場にいた方がワタシと同じところで楽しそうに写真を撮ってたので、なんとなくピンと来て

          「ぜひベラミ山荘にも遊びに来て下さい、きっと好きですよ」と宣伝してみたり。

           

          楽しかった・・・

           

          でもね、ワタシ門司港に来たのは、もうひとつ理由があったのです。

          取り壊しの決まっている、旧門司文化服装学校に会いに来ました。

           

          とてもかわいい、風と光の似合う、人の大好きな建物。

          訪れた人を魅了してきた、心地良い佇まい。

          たくさんの人がここを残したいと動いていたのを知っています。

          ワタシは何も力になれませんでした、ごめんなさい。

           

          でも旧門司文化服装学校は、とても幸せそうでした。

          にこにこと笑いながら、「みんながいてくれたから嬉しいよ」と囁いているようでした。

           

          たくさんの人に愛された古家は本当に優しい・・・

           

          ワタシは思います。

          どんないい家だって、人が暮らしてなければ寂しい。

          「この家でずっと暮らしたい」と、掃除して補修して大事にする、そしたら家が暮らす人を守ってくれる。

           

          そして悲しいけど、「今までありがとう」と、お別れをいう時がいつか来ます。

          その時、家は人を恨んだりしないんです。

          受け入れるだけです。

           

           

          だから、ワタシは今自分にできることをやろう、と思います。

           

           

          まだ町歩きの博多編があるのですが、長くなったのでそれはまた次のお楽しみに。


          ミステリーツアーの話

          0

            <北九州市・ベラミ>

             

            10月の始めに、30人を超える「都築響一と巡るバスツアー」のお客様がベラミ山荘に遊びに来てくれました。

             

            詳しくは「Y氏は暇人」のブログをご覧ください → 

             

            このツアー、ミステリーツアーなのでお客様に行き先を告げずに出発するという(都築さん自身も行き先を全部知らない)、なんとも度胸のある企画。

            なのに受付開始からすぐに満員御礼となったそうです。

            都築ファン、熱いな〜

             

            事前にベラミ山荘をそのディープスポットのひとつに入れたいとのお話をいただいて、

            「それ、面白いね!」と即答したワタクシ。

            ツアーが近づいてきてから、いつものように慌て始めました。

             

            ・・・それだけお客さんも楽しみにしているはず。「自由に見ていいよ」くらいじゃあんまりでしょ〜よ〜

            ベラミ山荘らしい「おもてなし」ってヤツをしたほうがいいんでは・・・

             

            ち、ちょっと待てよ(汗)

            ワ、ワタシが案内するしかないとしても、盛り上げるのは無理・・・(大量の脇汗)

            どうすんのさ!

             

            よし、ここはダンサーたちに登場してもらいましょう。

            という訳で、展示頑張りました。

             

             

            ここぞとばかりに、ポストカードやベラミグッズも販売。(補修費を稼ぐのじゃ!)

            大急ぎで、第三弾のポストカードも作成。

             

            第三弾は美女揃いですぞ〜

             

            当日は、こっそりワタシもツアー客にまぎれこみ(←一体なにしてんだよ)

            どんな人が来るんだろう・・・都築さんってどんな人かいな・・・とドキドキ。

             

            高塔山展望台に着いたとたん、赤いツアーの旗持たされて、先頭に立ってご案内。うわわ

            恥ずかしいのでサッサと歩き、お客さんを置いていくという非道ぶり。

            すみません

            すみません

            もうお客さんの顔とか、よく見れませんでした、ホントにすみません

            都築さんはすごく優しくて、まつ毛が長かったです(← おい、もっとまともな感想は書けないのか)

             

            でもさすがに感度のいいお客さんたち、ベラミ山荘を思い思いに楽しんでくれていたようです。

             

            5センチくらい床から浮いてたワタシに比べ

            グッズの売り子やいろいろと説明してくれた入居者のみんな、本当に助かりました。

            ベラミ市で発掘された、キャバレーベラミ従業員たちのビデオ公開までしてくれたTさん。

            わざわざ来てくれた元ダンサーのKさん。

            おかげさまで今までになく面白いベラミ体験になったと思います、ありがとうございました!

