外回りの掃除

0
    夏の間、朝蔵の外回りはあまり掃除してませんでした。

    秋になり、大嫌いな蚊がいなくなったので、外回りを片づけ始めました。
    草をむしり、ゴミを拾い、割れた植木鉢を片づけ・・・

    1人で黙々と作業していきます。
    この時間が大切なのです。

    ワタシとこの家が少しずつ近づいていく感覚。

    「きれいにしてあげるからね」
    「まだまだ使えるよ」
    「あんたは働き者だねぇ」

    朝蔵に話しかけます。


     
    外の水道管の下に、石やブロックを寄せ集めてみました。

    そこらへんにあるものから使う。
    それが大事。

    (ケチとは違うのよっ!)


    作業場の周りのゴミを拾ってると小さいタイヤが埋もれてました。

    なんかこの辺りの土は葉っぱが積もりまくってふかふかしてます。

    その向こうに植物に覆われた裏の廃墟があるのですが、全く見えず。


    違う角度からおそるおそるのぞき込んでみたら、確かに家らしきものが見えました。


    家の中はまだまだ修繕すべき箇所がたくさんあります。
    10月からパートを始めたので、なかなか行く時間がとれません。

    まあ、ゆっくりやっていきましょうかね〜ダッシュ(走り出す様) 

    作業場フォト

    0
      机置いてみたりして。

       
      なんかやたら馴染んでる。。。

      うらさんからもらってきた赤い椅子も並べたりして。

      ちなみにテーブルの上には発掘したメヌマポマードの瓶。

      もっと写真の腕がよければかっこよく撮れるんでしょうけど・・・

      じゃあ発掘つながりで、掘り出した水道管。

      「だけんなん?」って言わんで・・・

      最後に、ワタシに引っこ抜かれても引っこ抜かれてもまた伸びてくる植物たち。

      夏が怖いな・・・

      屋根工事

      0
        融資の審査が通りました。

        ようし、屋根工事+トイレ工事開始です。

        瓦の葺き替えだと金額が高くなりすぎるので、軽い素材のものにしました。
        屋根の色は緑。
        黒かグレーが無難だったかなぁ・・・どうかなぁ・・・ブツブツ

        のぞきに行くと足場が組まれていました。

        ひょいひょいと歩いてるノムさん。

        ワタシも後でこっそり屋根に登ってみましたが、高所恐怖症なので膝がガクガクしてダメでした。。。。
        必死に腕を伸ばして撮った写真がコレ


        無理無理無理、ここまでで勘弁して下され・・・

        怖くてものすごく力が入ってたので、次の日太ももが筋肉痛に。


        和式トイレはすでに撤去されていました。
        豆タイルもTOTO便器もサヨウナラです。


        いいんです。
        ここで過ごす未来の入居者さんが、嫌がるようなトイレじゃいけません。


        でもせっかくマークのこと調べたからと思い、ノムさんに話しかけました。
        「このマーク知ってますかexclamation & questionあのね、この五重○はね・・・(以下略)」
        「・・・・・・・・・・・・さすがですね」


             えっ、なにが?




        でもお気に入りの作業場はいじりません。
        だって廃墟らしいのがいいんだから。


        いつか、あそこで廃墟ギャラリーしてやる。
        錆び好きにもたまらないはずだexclamation ×2
        ウヘヘヘヘウッシッシムード 

        細〜いビル

        0
           

          横から見るとムフフ・・・

          40年越え、50年越え

          0
            現在、ワタクシはアパート2棟+戸建て2棟を所有しています。

            ちなみに2011年時点で築年数43年、3年※、不詳(推定約50年)、49年。
            (※古家商といいつつ、ひとつだけ築浅のアパートも持っているのですよ)
             
            どれもかわいい子どものような気持ちです。


            はじめて買った築年数43年の古アパート(愛称は無し)。

            修繕、入居者さんとのやりとり、管理会社との関係づくり、いろいろな壁にぶつかりました。
            今でも悩みは尽きません。
            でも財政的に一番しっかり者の存在。


            次に築年数3年のアパート(リーブル)。

            一般ウケのいい、安定志向の優等生タイプのアパート。
            収入も多いが、借金も多い。
            美人だけど30年ローンも付いてきました。

            三番目に築年数不詳(推定約50年)の炭坑長屋の戸建て(愛称:
            心晴(こはる)

            この家と出会って、古くてもいいなぁ、好きだなぁと思い始めました。
            なんとも運命の分かれ道のような存在。

            四番目に買ったのが築49年の店舗兼住宅(愛称:朝蔵

            今までで一番立地が良い家。
            ぼちぼちリフォーム中しながら入居者募集中。


            こうして見ると、一般で築30年で価値は無いだの、耐用年数過ぎたから建て替えなきゃと言われるのが不思議でしょうがない。

            といっても持たせるには持たせるだけのメンテナンス費用はかかりますけどね・・・

            壁の向こうには

            0
              朝蔵の壁、ベニアが貼ってあります。

              所々は湿気で波打っていました。

              もしかしてその下はひどいカビが生えてるのではないだろうか・・・・
              心配になりました。

              思い切って、波打ってる壁のベニアを、バリバリと剥がしてみました。



              ん?