             

            後で都築さんに聞いたら、バスツアーでベラミ山荘に行くことは知らなかったそうです。

            でも、数日前にアルティアムの展示会のお客さんから「ベラミ山荘に是非行ってみて」と言われて気になってたので、着いてびっくりしたとのこと。

            (勧めてくれたのはどなたかわからないけど、素直に嬉しいなぁ・・・)

             

            元ダンサーのKさんと都築さんがキャバレーや日劇の話を楽しそうにされてるのを聞いてたら、不思議な気分でした。

            ベラミ山荘がこんな出会いの場所になってるなんて。

            ベラミを買った頃には想像もできなかったなぁ〜

             

             

            ベラミ山荘案内が終わった途端、ほっとしました。

            あとはバスツアーをのんきに楽しみ、ペットボトルでお花を作ってるおばあちゃんの笑顔に癒され

            神社の狛犬の股間をチェック。(← 怪しくありませんよ、ただの癖です ← それを世間は変態と呼ぶ)

            鏝絵美術館のお家やアパートも楽しく、不思議美術館では変なお土産を買いました。

             

            世の中、いろんな面白いものが生まれていますね〜

            ワタシもベラミ山荘オーナーとして、アンテナ張って、精進していかなくちゃね。

             

            最後になりましたが、企画・運営して下さった三菱地所アルティアム、株式会社ショーソンの皆様、関係者の皆様、大変お世話になりました。

            こんな機会を与えていただいて、感謝致します。

            有難うございました。

             

                古家しょう子

             


            10/8朝ヨガ3回目ですよ。

            0

              <北九州市・ベラミ>

               

              10月に入っても台風が心配ですね。

              7月から始まりました「朝ヨガ at ベラミ山荘」、月1回の恒例イベントになってきました。

              10月は10/8(土)8:30から行われます。

               

              初めての人も気軽に参加できるそうですよ〜

               

              ベラミ山荘の中庭で行われますが、雨でも室内でできますのでご安心下さい。

              詳しくはfacebookのイベントページをご覧ください。

               

              ***************************************

              「朝ヨガ at ベラミ山荘」

              月1開催のベラミ山荘ヨガです。寒くなる前にお庭でヨガしませんか?

              お庭は外からは完全に遮られていてとっても集中できる空間となっています。

              日時:10/8(土)8:30〜9:30

              参加費:1500円

               

              雨の場合は室内で行います。その際はお部屋代として別途100円徴収させて下さい。

              持参するもの:ヨガマット 気になる方はマットの下に敷くシート(マットの汚れ防止のため)動きやすい格好 水 

              また、少しずつ肌寒くなると思いますので、羽織れるものをお持ち下さい。

              参加ご希望の場合は、facebookのイベントページに参加表明ボタンをクリックして頂くか、メッセージを下さい。

              個別メッセージに1日たっても返事がない場合、イベントページの方へに書き込みをよろしくお願いします。

              お願い:ナビにベラミ山荘の住所を入力しても正しくは導いてくれないようです。高塔山の音楽堂を目指してきて下さい。

                  詳しい場所はご案内しますので、お問い合わせ下さい。

               

                  ベラミ山荘への道案内を参照されて下さい → 

               

              *******************************

               

              また、10月はベラミ山荘母屋内にて、「きのこと木の娘展」が行われています。

               期間 10/1〜30 の土日のみ

               時間 11:00〜17:00

                  入場無料

               

              姉さんのさちえさんの、きのこの標本と雑貨コレクション

              妹さんの好美さんの、生き物の木彫り作品

               

              かわいくて不思議で面白い、ほっこりする展示です。

              ぜひご覧下さい。

               

               

              また、母屋の別の和室にて、キャバレーベラミのダンサー写真の展示も行っています。

              こちらも10月いっぱいの予定です、ベラミに来られた方は自由に見ることができます。

              但し、ワタシは常時おりませんので、写真やベラミ山荘の案内や説明等はできかねます。何卒ご了承下さい)

               

              <宣伝>

              ベラミ山荘に来たら、お土産にポストカードなどいかがでしょう。

               

              なんと、現在15種類も用意しております。

              5枚セット500円がお得。(1枚だと120円、税込み)

               

              宜しくお願いいたします〜

               


              作業ズボン雑感

              0

                長年古家商を続けてるうちに、いつも汚れ仕事に使ってたズボンの膝が横にも縦にもビリビリ破れてしまった。

                 

                うす汚れて、ペンキはついてるし、以前より痩せたので体形に合ってないし、捨てても惜しくはないけど

                今までの片付けや汚れ作業にずっと付き合ってくれたので、なんとなく「ありがとうね」と言いたくなる。

                 

                お金がもったいないから、自分でもできることはしようと、素人なりにやってきた。

                自分のやってることが無駄でバカげてるんじゃないかと、何度も何度も思った。

                要領が悪くて不器用なので、実際8割くらいは無駄だった。

                それでもやりたかったから、やりたいことをやった。

                 

                愛情だけはたくさん注いだ。

                古家は想いを返してくれた。

                それはワタシとクタクタの作業ズボンが知ってる。

                 

                 

                 

                先日、ベラミ山荘を取材したいと新聞記者さんから電話があった。

                取材はお断りしたが、いろいろと聞かれたので話した。

                以前お話したことはあるが、ワタシのブログ等は読んでいないようだった。

                 

                何度言っても取材を断るワタシに、びっくりしたように「ネガティブですねぇ」という相手に

                「今まででワタシの運は使い果たしてますよ、あとは下るだけ」と笑って返した。

                 

                取材を申し込まれるのは有り難いことだが、ディープスポットなどと、もてはやされるのは最初だけだ。

                すぐ飽きられる。

                世間には他にもたくさん珍しい、面白い場所があるんだから。

                 

                ベラミ山荘は不特定多数に受ける場所ではないと、ワタシは思ってる。

                町の観光スポットにはならないだろう。

                受けのいいようにはできないし、似合わない。

                 

                キャバレーベラミの歴史は面白いかもしれないが、ワタシは当事のことを知らない。

                だから、ことさらそれを強調するのも、キャバレーベラミに関わった人に失礼かもしれないと思ってしまう。

                過去は過去、ベラミ山荘は今からまた変わっていくんだから。

                 

                ただ、ここが好きな人が来てくれたら楽しいだろうな、

                せっかく入居してくれた皆に、少しでも「ベラミに入って良かった」と思ってほしいな、

                人前に出るのが嫌なワタシが、今までテレビや雑誌の取材を受けたりイベントや展示をした動機は、たったそれだけである。

                 

                先日、ふらりと「ベラミ山荘を借りて、書を書きたい」と、山を登ってきた女性(書道家?)がいた。

                道に迷いながらベラミに辿り着いて、和室で一心に書いて去っていった。

                笑顔のやさしい印象的な人だった、そんな出会いも楽しい。

                 

                やりたいことをやってみればいい、と思う。

                 

                やがて次の作業ズボンが擦り切れて、いよいよ捨てる時に、「まぁ、大変だったけど面白かったな」と笑うために

                ワタシはこれからも働く。

                 


                若松散歩〜狛犬さんを見てみよう〜

                0

                  最近、夏の疲れが溜まってたのか、テンションが低めに停滞。

                   

                  「そうだ・・・そんな時こそ、町を歩こう! なにか面白くって、心がときめくものを見つけよう!」

                          ↑

                      47歳パート主婦の心の叫び

                   

                  衝動的に、近くのコンビニにふら〜っと車を止めました。

                   

                  コンビニっていいよね、トイレもあるし、郊外は駐車場も広いし。

                  誰が来ても怪しまれない・・・・(←そういう視点こそ怪しいと思う)

                  ちゃんと買い物をして(←そういうところは真面目)、なんとなくこっちかな〜と思ったほうへ、テクテク歩き出します。

                   

                  古い商店をチラチラ見ながら、坂道が気になり、とりあえずは山の方へ。

                   

                  坂の途中の古家

                  素敵な門の小学校

                   

                  ああ、いいなぁ〜と下り道。

                   

                  ふと見つけた神社に寄り道して手を合わせてると、一見普通の狛犬さまに違和感が。

                   

                   

                  ん?