              んん?




              なんも無い。



              トタンしか見えない。




                 ハッ






              あはははははははははははははは



              壁が無いのね、朝蔵ちゃん


              これってまるっきり倉庫じゃん




              あはははははははははははははは



              朝蔵じゃなくて、朝倉庫だな


              住むのは無理だから、もう倉庫と思えばよいか




              あはははははははははははははは 



              この後、大工のノムさんが穴を塞いでくれました。



              すみません・・・・ 

              街角の美人

              0
                町並み散策シリーズ。

                交差点にひっそりと佇んでおりました。
                 
                横断の旗入れでした。

                正面からだと・・・


                しょ、少年が怖い・・・


                しばらくして探すと、無くなっていました。。。

                ちょっと寂しい。

                真冬の朝蔵

                0
                   
                  冬の作業場もいいかんじ。

                  おっ、つらら!


                  ぽたぽた水が漏れてきていました。
                  元栓を閉めて、蛇口を開いて、中の水を抜きます。

                  寒さで水道管が割れたかなぁ?
                  また修繕だな・・・



                  お隣の新築工事、かなり進んでいました。
                  立派なお宅のようです。


                  ふっ・・・(遠い目)

                  さぞかし、お互い引き立つことであろう・・・・

                  解体業者の営業

                  0
                    まだ工事に取りかかる前、とある解体業者さんがいきなり自宅に営業にやってきました。
                    (注意:自宅は朝蔵とは車で1時間以上離れています)

                    「いきなり失礼します、所有されてる家をたまたま見かけまして、解体されるなら是非・・・」


                    し、失礼な!
                    使うんですよ、今から!!


                    と心で思いつつ、古いからそう思われるのも仕方ないか・・・
                    それが普通の見方なんだろうね。
                    とため息〜


                    以前、不動産屋さんにも荷物運びだしのニイチャンにも言われたさ。
                    「まさか、ここに住むんですか?」

                    小心者のワタシ、言い返さずにゴマカシ笑いで言いましたさ。
                    「そうね〜、どうしようかな〜」

                    言い切らんとデス。

                    使う気ですけど、それがなにか?オホホホホ

                    って。



                    いや、わかってます。
                    わかってます。


                    変わってるのはワタシの方。

                    ワタシがそうしたいだけなんです。

                    入居者が先か、リフォームが先か

                    0
                      しばらくトイレ関係の話が続いて、大変失礼しました。
                      ちょっとお堅い話もしときましょう。


                      銀行さんに屋根とトイレ工事代の借入申込みに行きました。

                      申込書に事業計画書、見積もり、近隣物件の資料、等々・・・

                      自分では”これなら大丈夫exclamation”と思って作りましたが、どう見られるかはわかりません。

                      おそるおそる「この計画で貸してもらえると思いますか?」と担当者に聞いてみます。
                      (本当は保証協会が審査するので、銀行は仲介のみ)

                      「計画自体は無理がない範囲と思いますが、保証協会の判断は返せるかどうかですから・・・。
                      入居者が決まってたら間違いないですけど、今から探されるんですよね?」
                      「ええ。でも、リフォームしないで見せても決まりませんよたらーっ(汗)
                      「そうですけどねあせあせ

                      普通はリフォームしてから見せないと決まりません。
                      リフォームしていない物件を見て、リフォームした後のイメージを描ける人はあまりいません。

                      むしろ「こんなにボロを我慢するんだからもっと安くしろ」と言われるのがオチでしょう。

                      安くしようと思っています。
                      でもそんな風に貸したいわけではないんです。
                      そろそろ、古い=価値が低い って考え方を少し変えてみたら面白くなりませんか?!


                      と心の中で熱く語りたいのを抑えて、銀行さんには平静な顔で
                      「不景気な世の中ですから、安い物件は古くても絶対需要がありますよ〜」と自信ありげに話しております。


                      小さくとも事業ですから、趣味や道楽とは違います。
                      利益を目指すのです。

                      借りたら、利子つけて返さねばならない。
                      借り手がつかなければ赤字ですたらーっ(汗)

                      古い物件を安く貸すのは他の大家さんでもやっていると思います。
                      ワタシは、古い家にこだわりたい・・・・手(グー)


                      それで・・・あの・・・・ああ、チキショーexclamation
                      うまく言えないんだ、いつもいつも・・・(ウジウジ)



                      とりあえず融資は無事通りました。

                      口べたでも、決算や計画書や数字で実績を積み重ねていけば認めてくれるのかもしれません。

                      頑張ります!!!!


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      secom

                      kagi

                      yosou

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • フリスタ☆撮影会の出店募集
                        古家
                      • フリスタ☆撮影会の出店募集
                        あおき
                      • たまには長文。
                        古家
                      • たまには長文。
                        るんるん
                      • 池の話
                        古家
                      • 池の話
                        あおき
                      • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                        古家
                      • 若松・キャバレーベラミ出演者名鑑シリーズ
                        あおき
                      • ベラミは招く
                        古家
                      • ベラミは招く
                        あおき

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      PR