                   

                  んんん?

                   

                  ・・・・ついてる・・・

                   

                   

                  しかも、どう見ても後からつけた手作りな感じ!

                  いたずら???

                   

                  しかし、真面目な狛犬さまに、子だくさんなご利益がありそうなナイスユーモア!

                  大人のエロ部門(←なんの部門ですか)、今年一番のヒット作品です。

                   

                  たまたまだけど見れてよかった、眼福ぅ〜〜!

                   

                   

                  もう嬉しくておかしくて、笑いが止まらない、若松の町歩きでありました。

                   

                  *****************************

                   

                  追伸:狛犬さんも好きなので、今までもいろいろとチェックしております。

                   

                  同じ若松の金毘羅神社の狛犬、兜かぶったような狛犬さま。

                   

                  田川の足載せがやっつけの鉄棒で、不安そうな狛犬さまとか。

                   

                  八女の、頭と体のバランスどうなのよ、と心配になる狛犬さま。

                   

                  秋月の割れ行く狛犬さま。

                   

                  また面白い狛犬さまを見つけたら報告しますね・・・・(なに? 必要ない? なんで??)


                  10月のベラミ情報・きのこと木の娘展

                  0

                    <北九州市・ベラミ>

                     

                    昨年のいつ頃だったでしょう・・・

                     

                    ベラミの入居者、ローリンのS君が笑いながら言いました。

                    「この前、面白い人が来ましたよ! きのこの人!」

                     

                    その日は開店日で、ローリンがやや遅れてベラミに着くと、門の近くにじっと地面を見ている女性がいたそうです。

                    「な、なんだぁ? 山菜採りの人かな〜」と思ってたら、ローリンにやって来て「ここ、散歩の途中で気になってたんです」と笑顔。

                     

                    聞くと、彼女はきのこを探して採取しては、標本にしているとのこと。

                    それから、妹さんが昆虫の木彫りをしているという、なんだか面白そうな姉妹。

                     

                    それから何度もベラミに遊びに来てくれて、イベント前の草取りには腰に蚊取り線香つけて手伝いに来てくれたり、こぶのいちでワタシの代わりに店番してくれたり(←無理やり押し付けた感じがしなくもない←人見知りという割にずうずうしい←その節はありがとうございました)。

                    入居者の皆とも仲良くなり、いつしかベラミの仲間になっていました。

                     

                    「いつかベラミで、姉妹の展示会してみたいなぁ〜」

                    「やろうよ、ぴったりだよ」

                    「見たい、見たい」

                     

                    そしてついに・・・・ちょっと変わった姉妹の展示会をベラミ山荘で開催することになりました。

                     

                     

                    「きのこ と 木の娘」

                     

                     日時:2016年 10月1日〜30日 土日のみの開催 11:00−17:00

                     

                     場所:ベラミ山荘 北九州市若松区山ノ堂町16-5-1 高塔山公園音楽堂下

                     

                     入場無料 

                     

                    姉さんのさちえさんは、きのこの標本と雑貨コレクション

                    妹さんの好美さんは、生き物の木彫り作品

                    さて、二人が組み合わさると、どんな不思議空間になるのか・・・楽しみです!

                     

                     

                     

                    また、この展示会に合わせて、別の和室でも、ギャラリーソープの展示でも好評だったキャバレーベラミのダンサー写真の一部をまた公開しようかと思っています。

                     

                    秋のベラミ山荘に、ちょっと不思議な時間を体験しに来てください。

                     

                    お待ちしています。

                     


                    カッパ出ました。

                    0

                      <北九州市・ベラミ>

                      テレビ放送後、一時的に跳ね上がったブログアクセス数が落ち着いてきて、元々のコアな数字に戻りました。

                      人付き合いは苦手な性格なので、正直ほっとしております。

                      顔の見えないたくさんの人を相手に、どうしていいかわからないのです。

                      直接会って話すのは結構大丈夫なんですが。

                       

                      ちらほちと「豆ごはん見ました」と遊びに来てくれる人も増えました。

                      先日は昔キャバレーでショーをしていた男性が、「テレビを見て非常に懐かしかった」と訪ねて来て下さいました。

                      それから廃墟の好きな方も(笑)。

                       

                      ベラミ山荘はディープなイメージもありますが、中に入って中庭から見る風景はのんびりと優しいんですよ。

                      ぜひまた、遊びに来てくれるといいなぁ〜

                       

                      最近雨が少なくて、池の水位が下がりました。

                      なにか池の中にあったので、長靴を履いて池に入り、ザバーッと引き上げてみると

                       

                      たぬき

                       

                      ではなく

                       

                      カッパ(ちゃんと頭に皿と背中に甲羅あり)。

                       

                      ワタシが「これカッパだー!ワッハッハ」と池の中に突っ立ってる時に限って、

                      お洒落な家族連れのお客さんがやって来たりして。

                       

                      あの人一体なんだろう・・・と怪しまれてるのを背中に感じる。

                      ナゼダ。。。イツモコンナンジャナイノニ。。。ウーーン

                       

                      こそこそと庭の端っこで池の泥まみれのカッパを洗ってたら

                       

                      お客さんを案内してくれてたローリンが、ダンサー写真のことで「古家さーん」と呼ぶもんだから

                      しまった・・・と思ったけど、逃げる訳にもいかず

                       

                      「・・・・どうもー」

                      「この人がベラミの大家さんです」

                      「ああ、池の・・・ベラミの大家さんだったんですねー」

                       

                          微妙な間。

                       

                       

                       

                       

                      ベラミはお客さんから見えるところはだいぶ綺麗になってきましたが、まだ一階は片付け中です。

                       

                      時々ふらりと来ては、一人でガサガサと片付けてます。

                      もちろん大勢で一度に効率よく作業するほうがいいのですが、ワタシが家をコツコツ掃除したり、マイペースに片付けたり、誰も聞いていないところでボソボソ家に語りかけるのが好き(←あ、古家に関してはちょっと変態)なので、一人でやってる時は管理人さんもそっとしておいてくれます。

                       

                      片づけながら、これからのベラミの方向を妄想します。

                       

                      そろそろ、一階も補修して貸し出せるようにしていきたいな。

                      でも、湿気や換気のこともよく考えていかないと。

                      そして費用。

                      無理な背伸びはしない、でもギリギリまで今できることを探そう。

                       

                      頭に浮かぶのはベラミ山荘を楽しんでくれたたくさんの人の顔。

                      ベラミでイベントをしてくれたり、借りたいと言ってくれたり、手伝いに来てくれたり、ワクワクして楽しんでくれる皆の顔。

                       

                       

                      大丈夫。

                      なんとかする。

                      きっと、いい風が海からも山からも吹く。

                      だってベラミはいい家。

                       

                       

                      今日ものんきで楽天的、よく悩むのに本当は何も考えてない、いつもの古家でありました。

                       

                       

                      次回は10月のベラミ情報です。。。。面白い展示会が始まりますよ!



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      secom

                      kagi

                      yosou

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • フリスタ☆撮影会の出店募集
                        古家
                      • フリスタ☆撮影会の出店募集
                        あおき
                      • たまには長文。
                        古家
                      • たまには長文。
                        るんるん
                      • 池の話
                        古家
                      • 池の話
                        あおき
                      • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                        古家
                      • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                        あおき
                      • ベラミは招く
                        古家
                      • ベラミは招く
                        あおき

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      PR